Top

歯の色が変わってしまう?変色の原因にもなるテトラサイクリンとは?


テトラサイクリンは細菌の増殖を抑える働きをもつテトラサイクリン系抗生物質の総称です。
テトラサイクリンは肺炎やマイコプラズマ感染症などに効果のある抗生物質ですが、長期間の服用によって歯の変色を引き起こすことがあります。
 

テトラサイクリン

 
花子
抗生物質の副作用で歯の色が変わってしまうのは困りますね。

渋谷太郎
そうなんだ。
前歯が1本でも色が変わってしまったら困るよね?
それが、テトラサイクリンの場合は前歯だけでなく左右の6歳臼歯まで色が変わってしまい、しかも色がかなり濃くなってしまう場合もあるから悩んでいる人は多いんだよ。

 

テトラサイクリンはどんな薬?

抗生物質のテトラサイクリンはカゼをはじめ、肺炎などの呼吸器系の病気やニキビがひどい場合にも効果があるといわれ、以前はカゼ薬のシロップなどに多く使われていた薬です。
しかし、歯の内部に色素沈着が起こるという副作用が数多く報告されてからは使用が制限されるようになりました。

花子
使用上の制限とは具体的にはどんなものですか?

渋谷太郎
まず、8歳以下の子どもへの使用は避ける必要があるよ。
象牙質ができる時期、乳児期から7歳くらいの間にテトラサイクリンを長期間、飲んでいると歯に変色が起こりやすいからね。
ほかに使用を避ける必要があるのは、妊娠中や授乳中の人だよ。

 
Fotolia_71466170_XS

 

テトラサイクリンによる変色の特徴は?

テトラサイクリンが引き起こす歯の変色が軽度の場合は薄いオレンジや薄いグレーです。
しかし、色素沈着が強くなると濃いめのオレンジやグレーになってしまいます。
また、テトラサイクリンによる歯の変色は縞模様などの独特なグラデーションになることが特徴です。
変色現れ方は前歯から左右対称に6歳臼歯(永久歯の第一大臼歯)まで拡がっていきます。
 

歯がねずみ色-300x200

 

花子
色が濃くなったり、縞模様になったりするんですね?

渋谷太郎
うん、色の程度はさまざまで、ほとんど黒のような濃い色になってしまうこともあるね。
また、紫外線は歯を変色させる原因の一つだが、健康な歯であれば影響のないような場合でもテトラサイクリンによる変色は数年で濃くなってしまうという違いがある。

麗子
変色をひどくしないためには、紫外線対策も重要ですね。

 

着色した歯にホワイトニングは効果がある?

テトラサイクリンによる着色の程度が軽く、色が黄色系の場合にはホワイトニングをすることによって標準的な歯の色にすることができます。
しかし、色が濃い場合は長時間のホワイトニングである程度の効果はみられますが、難しいことも少なくありません。
また、一時的に白くなっても色戻りしやすいこともテトラサイクリンの変色の特徴です。
 

白い歯

 
麗子
色が濃くなってしまった人にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用がいいでしょうか?

渋谷太郎
うん、白くするのが難しい場合もあるが二つを併用したダブルホワイトニングの方がよいだろう。
ただし、縞模様やグラデーションが強い場合、あるいは根元の色が濃い場合はホワイトニングでは効果が出くいから他の方法も検討する必要があるね。
例えば、パーマネントマニキュアラミネートベニアなども検討するといいだろう。

 

まとめ

抗生物質のテトラサイクリンによる歯の変色は紫外線の影響なども受けやすく、健康な歯に比べるとホワイトニングの効果が限られ、色戻りもしやすいなどの特徴があります。
また、前歯など目立つ場所が変色してしまうことも悩みを深刻にさせる要因です。
歯の変色が気になる場合は一人で悩まずに歯科医院で専門家に相談し、自分に合った改善方法を検討しましょう。
 

Fotolia_77048566_L

 

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事