歯周病の治療にかかる費用は?

 

歯周病の治療にかかる費用は?

shutterstock_140063362

歯周病治療するに当たって気になるのがその費用ですよね。
歯周病は、徐々に進行していく病気ですから、その進行度により費用も当然変化していきます。
今回は、健康保険が適用される治療法とそうでないものを分けてみて、歯周病の治療費が一体どのくらいかかるのか見てみましょう。

 

保険診療で行ってくれる歯周病の治療は?

以下に挙げる治療は健康保険が適用になります。
詳細な費用に関しては歯科医や症状によって変動するので事前に確認してみましょう。

  1. スケーリング・ルートプレーニング
    スケーリング
    歯や歯周ポケットにある歯石やプラークを取り除く治療です。
    歯茎と歯茎の間をきれいに掃除していきますが全ての歯に行った場合、費用は1,000円〜3,000円前後かかります。
  2. 歯肉切除

    歯肉削除

    Orial studioから引用
    歯周病が進んで深くなってしまった歯周ポケットを浅くするために行います。
    歯茎をメスまたはレーザーを使用しながら切除します。1歯あたり5,000円以上です。

  3. フラップ手術
    歯周外科 エムドゲイントリートメント
    スケーリングやルートプレーニングを行っても、付着した汚れや細菌感染した部分を除去できない場合に行います。
    歯茎を麻酔して切り開き、歯の根の周りをきれいにしていきます。1歯あたり3,000円〜10,000円かかります。
  4. 抜歯
    智歯の抜歯
    歯周病が進行すると歯が抜け落ちることがありますが、他の歯に影響を与える恐れがある場合は抜歯することがあります。
    歯周病が原因の抜歯は保険が適用されるので約3,000円〜5,000円程度になります。治療後に痛み止めや抗生物質が処方されます。

 

自費診療、保険適用外の歯周病治療は?

歯周病がかなり進んでいる状態で症状が重度である場合は、歯周外科手術が必要になり当然費用も嵩みます。
例えば、最新治療である再生療法が必要になった場合、保険は適用外で自費診療になります。
再生療法とは、歯周病で溶けてしまった骨を人工的に再生する治療法で、

エムドゲイン、GTR法、骨移植

などが代表的です。
費用は部位あたり約5万もしくは10万円、それ以上かかる事もあります。

抜歯をした後は、入れ歯やインプラント治療が別途必要になります。
インプラントは一本あたり20万円から30万円以上かかります。
また重度の歯周病の場合には、骨造成治療を行わなければなりません。
骨を再生し骨幅を適切な状態にするためで20万から40万円もの費用がかかります。

 

歯周病治療の費用を抑えるポイントは早期発見と治療

歯周病がひどくなればなるほど、それに比例して費用も跳ね上がります。
また健康保険も適用されなくなります。ですから、歯周治療の費用を抑えるには、何よりも早期発見と早急な治療がポイントになります。
忙しいからといって治療を後回しにしてしまうと費用だけでなく、痛い思いをしたり、治療期間も予想以上に長引きます。
普段から歯の定期検診を受けプラークコントロールを行うなら、多額の出費をしなくて済むのです。

 

歯周病の治療にかかる費用は?に関連する記事

⚫️歯周病はどんな病気か
⚫️歯周病になる原因
⚫️歯周病の治療法にはどんなものがあるか
⚫️歯医者で行う歯周病の予防法(PMTC)とは?
⚫️インプラントをする前の歯周病治療の大切さ
⚫️歯周病と口臭の関係



関連記事