Top

銀歯が嫌がられる理由が4つある


銀歯が嫌がられる理由が4つある

silver1
保険治療で奥歯の治療をされた場合にいきなり銀歯を入れられてしまうことがありませんか。
保険制度の影響から選択される治療や材料には制限があり、残念ながら最低限の治療しか行われないのが現状です。

しかし白い歯を求める方が多くなってきた昨今、セラミックに対する関心も増えてきました。
今回は銀歯を避ける理由について説明していきます。


銀歯を嫌がる4つの理由

とにかく目立つ

silver11

写真のように1本だけ銀歯で他周りが白い場合、銀歯が
やけに目立って
しまいます。
会話の最中や笑った時にどうしても相手から見られてしまいます。
銀歯を用いた治療も日本人だけですので、海外でも好奇な目で見られてしまうことがあるようです。
セラミックは歯の色を再現出来るので、違和感無く自然な状態でいられます。




1−2 歯や歯茎が黒ずんでくる

silver12
金属は口の中に入ると、徐々にその成分が溶け出してきます。その結果
アレルギーなどを引き起こす
原因にもなり、また金属の周りの歯茎が黒ずんだり
歯そのものが黒く
なってくることがあります。歯茎に刺青が入っているように色が残ってしまいます。




1−3 虫歯が出来やすい

silver13
銀歯は削った歯と厳密にはぴったりとは接着されていません。
そのためその境目から汚れや菌が入り込みやすく、
虫歯になりやすい
ものです。
一方でセラミックは精度に優れ、また使用する接着剤も劣化がしにくいため、様々な刺激が多い口の中でも安定した状態を維持出来ます。




1−4 銀歯は汚れが残る

silver14
セラミックは表面がツルツルしていて汚れがつきにくい素材ですが、銀歯は作られる工程で細かな傷が多く作られます。
そこには汚れがつきやすく、落としにくくなっています。また傷がついたときなどは更に汚れがつきやすくなりますので、歯磨きでも汚れが残りやすく、
虫歯のリスクも
あがってしまいます。




2.銀歯に変わるセラミック治療

保険と自費の差と違い銀歯が気になる場合はセラミックに置き換えてあげることが可能です。
部分的な詰め物でも差し歯でも全て対応可能です。
虫歯のリスクが下がるなどメリットが多い治療ですが、
保険診療が利かない
デメリットもあります。


2-1 セラミックインレー

silver21
陶材から出来ているセラミックインレーは、強度と精度、更には美しさを兼ね備えた治療法です。
費用は5万円ですが、再治療のリスクが下がり、歯を健康的に残せるようになります。


2−2 ハイブリッドセラミックインレー

silver22
ハイブリッドセラミックインレーは陶材とプラスチックが混ざったものになります。プラスチックの特徴が混ざり、
擦り減りやすく着色を起こしやすく
なります。
1本4万円ですが、精度に関してはセラミックインレーとほとんど差がありません


2−3 オールセラミッククラウン

silver25
オールセラミッククラウンは被せ物で歯全体を覆います。強度や審美性を兼ね備えた材料で、銀歯の悩みを一気に解決してくれます。
費用は10〜15万円程になります。


まとめ

 
日本の歯科治療には再治療が多いと言われています。
その原因の1つに銀歯があります。
精度が悪く虫歯のリスクが高い材料だからです。
たとえ治療してもまた虫歯になったらどんどん自分の歯が失われていくだけになります。
最後は抜歯、なんてこともあるかもしれません。

もちろんセラミックでいれば虫歯0というわけでもありません。
全ては日々の生活スタイルにかかってきます。
それでも失った歯は取り戻せませんので、歯の価値を考えて選択して頂ければと思います。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。
見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。
不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事