Top

セラミックの歯の気になる値段や寿命


歯医者さんに通って虫歯治療を行おうとしたら詰め物の説明をされ、セラミックにしようか銀歯にしようか迷った事はありませんか。
また本当はセラミックにしたいのだけれども、高くて銀歯を選ばざるを得なかったなんてこともあったかと思います。
そこで今回はセラミックの値段の相場や特徴などについて説明していきます。


1 詰め物をセラミックにする

1せっかく治すのであればきれいな歯にしたいと思うのが常でしょう。
かつ安い方がいい。
セラミックが保険で出来るのかどうかも気になる所だと思います。
結論としては「セラミックは保険適応外」ということになります。
理由は簡単で健康保険で認められていない材料であるからです。
歯科治療で認められているのものは極限られたものになっており、よい材料を提供したくても保険診療では行うことが出来ないのが現実なのです。

1−1 セラミックの詰め物は保険でできるのか?

11a奥歯の治療で詰め物を入れるとき、一般的な保険診療では銀歯での治療となります。
今まで白かった歯に金属が入ってしまうとそれだけで目立ってしまいますし、また金属アレルギーの心配なども生じてきてしまいます。
それを解決する詰め物がセラミックというわけです。
セラミックは見た目もわからない程審美性に優れ、また精度も良い事から虫歯になるリスクも少ないと言われている材料です。

1−2 セラミックの詰め物の値段と相場

お金最も気になるのはセラミックの値段だと思います。
セラミックにも種類が幾つかあるので、その純度や製作法によって費用が変わってきます。
相場としては詰め物は3〜5万円前後で行われていることが多いです。
ハイブリッドセラミックインレー(セラミックの粒子とプラスチックが混ざったもの):3〜4万
セラミックインレー:4〜5万
 

歯の詰め物の値段の比較表

詰め物の料金表

1−3 セラミックの寿命

セラミックセラミックはどれほどもつのでしょうか。
そういった質問を受ける事もあります。
寿命があるかと言えば、条件が整っていれば長く持つ素材であるのは間違いありません。
セラミックを歯とくっつける接着剤(セメント)は歯と馴染みがよく、かつ一体化されるので、優れているのです。
ただし、もちろん歯磨きをしていないだとか、歯軋りなど極端に噛み合わせが強い方などでは欠けたり割れたりすることはあります。

1−4 セラミックの歯のデメリット

12何かといいと思えるセラミックの歯ですが、デメリットは何でしょうか。
私達歯科医師から見た場合に一番に思うのは、良い材料であるのに保険適応されていないので、全ての患者様に提供出来ない事です。
またセラミックは陶器と同じ材質であるので、強い力で欠けたり割れたりすることもある材料です。
しかし現在ではその材質に強度が加わっているのでその傾向も少なくなりつつあります。
一方で、健康な歯にセラミックを入れようとした場合、セラミックの強度を獲得するためにはセラミック自体の厚みを増す必要性があります。
その結果としては歯を削る量が保険のものにくらべて多くなってしまう傾向があります。

1−5 セラミックの歯は痛い?

15セラミック治療は痛いのでしょうか。
これは一般的な虫歯治療と同様ですので、セラミックだからといって痛みが出る事はありません
しかし、通常神経が残っている歯に虫歯治療で詰め物を入れた場合、残っている歯の厚みなどによって刺激を感じやすくなる事があります。
治療後に凍みたり、ジーンと痛んだ事があるのはこういった理由からになります。

1−6 セラミックは割れる?

