歯周病と口臭の関係

 

歯周病と口臭の関係

businessman's bad breath

もしかして自分の口って臭いかも…ふと自分の口臭が気になったことはありませんか?
実は歯周病が口臭の原因かもしれません。実際のところ、口臭が強い人の9割以上は虫歯があるか既に歯周病になっている、と言われています。でも、歯周病がなぜ口臭と関係があるのでしょうか?
詳しく調べてみましょう。

 

口が臭い!それは細菌が増殖しているから

h-03-006-1

歯と歯茎の間には歯周ポケットがあります。
その部分にプラーク(歯垢)が溜まっていくと歯周病菌が付着して細菌が増殖します。そうするとガスが発生して口臭の原因となります。
そのまま放っておくと炎症や腫れ、出血、さらには膿が溜まっていくので、口臭は一層ひどくなります。

歯周ポケットが4ミリ以上の深さになると、強烈な口臭の原因となるメチルメルカプタンが大量に発生します。
メチルメルカプタンは細菌が発生させる揮発性硫黄化合物です。
腐ったタマネギのような悪臭を放つだけでなく毒性もあります。
この毒性により歯周組織がどんどん破壊されていくのです。

歯周病の進行に伴って、舌苔(ゼッタイ)も増加します。
舌苔は舌の表面を覆っている白い苔のようなものですが、これも口臭の元になります。歯周病が悪化すると、歯周ポケットと舌苔からのダブルパンチで悪臭を放つことになり、口臭は極めて強烈で他人だけでなく自分にも不快感をもたらすものとなります。

 

口臭がなかなか治らない?歯医者さんへGO!

異臭に辟易する女性

歯周病の初期段階は、痛みがなどの自覚症状がないので気付かない人が多いのが現実です。
そのため時間が経過するごとに歯周病が進行してどんどん口臭がきつくなります。

一生懸命、歯を磨いていたり、マウスウォッシュを使用していても、なかなか口臭が消えないのは、既に歯周病になっている事が考えられます。
なかなか治らない口臭が気になって歯医者さんへ行って診てもらい、実は歯周病になっていた事に気づく人も多いのです。

ですから、口臭が気になる人は早急に歯医者さんへ行ってチェックしてもらいましょう。
歯周病が重度に進行していると、歯が抜け落ちる危険性もあるので早めに行くのに越した事はありません。

 

まとめ

歯ブラシ

歯周病の原因はプラークなので、まずできることはプラークを溜めないことと増やさないことです。
正しい歯ブラシの使い方や歯間ブラシ、デンタルフロスの使い方を学んでプラークコントロールをしましょう。そうした指導は歯科衛生士さんから受ける事が出来ます。

また、口の中で細菌が増殖しているという事はそれだけ体の免疫力が低下しているサインです。
最近、乱れた食生活や睡眠不足が続いていませんか?ストレスで暴飲暴食や喫煙をしていませんか?生活習慣を見直してみるなら口臭を抑え予防する助けになるでしょう。

 

歯周病と口臭の関係に関連する記事

⚫️知っておきたい!歯周病の怖さと予防方法
⚫️歯周病はどんな病気か
⚫️歯周病になる原因
⚫️歯周病の治療法にはどんなものがあるか
⚫️歯医者で行う歯周病の予防法(PMTC)とは?
⚫️インプラントをする前の歯周病治療の大切さ
⚫️歯周病の治療にかかる費用は?



関連記事