歯周病からくる口臭

 

口臭には、いろいろと原因や種類があります。

気になる口臭餃子を食べた後や、ラーメン、焼き肉などニンニク入りの食べ物による口臭が有名です。

もともと、人の口には臭いがあります。

これは、汗などによる体の臭い同様に、お口にも匂いがあるということで、生理的口臭と呼ばれるものです。

生理的口臭や、食事による口臭のほかに、胃や呼吸器による病気による口臭があります。

今回は歯周病による口臭についてご説明します。

歯周病による口臭は、臭いが強く、硫黄系の臭いがするため周囲の人に不快感を与えることが多く、自分自身は気付いていないものの、家族や同僚から指摘されショックをうけてしまうことがあります。

良好なコミュニケーションのためにも、爽やかな息を取り戻しましょう。


 

歯周病の口臭は、お口の原因によるものです。

 
口臭の原因となる親知らず適切な歯磨きなど、口腔ケアの実施により改善することができます。

歯周病による口臭の原因となる細菌は、プラーク(歯垢)と歯周ポケットの中に多く生息しています。

これらの細菌は、生息している中で、硫黄系の物質を排出します。

とくに、硫化水素や、メチルメルカプタン、ジメチルカプタンという物質が有名です。

硫黄系の臭いといえば、温泉の臭いを想像することは簡単かと思いますが、重症の場合、独特の卵の腐ったような硫黄の臭いがお口から発せられるということは、向かい合ってお話をする場合にはかなりの不快感があります。

 

口臭のチェックは、残念ながら自分の鼻はあてになりません。

自分では気づかない口臭毎日、自分で呼吸をし会話をしている際に吐き出している息の匂いには、自分の鼻は慣れっこになっているのです。

家族や、同僚に指摘された場合には、歯科医院を受診しましょう。

歯科医院では口臭の強度を数値で測定するものや、硫黄系の物質の成分などを判別する機械があります。

そのほかに、歯周病を悪化させる要因として、糖尿病があります。

この場合には、糖尿病独特のケトン臭という少し甘い臭いがします。

糖尿病は、歯周病の症状を悪化させることが分かっていますので、専門の内科を受診し、しっかりと体調をコントロールしましょう。



関連記事