顎が痛い!もしかしたら顎関節症かもしれない。原因と対策のすべて

顎が痛い。痛くて口をあけられない。そんな経験をしたこと、ありませんか?ひょっとするとそれは顎関節症かもしれません。ほっておくと大変なことになります。顎関節症とは一体何か?どんな症状がみられるのか?原因と治療法についてご説明いたします。
 

顎関節症の症状

 
顎関節症にはいくつかの症状があります。
主にみられるのは次に紹介する5つの症状です。

  1. 顎の痛み
  2. 開口障害
  3. 顎の音〈関節雑音〉
  4. かみ合わせの違和感
  5. 口を閉じられない

それぞれを詳しく説明いたします。

①顎が痛む症状

顎が痛い

まず、顎が痛む、という症状です。

顎関節や、その周辺だけでなくこめかみや頭痛などにも症状として現れます。
口を開けたり閉めたり、またご飯を食べるときなど、顎を動かすと、鋭い痛みが響きます。

ですが、顎を動かさない時にも痛みがある、という場合には、顎関節症ではない、何か別の種類の病気が関係している可能性があります。


②口が大きく開けられない(開口障害)

口が開けられない

次の症状は、口が大きく開けられない、というものです。
これを開口障害といいます。

いきなり口が開かなくなる場合もあれば、徐々にあかなくなる場合もあるようです。
普通、正常なときは指が3本分くらい入ります。

ですが、指が1,2本しか入らない場合はこの、開口障害が考えられます。


③顎の音が鳴る(関節雑音)

顎が鳴る

3つ目の症状は、顎の音です。

関節雑音といい、顎を動かしたときに「カクカク」とか「シャリシャリ」「ミシミシ」などの音が耳の中で響く感じがします。

あまり気持ちの良い物ではありませんが、症状がこの音だけならば、顎関節症の予備軍ですので、基本的に治療は必要ありません。


④かみ合わせの雑音

かみ合わせの違和感

かみ合わせに違和感がある場合も、顎関節症を疑う必要があります。

関節や筋肉に異常があると、かみ合わせが悪くなってしまいます。
一時的な場合もありますが、かみ合わせの悪さが続くとなると、顎関節症を疑った方が良いでしょう。


⑤口を閉じられない

口を閉じれない

口を完全に閉じられない、という症状もあります。

あごの関節の異常で上の歯と下の歯の間に隙間ができてしまい、口が閉じられなくなってしまいます。
これは、とてもめずらしい症状ですが、顎関節症の症状の一つです。


また、上記の5つ以外にも、頭痛や腰痛、肩こり、耳鳴り、難聴、めまい、歯や舌の痛み、味覚異常、呼吸困難、体の痺れ、など挙げられます。

逆に、似ているけど顎関節症ではない症状もあります。

例えば、痛みに関しては顎関節症とは異なる歯の痛み、親知らずの炎症による痛み、口が開けられないといった症状、また逆に口が閉じられない症状、などがあります。

そうした紛らわしいものもありますので、正確な症状がお知りになりたい方は、専門家の診断を受けるのが一番でしょう。

顎関節症のタイプ

顎関節症にはいくつかのタイプがあります。それぞれについてご紹介しましょう。主に4つのタイプに分けられます。それは以下の4つです。

  1. 筋肉の障害によっておこるⅠ型
  2. 関節包・靭帯の障害によっておこるⅡ型
  3. 関節円板の障害によっておこるⅢ型
  4. 変形性関節症によっておこるⅣ型

です。これは、日本顎関節学会によって分類された4タイプです。それぞれについてもう少し詳しくご説明します。

①筋肉の障害によっておこるⅠ型
まず筋肉の障害によっておこるⅠ型についてです。
このⅠ型は、筋肉が緊張して固くなり、血液の循環が悪くなることが原因となって起こる顎関節症です。

咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋といった咀嚼筋が痛みます。
それで、普通、ほほやこめかみが痛い、と感じるのですが、痛みが鈍くどこが痛いのかという部位を特定しにくいという特徴があります。

また、押すとコリコリしたしこりがあることがあり、それをトリガーポイントといいます。
また、口を開ける際に使う筋肉である顎二腹筋、そして首や肩周りの筋肉が痛むこともあります。

②関節包・靭帯の障害によっておこるⅡ型
次に関節包・靭帯の障害によっておこるⅡ型についての説明です。
これは、関節包や靭帯といった繊維組織に力が加わって起こる痛みのことを言います。

各種炎症を併発し、顎を動かすと顎関節が痛む、という症状があります。
いわゆるねんざのような症状が顎に起こる、というものです。

③関節円板の障害によっておこるⅢ型
次は関節円板の障害によっておこるⅢ型です。
関節円板の位置がずれてしまう「関節円板前方転位」という症状のことを言います。

主に関節円板が前にずれてしまうことによって生じるのが、このⅢ型です。
関節がずれているわけですので、顎を開け閉めするときに、クリックといわれるカクカクといった音が耳の前でします。

また、クローズド・ロックと呼ばれる口があかない症状にも表れます。

④変形性関節症によっておこるⅣ型
最後の変形性関節症によっておこるⅣ型についてです。

これは顎関節に強い負荷がかかってしまい、口の開け閉めの時に「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がすることがあります。

炎症と併発すると、かなりの痛みを伴うことがあります。
また、顎関節に大きな力が加わって、骨が変形してしまい、物理的な痛みも伴います。

以上の4タイプのいずれかが症状として現れることもあれば、いくつかの症状が併発する場合もあるようです。
しっかりとご自身がどのタイプの顎関節症なのかを確認しつつ、最適な処置を施す必要があるでしょう。

