Top

歯医者がおすすめする差し歯!特徴や価格を徹底比較!


差し歯の特徴こんにちは。
ホワイトエッセンス渋谷の歯医者の柳沼です。

歯医者で差し歯を選択しなくてはならない場合、たくさんの種類があって迷われることがあると思います。
材質も異なり、費用もバラバラです。 どこを第一選択にするのかは個々の判断ですが、より選びやすくなるように、今回はそれぞれの差し歯の特徴について説明したいと思います。

 

1.保険適応の差し歯

 

1-1.硬質レジン前装冠

 

硬質レジン前装冠犬歯までの前歯の差し歯を保険で行った場合に適用されるものになります。
金属の裏打ちにレジンというプラスチックが貼付けられた差し歯になります。
プラスチック部分は周囲に合わせて色を選択出来ますが、単調な色になってしまいます。
金属部は強度がありますが、プラスチックは劣化しやすいため、着色や境界面からの破損などが起きることがあります。
費用は状態に応じて約7〜9000円程になります。

 

1−2.銀歯(金銀パラジウム)

 

銀歯(金銀パラジウム)4番目小臼歯から適応になる保険の差し歯になります。
一般的に銀歯と言われています。

強度は非常にありますが、白い歯に比較して金属なので見た目には劣ってしまいます。
金属アレルギーの方も増えてきていますので、その点は注意すべき材料です。

細かい傷がつきやすく、また制度の問題から歯との境目に段差が出来やすいので汚れが溜まりやすいことがあります。
費用は状態に応じて約2〜3,000円程になります。

 

1-3.CAD/CAM冠

 

CAD/CAM冠保険で白い差し歯に出来るものがこのCAD/CAM冠になります。

ただし4、5番目の小臼歯限定になります。

金属アレルギーのある方で、医師の診断書がある方はさらに奥歯の歯までこちらの治療を適応することができます。
材質が強化プラスチックとなっていますが、金属やセラミック、また天然の歯に比べると削れやすい傾向にあります。

また、装着後早い段階で外れてしまうことがあるとの報告が全国的に度々聞かれています。
費用は状態に応じて5〜8,000円程になります。

 

2.自費診療の差し歯

 

2−1.ジルコニアボンドクラウン

 

ジルコニアボンドクラウン一般的にオールセラミッククラウンとも言われます。 強度と見た目に非常に優れた差し歯で、自然な歯の形態を再現出来ます。

ジルコニアと言われる非常に硬い白いフレームの上にセラミック(陶材)が築盛されたものす。
ジルコニアに比べセラミックが硬さに劣るので、強い力ではセラミック部が欠けたりすることがあります。

複数本の歯にも連結して製作も可能で、インプラントの被せ物としても使用されます。

 

2−2.e-maxクラウン

 

e.maxクラウンこちらもオールセラミッククラウンと言われます。
非常にきれいな材質で、変色もしません。

ニケイ酸リチウムガラスセラミックという材料のみで構成されており、一定の強度を兼ね備えている材料です。
ジルコニアボンドに比べると細かな色付けには限界があります。

また透明度により、装着する歯が黒ずんでいたり、金属が入っていると透けて反映することもあります。
長過ぎるブリッジには適応されません。

 

2−3.メタルボンドクラウン

 

メタルボンドクラウンジルコニアボンドが登場する前によく用いられていた差し歯です。
金属のフレームの上にセラミックが築盛されています。

強度とセラミックの審美性をもった差し歯になります。

ほとんどのケースに対応出来るためよく用いられますが、歯と歯茎の境目に金属が見えてきたり、金属により歯の本来持つ透明感を消してしまうというデメリットもあります。

 

2−4.ハイブリッドセラミッククラウン

 

ハイブリッドセラミッククラウン金属のフレームの上にハイブリッドセラミックというセラミックを築盛した差し歯になります。
セラミック部分にはプラスチックが混ざっています。
そのため強度は純粋なセラミックに比べると低く、また吸水性があるので変色の原因ともなります。

