クリーニングで歯を白くきれいにする

 

クリーニングとは

image1歯のクリーニングとは、汚れを取り除いて歯をキレイにすることです。

歯垢と歯石はもちろん、たばこやコーヒー、赤ワイン等によってついてしまった茶渋等をキレイに落とす事ができます。
よくホワイトニングとクリーニングってなにが違うの?と患者様からご質問をいただきますが、クリーニングでは歯を本来の元の色に戻す事はできますが、元の色以上には白くすることはできません。

歯の汚れを取り除くのがクリーニングで、歯そのものの色を白く漂白するのがホワイトニングとなります。

定期的にクリーニングを受けて、歯石や着色のない歯をキープすることが大切です。

 

ホワイトエッセンス式クリーニングとは

image2ホワイトエッセンスのクリーニングでは、お客様の口の中の状況やご希望に応じていくつか種類があります。

費用は8640円〜15000円となります。

ヤニ・茶渋取り→歯石とり→歯と歯の間のお掃除→PMTC→舌クリーニングを60分〜90分程で行っていきます。

強く汚れが付いている場合は2回に分けて行うこともあります。

施術終了後は歯面全体がつるつるになるように仕上げていきます。

また着色を付きにくくできるペーストを塗布したり、虫歯予防のフッ素塗布などをオプションで選択することもできます。

担当の歯科衛生士が患者様の状態に合ったメニューをご提案させて頂きますので、ご相談のうえ最も口の状況にあったクリーニングを行っていきましょう。

 

クリーニングを行う期間とお勧めな方

Laughing Teenage Girl一般的に口の中の細菌の数が増えるのは2〜3ヶ月といわれています。

個人差はありますが、クリーニングを2〜3ヶ月に1回は受ける様にすると虫歯や歯周病になりにくい環境を作る事が出来ます。

また喫煙する方や、コーヒーや紅茶をよく飲まれる方、着色が付きやすい方は、特に定期的にクリーニングを受けることをおすすめします。

ヤニや茶渋のつきにくい環境になります。

また矯正治療をされている方は落としきれない汚れが多いので、歯科医院で定期的にクリーニングをすることが非常に有効になります。
毎日の食生活など環境の変化で細菌の数は知らないうちにどんどん増えていきます。

クリーニングではその細菌を除去することで虫歯と歯周病予防につながっていきます。

一度クリーニングを受けられるとさっぱりした後の感覚が癖になるかもしれません。

まだクリーニングを行ったことのない方は、是非クリーニングを受けてみてください。



関連記事