顎関節症患者のための 初期治療ガイドライン

日本顎関節学会ホームページより引用

顎関節症の原因

顎関節症の原因になるのは何でしょうか?
主に考えられるのは、

  1. 姿勢の悪さと顎の癖
  2. かみ合わせ
  3. ストレス
  4. 外傷

の4つが考えられます。
こちらでご紹介します。

①姿勢の悪さと顎の癖に起因するもの
まず、姿勢の悪さと顎の癖についてです。

顎に関係する癖とは、たとえば食べるときに片方だけの歯を使って食べること、が挙げられます。
当然のこととして、片方だけで噛むとそちらだけに負担がかかってしまいます。

その結果、顎も骨からずれてしまい、顎関節症になるのです。ほほ杖も、顎関節症の原因となる癖です。

頬杖をつく

机についているときに、片方だけにほほ杖を長時間していると、これもまた片方の顎だけに負担がかかってしまい、結果として顎がずれてしまいます。
他にも、くいしばったり歯ぎしりしたりすると、顎関節症になってしまいやすいようです。
姿勢の悪さについてですが、例えば猫背の方は顎が奥に入ってしまい、それが顎関節症の原因となるようです。


②かみ合わせに起因するもの
次にかみ合わせについて考えましょう。
かみ合わせが悪いと、顎の骨がずれてしまい、それが顎関節症へとつながってしまいます。

顎の歪み

かみ合わせが悪いと、何かを噛むたびに顎が少しずつずれてしまいます。

かみ合わせが悪くなる原因としてはいろいろ考えられますが、歯の治療や首のけん引、固いものを食べすぎること、柔らかいものを食べすぎること、などが挙げられます。

また、もともと歯がなかったり、変形したりしている場合にはかみ合わせが悪くなるようです。
そうした場合に、顎関節症を引き起こしてしまいます。


③ストレスに起因するもの

ストレスに起因

ストレスも、顎関節症の原因となります。意外に思われるかもしれませんが、ストレスは顎関節症と大きな関係があります。
ストレスを感じると、歯ぎしりやくいしばりといった、いわゆる癖となって表れてきます。

そうすると、筋肉の疲労・緊張により、顎の骨のバランスがくるってしまうのです。
結果、顎関節症を引き起こします。


④外傷に起因するもの

ボクシングによる顎のズレ

外傷は、外からの力によって顎が変形し、顎関節症を引き起こすことを言います。

交通事故やちょっとしたぶつかり合い、ボクシングや空手などの格闘技によって顎に外側からの力がかかってしまうことはあります。

顎は、構造上、外側からの力には弱く、比較的簡単に顎の骨は移動してしまうようです。
顎の骨が移動すると、関節円板がずれそれが軟骨を傷つけてしまい、痛みが激しくなってしまうこともあります。



これらの原因以外にも、リウマチや筋繊維症、うつ病、自律神経失調症、不眠症などの病気から誘発される形で、顎関節症が起こってしまうこともあるようです。

顎関節症の治療

ではつらい顎関節症をどうやったら治療できるのでしょうか?
 
スプリントを用いた顎関節症の治療もっとも一般的で広く行われている治療が、スプリントを用いた方法です。
スプリントとはプラスチックでできたマウスピースのようなもので、上下どちらかの歯に用います。

スプリントをはめることで顎関節にかかる負荷を軽くすることができ、結果として顎関節症の痛みやずれを治すことができるのです。

また、とてもレアなケースですが、外科的治療を行う場合もあります。
例えば、歯のかみ合わせが原因の場合ですと、歯を削ったり、また逆に高くしたりしてかみ合わせを改善し、顎関節症を治療することがあります。

また、メスを使って切開する手術として、関節鏡手術という方法があります。

もう一つの外科的手法として関節腔洗浄療法というものがあります。

これは、顎関節の関節包の中を生理食塩水で洗浄し、古い関節液を新しいものにかえ、老廃物を出すことで、顎関節症を治療しようとする方法です。陰圧の調節もできるようで、とても効果のある方法です。

また、顎関節症のための整体・マッサージも効果があるようです。
 
顎関節症のマッサージ整体で顎のずれを矯正したり、顎の軌道の修正も行ってくれます。
また、顎だけでなく体全体の歪みを治すことも、顎関節症の治療になるようです。


これらは、専門的な歯医者や口腔外科などに行って治療してもらう必要があるでしょう。

自宅で、自分でできる方法はないのでしょうか?自宅でも痛みを和らげるためにできることがあります。

まず、痛いときには鎮痛剤を飲むことです。

当然のことのようですが、顎関節症においては痛みをコントロールすることがとても大事です。
そのためには、痛みどめである程度痛みを緩和しつつ、顎にかかる負担を減らすことができるでしょう。

そうしているうちに、人間の中にある自然治癒力によって、顎関節症が治る場合があります。

ですが、これは中程度の顎関節症に効果があるだけで、重度の症状の場合に痛み止めで我慢しすぎると、余計に悪化してしまうことがありますので、注意なさってください。

また、氷で冷やすのも効果的です。 
氷で冷やす直接ではなく、タオルに包んで痛む部分にあてつつ、顎をゆっくり動かしていけば、少しずつ口も開くようになります。

普段から、固すぎるものや柔らかすぎるものばかりを食べるのではなく、バランスの良い食べ方を心がける必要があります。

また、ストレスをためすぎないことや、パソコンの仕事を長時間しないようにすること、など予防を心がけるようになさってください。