ホームホワイトニングとは

 

ホームホワイトニングは歯の内から白くする

Invisalign Zahnspange aus Kunststoffホームホワイトニングは専用のマウスピースを製作し、漂白効果のあるホワイトニングジェルを付けて装着します。

1日2時間程の使用になります.

濃度が高くないジェルを使用するので、白さを実感出来るまで時間がかかる方法ですが、じっくりと歯の内部に薬剤が浸透していくことで、歯の内側の象牙質の黄ばみまでを白くすることが出来ます.

 

ホームホワイトニングの成分

歯のホワイトニングホームホワイトニングの主成分は過酸化尿素になります.

これに漂白成分が含まれており、緩徐に歯を白くしていきます.

その他増粘剤と知覚過敏抑制剤が入っています.

ホームホワイトニングは長時間、歯に薬剤をおいておくので歯がしみる知覚過敏が起きやすくなります.

そこに抑制剤として硝酸カリウム、フッ化ナトリウムという成分を含み、歯がしみるのを防ぐ働きをしています.

 

ホームホワイトニングは長持ちする

image8ホームホワイトニングは結果が出るまで時間が少しかかりますが、その分後戻りのしにくいホワイトニングになります.

色持ちが良いので、一度白くなった歯でも後戻り防止のために行うメインテナンスはは期間を長くおくことが出来ます.

 

 

ホームホワイトニングは奥歯まで白く出来る

image9ホームホワイトニングはマウスピースを装着するので、奥歯まで白くすることができます.

薬剤が流れてしまうオフィスホワイトニングでは実現出来ない、奥歯に薬剤を留めることがマウスピースによって獲得できるのです.

ただしマウスピースを装着するという点では継続性が求められます.

 

 

ホームホワイトニングに向いている人

OK・若い女性ホームホワイトニングは装着してもそこまで目立ちません.

発音にやや影響があるかもしれませんが、デスクワークや家事などをメインに生活している方であれば問題ない範囲です.

また仕事の通勤時間や、食後のテレビや趣味の時間などを利用することでも無駄なくホワイトニングを行えます。

毎日2時間のを数週間やるというルールがあるので、やる気と根気のある方にはよい方法になります.

 

ホームホワイトニングに向いていない人

Business People Meeting by Windowまずは継続出来ない人はホームホワイトニングは向いていないと言えます.

間隔が開きすぎると効果が発揮出来ないので、受容な要素になります.

また、もともと知覚過敏の強い方や、歯茎が痩せて歯の根が露出している方などは、薬剤が浸透して更に凍みやすくなることが考えられますので、状態によっては困難となることがあります.

 

ホームホワイトニングの特徴まとめ

  • マウスピースの装着が必要image12
  • 歯の漂白に時間がかかる
  • 歯を内側から白くする
  • 薬剤の濃度を選べる
  • 奥歯まで白く出来る
  • 後戻りがしにくく、メインテナンスが楽
  • 知覚過敏が起きることがある
  • やる気と継続性が必要
  • 透明感のあるきれいな仕上がりとなる


関連記事