虫歯の症状

一口に虫歯と言っても、症状は様々です。

今回はそんな虫歯の症状を追っていきましょう。
 

1.何故虫歯ができるのか?

 

虫歯の症状そもそもなぜ虫歯になるのでしょうか?

口の中には、たくさんの常在菌が存在しています。

少ない人で120種、多い人では350種以上、大半は害がなく、むしろ口内環境を整えてくれるなくてはならない菌ですが、中には害をなす菌も。

その中に虫歯菌がいます。

虫歯菌に糖質がつくと、菌体内多糖というベタベタしたものを作りだし、活発に活動していきます。

この状態がプラーク(歯垢)というものなのです。

これを放置しておくと、歯垢の中の虫歯菌は、食べ物の中に含まれる糖質を発酵させ酸をつくります。

この酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、虫歯が発生するのです。これが虫歯のメカニズムです。

歯を溶かしていくと、発生した酸やそこから入る水や食べかすで神経が刺激され痛みます。

神経の痛みは耐えられるものではないため、早めに歯医者に行きましょう。

 

2.進行の度合い

 

最初期

 

虫歯の進行具合c0虫歯の初期段階では、歯が少し溶けはじめて、白く濁ったり、茶色くなっていたりします。

まだ痛みはなく、症状もないため気づきにくいですがこの時にきちんと歯磨きをすればまだ治る可能性があります。

 

初期

 

虫歯の進行具合c1最初期のまま放置して症状が進行していくと、酸で歯が溶けていって、黒い小さな穴が空きます。

神経まで到達していないので、まだ痛みはありません。

歯磨きでは治りませんが、削る範囲はまだ少なくて済みます。

そこへ詰め物をして終わりです。

 

中期

 

虫歯の進行具合c2虫歯が奥まで進行した状態です。

肉眼でわかるようになり、ここで、冷たいものや甘いものがしみるようになり、痛みが出始めます。

削る範囲も大きくなるので、早めに治療するに限りますね。

 

後期

 

虫歯の進行具合c3歯の神経まで進行した状態です。

神経に炎症が起きるので、ズキズキとひどく痛みを感じます。

ジッとしててもいたむので、食事は勿論日常生活にも支障が出て、眠ることさえ満足にできず体が弱って行ってしまいます。

神経まで侵されているいるので取り除くしかなく、詰め物では収まらず差し歯や被せものをつけるしかなくなります。
 

末期

 

虫歯の進行具合c4ここまでくると歯は殆ど溶けてしまい原型がなくなってしまいます。

痛みもなくなりますが、治ったわけではなく神経が死んでしまって感覚がなくなっただけであり、抜歯しなければいけないことが殆どです。

抜歯後は、入れ歯やインプラントを入れる選択肢しか残らなくなります。

 

3.症状

 

虫歯の症状最初は冷たいものや甘いものを食べる時に痛むくらいだったのが、次第になにもしなくてもズキズキと傷むようになります。

この痛みは冷却や薬で一時的に抑えられますが、とても耐えきれない痛みであり眠ることも出来なくなってしまいます。

食事も当然とれなくなってしまい、体を弱らせますます虫歯菌の活動を活発にし進行速度を速めてしまいます。

出血や化膿、体液が漏れ口臭の原因にもなります。腫物ができたり、出血から虫歯菌が全身に回って2次疾病を引き起こしてしまいます。



関連記事