虫歯と口臭の関係

気になる口臭虫歯になると、痛いのはもちろん口臭が発生することがあります。その匂いは、チーズのような、魚が腐ったようなと例えられるような腐敗臭です。

自分で確認できる場合もあり、周囲に悪影響を起こして人間関係のトラブルのもとになったりもします。

その原因はなにか、この記事でご紹介していきましょう。

その1.歯が溶けることによる異臭

 

口が臭う虫歯が深くなると歯が溶け、発酵して口臭が出ます。見た目に小さな虫歯でも中で広がっていることが多く、虫歯菌によって歯が溶かされ、グジュグジュと軟らかくなり、発酵し口臭を発生させるのです。

また、差し歯は神経の治療がされている歯が多く、中で虫歯が進行しても気づかないことが多いのです。

差し歯の中で気づかず発生した虫歯によって歯がどんどん腐ってしまい、前述のように口臭が発生します。

その2.炎症による異臭

 

虫歯がひどい虫歯が進行していくと、歯の神経を腐らせてしまうことがあります。痛みが出れば気づくのですが、知らぬ間に神経が死んでしまったり、痛みをこらえたら痛みが引いてしまったのでそのまま放置していると、歯の神経が腐ってしまいそこから口臭が発生します。

忙しかったり、医者にいくのが億劫で虫歯を放置してしまい、痛みが引いたからと直ったと錯覚してしまうことがありますが、それは思い込みでより悪化させてしまっているのです。

その3.膿疱による異臭

 

根の分岐部に膿が溜まって腫れて痛くなる歯の神経が死んでしまうと、神経の空洞に細菌が増え、根の先に膿の袋ができます。膿の袋が大きくなると歯茎に白いおできのようなものができて、そこから膿が出され口臭がでます。

この膿の出口はできたり、潰れて引いたりします。

不衛生なだけでなく、そこから口内炎になったりほかの病気の原因になったりしてしまいます。

その4.出血及び体液による異臭

 

根の先に膿が溜まって痛くなることがある虫歯が歯茎の下まで進行すると、歯茎が腫れ、虫歯によって歯茎の周りが不潔になり、出血します。血生ぐさい臭いや歯茎から出る液、膿が口臭の原因になり、変な味がして食事にも影響してきます。

その5.歯垢、歯石による異臭

 

歯石による口臭口の中にプラーク(食べかす、歯垢のこと)や歯石が多く付いていると口臭が発生します。プラークは細菌の塊で、ヌルヌル、ベトベトしたもので、歯磨きのあとのチェックする薬品で濃く染まる部分を言います。

このプラークはそのままにしておくとやがて発酵し、口臭の原因となります。

また、歯石は歯茎が腫れる原因となり、その結果出血や化膿を促して口臭の元ともなるのです。

虫歯が原因で引き起こす口臭の対処法

 

定期検診まずは虫歯にならないためにも、三食後きっちり歯磨きをすることです。これがなによりで、きっちり歯磨きさえしていれば何もこわがることはありません。

忙しくで歯磨きの暇がなくても、口をゆすぐだけでも多少の効果があります。

そしてもし虫歯になってしまったら、自分で直したり放置したりせず速やかに歯医者さんにいくことをお勧めします。

虫歯が原因でほかの病気になってしまったり、間違った民間療法で余計悪化させてしまったりしますから。



関連記事