16お茶碗を落とすと割れますよね。
セラミックも同じ性質を備えている材料です。
過度に力がかかってしまった場合などでは欠けたり割れてしまう事はあります。
日常食いしばりや歯軋りをされている方はセラミックが割れるリスクもその分高くなります。
しかし、予防策としてナイトガードといったマウスピースを就寝中につけるなどすれば、セラミックを噛む力から守ってあげることが出来ます

2 セラミックの前歯

22前歯に差し歯が入るときは慎重に選択される事をお勧めします。
前歯は口を開いた際に一番最初に目に入る場所です。
それだけにより自然で美しいものであると人目についたときも自信をもった笑顔を出せるでしょう。
そこで活躍してくれるものがセラミックです。
セラミックは着色もせず、周囲と調和した自然な仕上がりを維持出来ます。
一方で保険の差し歯では表向きは白いものの、それはプラスチック製で色は単調、かつ変色しやすい材料になっています。

2−1 セラミックの前歯の値段

21前歯をセラミックで治療した場合、1本の費用×本数が値段となります。
今一番きれいに製作されるオールセラミッククラウンの場合、1本あたり10〜15万円かかりますので、
①6本の場合
6本×15万=90万円
②4本の場合
4本×15万=60万円
このように値段がかかってきます。

セラミックの前歯の値段の比較表


2−2 前歯をセラミックで保険で行えるか?

22
保険診療のルールにでは治療する場所により使用できる材料が決まっています。
保険適用の材料では前歯でセラミックを使用する事は認められていません
保険適用で出来る前歯は金属の裏打ちにプラスチックが貼付けられたものになります。

保険適用の診療で使用する素材
金属+プラスチック
保険適用外の素材
セラミック
 

2−3 セラミックの前歯と保険の前歯の裏側

23セラミックか保険かで裏側の素材や見た目には違いが出てきます。
オールセラミッククラウンでは金属を一切使用していないので、裏側も自然な透明感とツルツルな光沢感が獲得出来ます。
一方で保険の前歯に入る被せ物は裏側は金属になります。
そのため口を大きく開いたときには見えてしまい、また金属が次第に溶けて歯茎や歯そのものを黒く変色させてしまう事があります。

3 セラミックの奥歯

奥歯保険では奥歯に選択肢はありません。
保険診療を選択した時点で自然と銀歯になってしまうのです。
(小臼歯を除く。詳しくは「白い被せ物を保険で!新しいハイブリッドセラミッククラウン!」を参考にしてください)
銀歯は増えるに従い、どんどん歯本来がもつ白さ・美しさを失わせてしまいます。
そこで現れたのがセラミック。
セラミックは強度と審美を兼ね備えた材料です。
今まで悩んでいた銀歯からの奪却と自然な口元を獲得出来る治療法です。

3-1 セラミックの奥歯の耐久性

31セラミックは硬いため強度がありますが、過剰な力には負けてしまう事があります。
現在のセラミックは非常に硬い材質であるものの、噛む力が強いと割れてしまう事もあります。
逆に言うと、人間の噛む力というのは非常に強力な力なのです。
保険診療で用いられるレジンというプラスチック樹脂は強度が脆く、また変色してきます。
口の中は毎日の食事で冷たいものや辛いもの酸っぱいものといった過酷な環境であるのでプラスチックでは限界があります。
しかしセラミックは変性することはありませんので、長期的にきれいなままで維持する事が出来ます。

3-2 セラミックの奥歯の値段

32セラミックの奥歯も費用としては前歯とほとんど変わりません。
オールセラミッククラウンであれば1本10〜15万円が相場です。
オールセラミッククラウンは金属を全く使用していませんので、見た目にも体にもよい被せ物です。
しかしブリッジなど長い範囲を奥歯でセラミックで治す場合は特に強度に重点を置く必要があります。
オールセラミッククラウンだと強度に不安が生じるときがあります。
そのときはメタルボンドといい、金属の裏打ちの表面にセラミックを盛りつける被せ物にする時もあります。
メタルボンドですと1本8〜12万円程の値段になってきます。

セラミックの奥歯の値段の比較表


 

まとめ

セラミックは保険診療の適応にはなりません
そのため値段は高額になりますが、歯の1本あたりの価値を考えると、治療する歯にとって良いものである事は間違いありません。
また精度の優れた材料でもあるので虫歯が再発するリスクも低くなります。
着色や変形を起こす事もありませんから、日々の歯磨きをきちんと行う事でいつまでもきれいな歯を維持出来る治療法です。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。
見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。
不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。


関連記事