虫歯の治療

もし虫歯になってしまったら。
そうなったら早速治療するに限ります。

今回の記事ではそんな虫歯治療についてを紹介します。

 

1.最初期

虫歯の進行具合c1最初期では、ちゃんと適切な歯磨きさえ出来れば元の健康な状態に戻すことができます。とはいえ、我流で適切な歯磨きの仕方をするというの難しいので、ちゃんと歯医者にいって歯磨き指導を受け、正しい歯磨きを身に付けて下さい。
それで終わりでなく、歯磨きを続け治るまで定期的に検診を受け、虫歯の進行状態をチェックすることが大事です。

 

2.初期治療

 

虫歯の進行具合まだ痛みがなく、肉眼で辛うじて確認できるほどの虫歯の最初期は歯の表面に浅くできた程度のものです。虫歯にかかっている部分を削り取り樹脂や金属で埋めてしまいます。

神経を傷つけないので、麻酔をしなくとも治療中に痛みはありません。

 

それなりに広がってきた場合

 

虫歯の初期治療痛みはありませんが、1より進行し、黒ずんだり歯が濁ってきたりした場合はそこを大きく削りとらねばなりません。詰め物を詰めるのも一緒ですが、大きくなってしまいます。

また、大きく深くなった結果神経に痛みが伝わる場合もあるので、気になる場合は麻酔をしてもらいましょう。

最近はマイクロスコープという技術が発達し、開ける穴をできるだけ小さくすることができます。

 

3.神経に到達

 

虫歯の進行具合c2痛みがある場合は神経まで届いた証拠。神経が再生可能であれば残し、そこに銀歯などをかぶせて治療します。再生不可能な状態なら神経を抜き取り、薬を詰め込みます。

痛みがある時点から、治療の際も相当に痛みます、迷わず麻酔をしてもらいましょう。

ここまでくると、詰め物も形成しなければいけないため時間もかかってしまいます。気長に生きましょう。

 

4.神経が死んでしまった

 

虫歯の進行具合c3そのまま進行すると、痛みが消えます。喜ばしいことのように思えますが、これは治ったわけではなく神経が死んでしまったので、いよいよ取り出すしかなくなってしまいます。

歯の大部分を削り取ることになり、詰め物も大きくなってしまいます。

場合によっては差し歯を作らなければいけなくなる羽目にもなる可能性があります。

 

5.末期

 

虫歯の進行具合c4さらに進行し、歯の大部分が溶けてしまうと、もう治療をすることはできず抜歯するのみとなってしまいます。詰め物では覆いきれないため、一から歯を作らなければなならず、時間もお金もたくさんかかってしまいます。

 

6.気を付けるべきこと

虫歯を削る歯の治療で気を付けるべきことは、きちんと最後まで続けることです。驚くべきことですが、歯医者さんによると痛みがなくなった時点で治療に来なくなってしまう患者さんが多いです。

確かに痛みは止まっても、完全に虫歯がなくなっていなければまた進行していき同じことの繰り返しになってしまいます。

また治療を終えた場合でも、定期的に状態を見てもらうのが大事です。

どんなものでも耐久年数があり、それを越えていると不具合が起きてしまいます。

それに定期的にいくことで思わぬ早期発見ができたり、お口のクリーニングをしたりと悪いことはありません。



関連記事