歯医者が教えるホームホワイトニングのコツ

歯のホワイトニングには、家や歯医者、その両方など多くのクリニックやサロンで、いくつかの方法があるということを別ページで紹介しました。
大きく分けて、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」があり、それぞれのメリットがあります。
ここでは、一番歯科やクリニックに通うことの少ない、自分でホワイトニングをする「ホームホワイトニング」の方法を歯科医師のアドバイスを交えて紹介していきます。

家で行うホームホワイトニング

家でホワイトニング

ホームホワイトニングと一言で言っても、実はその中でもいくつか種類があり、一度でも歯科医に通う方法と、最初から市販のキットを使い一度も歯科医へは行かないという方法とあります。
想像通り、市販のキットを使って一度も歯科医へは足を運ばずにホワイトニングをするのは一番安く済ませられますが、やはりその加減が分からなかったり、肝心な時に相談できないというのはとても不安だと思います。
そのため、少々値段は高くなっても、最低でも1度は歯科医院で専門的な相談やカウンセリングを受けた上でのホームホワイトニングをオススメします。

ホームホワイトニングのやり方とは

では、1度歯科医に相談できる「ホームホワイトニング」はどのような流れで治療してもらうのでしょうか。

最初はまず、歯科医で歯の型どりをしてもらいマウスピースを作ります
そこに薬剤を入れ、1日2時間ほど家で装着するというのが主な方法です。
歯科医やクリニックによって、マウスピースを作った後1度目は手本の意味もあり、そのまま歯医者に装着してもらう所と、1度目から自宅でできるように説明だけ受けて帰ってくる所とあります。
マウスピースを作る時には、口の中のクリーニング、虫歯のチェック、歯の色味のチェック、使い方の説明などを受け、その日は終了です。

次に自宅で行う時の説明を聞きます。
ホームホワイトニング流れ

 

  • マウスピースを付ける前に、歯磨きをします。
  • 次にマウストレーの歯の唇側にジェルを米粒大の量入れましょう。
  • マウスピースを歯に装着します。※ジェルが溢れるようだったらティッシュで拭き取ります。
  • 1日2時間ほどを目安に装着、飲食は禁止で、咀嚼をすることを出来るだけ避けます。
  • 2時間後、マウスピースを外し、口をすすいで歯を磨きましょう。
  • マウスピースは流水でよく洗い、ジェルが残らないよう歯ブラシを使うとよく取れます。
  • 水を切って、ケースに入れたら終了です。

ホームホワイトニングの気をつける点について

気をつけてよ女性

ホームホワイトニングは家で気軽にできる、白さの調整を自分でしやすい、時間も好きな時にできる等メリットも多くありますが、注意するべき点もいくつかあります。それを以下で紹介していきましょう。

  • ホワイトニング後1時間は飲食を控える
  • ホワイトニング期間中は着色性の強い飲食物を取らない
  • ジェルはキャップをし、日の当たらない場所で保管します
  • 歯磨きはきちんと日頃から行う

 

また以下のような方は、ホームホワイトニングに適していないので、注意してください。

  1. 妊婦さん
  2. 虫歯がある方
  3. 歯並びが極端に悪い方
  4. 歯周病の方
  5. 幼少期にテトラサイクリン系抗生物質を飲み、歯がグレーになってしまっている方

これらの管理を自分できちんとしてこそのホームホワイトニングです。
また、歯に染みてしまったり、あまり効果がでないなと感じたりなど、自分だけでホワイトニングをしていると色々と不安になることも出てくるでしょう。
そのため、定期的に歯科医院で見てもらえるプランにすることをオススメします。
患者様からの口コミも多い「ホワイトエッセンス」ではホームホワイトニングを含め様々なプランやコースを用意しているので、ぜひ自分に合うプランを一緒に見つけましょう



関連記事