渋谷でホワイトニングならホワイトエッセンス渋谷へ

歯科医院で行うホワイトニングとは

薬剤の塗布

歯を白くするホワイトニングは、主に歯科やクリニックでホワイトニングを行う「オフィスホワイトニング」、患者自身がマウスピースの中に薬剤を入れ家で毎日装着する「ホームホワイトニング」、その両方を合わせた「デュアルホワイトニング」の3つのパターンがあります。

歯科メインで行う「オフィスホワイトニング」だと、やはり他と比べて、短期間で歯を白くすることができるという特徴があげられます。
高濃度の薬液を使い、さらにレーザーなどを当て薬剤効果を高めるため、短い期間での実現が可能となるのがポイントです。
ただ一度ではなかなか希望の白さにはならないため、数回の通院が必要となってきます。

そもそも、ホワイトニングというのは、ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素や過酸化尿素で歯を白くしているのですが、歯科に通うオフィスホワイトニングでは、熱を与えたり、レーザーを当てることで、ホワイトニング剤の成分を活性化させるという効果があります。

この方法を用いている歯科がほとんどですが、事前に自分が通う予定にしている歯科で、どの方法でホワイトニングを行うかを調べておくのをオススメします。

歯科でのホワイトニングの良い点・悪い点

白くなるホワイトニング

歯科でのホワイトニング、主に3パターンのコースについて紹介しましたが、どのパターンにもメリット、デメリットがあります。
また歯科ならではの特徴も良い点、悪い点がありますので、それについても紹介したいと思います。

まずオフィスホワイトニングは、短期間でのホワイトニングが可能で、且つ歯医者さんに任せることができるので安心ですし、気軽です。
ただその反面、色が後戻りもしやすいと言われていて、歯医者に数回通う必要があるため、金銭的にホームホワイトニングより高くなってしまいます

ホームホワイトニングは、その点歯に与えるダメージも少なく、思い通りの白さまで続けることもできます
しかし、安全性が少々心配という点やかなり時間が掛かるというデメリットもあります。

二つを兼ね備えたデュアルホワイトニングは、やはり両方のいい点が揃っており、短期間で歯科による安全性も備わっていて、とてもオススメのプランです。
ただ、デメリットもあり、それは費用が一番高くつくという点です。

歯科以外でホワイトニングをする方法

ホワイトニングはとても良い方法

前項でそれぞれのプランのメリット、デメリットを紹介しましたが、歯科以外でのホワイトニングはどういうプランがあるのかをここでは見ていきたいと思います。
ホワイトニングをする場合、歯科以外だと主に市販薬を購入して自分で自宅で行う、もしくはデンタルエステクリニックということになります。
市販薬については今回は一先ず置いておいて、デンタルエステクリニックでのホワイトニングについて紹介しましょう。

サロンでは、紹介した歯科での3パターンのプランがある他、口に関する様々なプランを揃えているのが特徴です。
ホワイトニングだけではなく、矯正やセラミック、ブレスケア、クリーニング治療など、口周りの総合的なケアを行っています。
例えば当院のような「ホワイトエッセンス」では、デュアルホワイトニングのコースでも、3種類から選ぶことができ、オフィス治療3回分+ホームケアの期間を選ぶという風に自分の生活スタイルや希望に合わせて、選択が可能です。
さらにデュアルホワイトニングのケアの範囲を超え、スペシャルケアが付いてくるというのもサロンならではです。
ミネラルパックや唾液腺マッサージ、舌のクリーニングなども受ることができます。
少々お値段は高めではありますが、ホワイトニングに特化しているのではなく、口のケアをトータルで行いますので、通常の歯科でのメンテナンスが必要なくなった、との声もいただいております。
一度、自分に合う方法などを当院で問合せ、どういったプランがあるかをご相談いただくことも可能です。

 

オフィスホワイトニングの関連ページ

オフィスホワイトニング

歯のホワイトニングは日頃の心がけも大事

口コミを見てホワイトニングサロンを探すコツ



関連記事