痛くない歯医者

なぜか、歯科医院というと痛いことをするところというイメージをもっている方がいらっしゃるようです。
きっと以前歯科医院に通って治療を受けた際の経験からくるのかもしれませんが、歯科医師としては、とても残念に感じてしまう歯科医師のイメージです。

治療の際に生じる痛みをできるだけ少なくするために行うのが、歯科麻酔です。
歯科医院で、歯肉に麻酔の注射をされた経験があるのではないでしょうか。
麻酔の注射が痛いからいやだという声もよくききます。
当院では注射の麻酔の方法にも配慮した無痛診療を行っています。

無痛診療を行うために、ご協力いただきたいのが、診療時間に時間がかかるということです。
今まで歯科医院で治療の際に痛みが強かったという方の多くは、麻酔がしっかりかかる前に歯を削るなどの治療が始められてしまっていたのではないでしょうか?
歯科麻酔は、注射を打ってすぐに効果が現れるものではありません。注射の針を刺した部分からゆっくりじんわりと組織に麻酔液が広がり感覚がなくなっていきます。

麻酔の注射ひとつをとっても、できるだけ痛みを与えないテクニックというものがあります。
まず、器具です。
針は細ければ細いほど痛みを感じません。当院では、現在販売されている針で一番細い33G(ゲージ)を使用しています。通常の歯科医院では30Gを使用することが多いので、3段階細くなっています。

そして注射器ですが、当院では”アネジェクト”を使用しております。
従来の歯科医院の注射器は、かなり握力がいる設計になっていました。そのため力が入りすぎて、麻酔液が急激に入ってしまったりすることもありました。
1日に何本も注射を打つと、歯科医師は診療後に無意識に利き手の親指の付け根辺りをマッサージしていることがありました。
この“アジェネクト”の優れている点は、麻酔液の入るスピードを自動でコントロールしてくれるということです。
麻酔がうまいドクターというのは、ゆっくり一定のスピードか、もしくは気づかないほどの微細な変化で注入速度を速めていける技を持っています。
“アジェネクト”はコンピューターによる制御で、“注射開始から注入速度が緩やかに上がる”という理想的な速度で麻酔を行うことができるのです。歯科医師にとっても、力いらずで理想的な注射器なのです。
もうひとつ大切なのが、もちろんテクニック、ステップです。
注射を打つ前に、表面麻酔を行います。
表面麻酔は、注射の針を打つポイントの“表面”に麻酔をすることで、針挿入時の痛みを少なくするために行います。表面麻酔にはスプレータイプやジェルタイプのものがあります。これらを行うことで、チクッという痛みを感じることがなくなるので、大切なステップといえます。

麻酔の液が入った小さなビンを、注射の直前に歯科医師が握って暖めているのを見たことがありませんか?あれは、できるだけ体温に近い温度にすることで、冷たい液が入ってきた!と神経が興奮することを防ぐことを目的としています。当院では、しっかりと体温に近い温度に設定をしてから注射を行っています。

当院は、歯科治療の際に痛みを感じにくい無痛治療をおこなっています。
実際に、無痛治療を受けた患者さんから、もう終わったの!?と驚きの声をいただくとうれしく思います。
ほぼ80%の方が痛みを感じなかったと満足してくださっています。

しかしながら、どうしても麻酔が効きにくいという方がいらっしゃいます。
麻酔自体に恐怖心を持っている方や、痛みや炎症がひどすぎる方です。
そのほか、先に無痛治療にはお時間を頂戴することを記載しましたが、各ステップが重要となるため、急いで短時間に治療を行いたいという方には、無痛治療を行うことができません。

治療に恐怖心、緊張を感じすぎる方は、まずはリラックスしてもらわなければなりません。
しかし、歯科医院のいすに座って、口を開けてリラックスできるという方は当然いないのです。
誰もが緊張するのです。不安なこと、心配なことはスタッフや歯科医師に伝えてください。
もちろん、無理やり治療をするということはありませんし、不安なことを言葉としていただけると、共有することができ、お互いに信頼関係を築くことができます。
リラックスをするために必要なのは、コミュニケーションを通した信頼関係です。
安心して治療を受けることができるようにしっかりお話を伺い、治療を進めていくことを心がけています。

痛みや腫れなどの炎症がひどい際は、どんなに治療をしたくても麻酔が効かないのでお勧めできません。
そのため、どうして治療してくれないの!?と感じてしまうかもしれませんが、まずはお薬を飲んでいただき、軽い処置を行い炎症が引いたころに来院していただき治療を進めています。
できないから、やりたくないから治療を先延ばしにするのではなく、理想的な環境で治療を行うことが、痛みが少なく予後のよい治療には必要なのです。
人は痛いかも!?と痛みに対して疑心暗鬼になった状態でいると痛みを感じやすくなります。
これを痛みの閾値の低下といいます。緊張した状態では痛みの閾値は低下してしまうのです。
患者様にお願いしたいことは、定期健診をうける習慣をつけていただくことです。
日ごろ歯科医院に通院することで、歯科医師との信頼関係を持つこともでき、虫歯は痛みの小さいうちに発見することができます。通いなれた歯科医院での治療であれば、リラックスをして受けることもできるようになってきます。お口のことで少し気になることがある程度でもかまいませんし、クリーニングを受けたいということでもかまいません。定期的に歯科医院に通う習慣を作ってください。
その習慣が、もしも大きな虫歯をつくってしまっても、治療の際には、無痛治療がより効果的に行えるベースとなるのです。