Top

歯の形や色で分かる性格診断〜今すぐ歯をチェック!


ご自身の歯はどんな歯ですか!?
よーく、よーく、ご自身の口元を鏡で見てみて下さい。

歯は性格を表す『歯』の色や形、大きさ、歯並びは人それぞれですよね。
実は、口元は性格を現しているってご存知でしたか!?
普段、相手を見る際にどことなく相手の口元を見る事は多々ありますよね!?
古くから「歯」は、生命力を現し歯並びや歯の状態などからその人の育った環境や家庭環境、金運や愛情、信頼出来る人かどうかなどをみる事が出来るといわれています。

 

前歯は両親を表す

歯は両親風水では、前歯の2本は両親をあらわすそうです。
前歯の2本が曲がっていたり歯同士が重なり合っていたり、また隙間なく綺麗に並んでいると立派にご両親のもとで育ったのだと読むそうです。

特に前歯は大事なポイントであり、大きな生命力の強さを現すそうで、歯が出ていると積極性を現すので物事をはっきり伝えられるお仕事をする方は良いみたいです。

そして、口はお財布を意味するので、鼻の下の「人中」が真っすぐですと無駄遣いはせず、仕事を意味する「鼻」で頑張って稼いだお金を口元(お財布)にしっかりと入れる事ができると言われており、歯の隙間がある方はお財布からお金が出て行ってしまうそうなのです。

どうですか?面白いですよね。
その他にも歯から見る性格を調べてみたのでご紹介したいと思います。

 

歯の特徴から見る性格色々

  1. すきっ歯
  2. すきっ歯欧米では「すきっ歯」は、幸運の歯と呼ばれており羨ましがられることも。
    すきっ歯の隙間から幸運がやってくると言われているそうです。すきっ歯の方の性格は、根気がなくあきっぽい傾向がみうけられるそうです。
    ヨーロッパでは幸運の歯だと呼ばれていますが、歯の隙間からお金が入ってもすぐに出てしまうという運勢だそうです。

  3. 出っ歯
  4. 出っ歯性格は明るく、好奇心旺盛なのでおしゃべりで前向き。自己主張が強い傾向もあるそうです。

  5. 受け口(下の歯が上の歯より出ている)
  6. 受け口少しわがままで利己的な部分もありますが、お人好しで情に熱いそう。
    仕事や家庭、恋愛では一途すぎてまわりが見えなくなってしまう事もしばしばあるのだそうです。

  7. 八重歯
  8. 八重歯海外では八重歯は「ドラキュラの歯」などのイメージがあり良く思われないそうですが、日本では八重歯の子は可愛いといったイメージですね。
    八重歯の方の性格は、甘えん坊。周りから愛され早い時期から運が開ける事が多いそう。
    しかし、20代前半までは幸運が運ばれるが、20代後半以降は八重歯があると運気がスムーズに流れにくくなる傾向があるそうです。

 

歯が『大きい』のと『小さい』とではどっちがいい!?

龍の歯風水では大きな歯は「龍の歯」と呼ばれているそうです。
大きな歯は素晴らしく仕事運や金運を持っている事を意味します。

人生を歩むなかで人から尊敬を集め、名声をもたらし周りから高い評価を得て人生を送る事ができます。

前歯が大きい場合は、その方は活発的で、情熱的かつ性欲が強く信頼出来る人。

歯が小さくて綺麗に整っており、歯の根が長くしっかりと生えている場合は、「雄牛の歯」として知られているので人生全体が幸運に恵まれるそうです。

長生きし、金運もあるそうです。
逆に綺麗な歯でも歯の根が短く浅い場合は、何かミスをする可能性が高く、また衝動的な行動が多い性格だと現されるそうです。

口元の形も顔も比較的整っているのに歯並びが凸凹な方の場合、他人からうるさいと思われる事も多く、他人に対して批判的な傾向があるそうです。

 

最も歯のパーツの中で遺伝の影響が強いのは実は『歯の形』!?

妊婦理由としては、お母さんのお腹にいる時に骨から作ら(形成さ)れてアゴの骨の中にはすでに歯が作られており、お母さんのお腹から出てきて遅れて歯が外に出てきます。
そのため、骨や歯の大きさや形、本数などが遺伝する事はあるそうです。

どうですか?みなさんの歯はご両親の歯と似通っていますか?

逆に「歯並び」に関しては、親の遺伝でという要因よりも、後天的なつまり生活習慣(普段の食生活、舌や唇や噛み合わせの癖、姿勢、虫歯などの要因)や環境の影響での大きさの変化の影響を受けやすいのだそうです。

この「歯の性格診断」が当たっているも当たっていないも信じるはあなた次第です!
一番大事な事は、自分自身の「歯」がどのような形、大きさ、並び方をしているのかを少しでも理解し、それを踏まえての歯の汚れが付きやすい所はどの辺りの歯なのかという事を認識することなのです。
一番最初に歯には生命力が現れるとお話しましたが、1本1本の歯を大切にし、虫歯や歯周病にならないように定期的にデンタルクリニックでのメンテナンスを受けていきましょう。


関連記事