 

2−5.ジルコニアクラウン

 

ジルコニアクラウンジルコニアという素材から出来ており、金属と同等度の強度と審美性を兼ねた差し歯になります。
ジルコニアクラウンにはスタンダードなものと高品質なものとがあり、スタンダードなものは低価格で治療できます。
表面が滑らかで細菌の付着も少なく、経年変化が起きにくいことからも高い耐久性をもっています。

 

2−6.ゴールドクラウン

 

ゴールドクラウン金歯と言われるのがこの差し歯です。
金属のため強度がありますが、銀歯と大きく違うのは金特有の性質です。
精度もよく、展性(力によって壊れずに伸びる性質)を有しているため、装着された歯や噛み合う歯を大きく痛めることがありません。
審美的観点からは、金属である以上、口の中で光ってしまうことが欠点となります。

 

3.前歯にお勧め差し歯ランキング

 
前歯にお勧め差し歯ランキング 

4.奥歯にお勧め差し歯ランキング

 
奥歯にお勧め差し歯ランキング
 

5.差し歯を入れる前に知っておきたいこと 

 

差し歯を入れる前には知っておくべきことがあります。
それは自分の歯が今どのような状態にあるかということです。
せっかく差し歯を入れようにも、支えるだけの状態の歯にあるのかどうかがとても重要になります。

 

5−1.歯周病で歯茎や骨に炎症がないこと

 

差し歯を入れる前に知っておきたいこと歯は歯槽骨という骨に埋まっていて、その周りを歯茎が覆っています。
歯周病によって骨がたくさん溶けてしまっている場合、歯が支えを失っているわけなので歯に動揺が生じてしまうのです。
歯茎も同様に、腫れや出血があればきれいな差し歯を作ることができません。
つまり、差し歯を作るうえでは、その歯を支える骨や歯茎の状態を健康的に整えておくということが前提となってきます。

 

5−2.虫歯の状態によっては差し歯が入るまでに回数がかかる

 

差し歯が入るまでに回数がかかる差し歯を入れる歯が虫歯であった場合はまずは虫歯を取らなくてはなりません。
虫歯が深い場合は神経(根)の治療を行う必要性が出てくることもあります。
そのような場合は神経の治療から歯の土台作製までと、差し歯が入るまでに回数がかかってくることがあります。
詳しくは「差し歯(被せ物)を入れる前に知っておきたい5つのこと」を参照ください。

 

5−3.歯茎の上に健康的な歯が残っていること 

 

歯茎の上に健康的な歯が残っている差し歯を支えるためには丈夫な歯が残っていなければなりません。
虫歯でどんどん歯が失われた場合など、根っこだけになってしまうとその支える力も弱くなります。
歯茎の中に埋もれたような根っこだと差し歯を作ることは難しくなってきます。
ただし、そのような根っこでも状態によっては差し歯を作れることもあります。
詳しくは「歯を抜きたくない!残す秘訣は歯を引き上げることだった!?」をご参照下さい。

 

歯医者がおすすめする差し歯! 特徴や価格を徹底比較!のまとめ

 

セラミックの差し歯の種類差し歯には様々な種類があります。
前歯と奥歯、さらには保険・保険外の選択では適用となるものとならないものがあります。
「自分に合った差し歯はどれなのか」、見た目なのか、それとも耐久性なのか、どこに基準を求めて選択するかを考える際には、十分にかかりつけの歯医者さんで相談した上で選択するようにしましょう。

 

ホワイトエッセンス渋谷歯科のセラミック治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷では一般治療の中でも生体親和性が高いセラミック治療に力を入れています。
見た目も噛み心地も快適な治療を提供できるよう日々研鑽を重ねる歯科医師と歯科技工士が患者様各々が抱えていらっしゃるご要望に応えられるようにしております。
不明点やご質問は遠慮なくご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事