歯周病の予防

 

歯周病で最も大切なのは、予防です。

予防は、自分自身で行うことができます。

予防に有効な3つのことをご紹介いたします。

 

1つめは、歯磨きです。

歯磨きで歯周病予防毎日の食事の食べかすなどが残ることプラーク(歯垢)が蓄積し、で、お口の中に生息している最近のえさとなり歯周病が悪化しやすい環境になります。

歯磨きは、子供のころからの習慣で身に着けていくものです。

皆さんそれぞれ磨き方には、長年の癖があります。

よく言われているのは、利き手側の小臼歯部分に、磨きのこしが多かったりと左右で清掃度に偏りがあるということです。

大切なのは、しっかりと汚れを落とすことができること、効率的に歯を磨くスキルを手に入れることです。

歯磨きに自身がある方も、ない方も、一度歯科医院で歯磨きの指導を受けてみましょう。

歯科医師や、歯科衛生士から専門的な指導をうけることで、歯ブラシのほかに、デンタルフロスや、歯間ブラシの使い方など、それぞれのお口の状態にあった口腔清掃の方法のアドバイスを受けることができます。

 

2つめに大切なのは、定期的な歯科医院への通院です。

歯医者への通院虫歯があるかないかのチェックや、歯石の除去などのクリーニングを含め、3か月に1度の頻度で歯科医院に通院することをお勧めします。

歯周病にすでにかかっていても、症状が重くならないように指導を受けることができますし、予防として自宅での歯磨きでは除去することができない歯石を取ることができます。


 

3つめに大切なのは、生活習慣です。

衛生士によるチェック歯科医院に通院した際にも、指導を受けるかと思いますが、間食やタバコなどの習慣や、糖尿病や骨粗しょう症など全身疾患に関する体調管理や、ストレス対策が大切です。

お口に関しては、必要以上に噛みしめないことや、歯ぎしりをしないこと、歯磨きが難しくなっている歯並びの治療などが有効です。

予防に大切なのは、まずは歯磨きですが、その歯磨きを有効なものとするためにも、定期的に歯科医院に通院しましょう。



関連記事