Top

口腔外科を標榜している歯科医院ホワイトエッセンス渋谷


歯科医院では、「歯科、矯正歯科、小児歯科、小児矯正歯科、歯科口腔外科」を標榜できるようになっています。
その中で、口腔外科を標榜している歯科医院は、親知らずの抜歯や口腔粘膜疾患などの外科的処置を得意とした歯科医院になります。
医者の場合、内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻科などなどと様々な科に別れていますが、歯科においても、様々な専門の科に別れています。
つまり、先生により、得意・不得意の分野があります。
 

1、口腔外科を受診した方が良い場合

 

1−1、横に生えている親知らず

横に生えている親知らず横に生えている親知らずを抜歯する場合は、それなりの経験が必要になります。
口腔外科出身のドクターは、親知らずの抜歯を若い時に多く経験をしていますので、真横に生えている親知らずを抜歯することが、非常に得意です。
なぜ、親知らずを口腔外科で抜くかといいますと、歯肉を切開したり、縫合したりと口腔外科の技術が必要になるからです。
この技術をマスターしている口腔外科のドクターにとって、親知らずの抜歯は朝飯前になります。

 

1−2、口内炎や舌などの粘膜疾患

口腔粘膜の疾患粘膜疾患には、軽度の口内炎から唾液腺炎や舌がんまで、様々なケースがあります。
これらの知識も虫歯や歯周病以外に口腔外科の専門的な知識が必要になります。

 

1−3、全身疾患がある場合

    • 骨粗鬆症
    • 糖尿病
    • 高血圧

骨粗鬆症全身的に何か症状がある場合、口腔外科を標榜している歯科医院か大学病院などを受診する必要があります。
全身疾患がある場合、出血が止まりにくいや傷の治りが悪いや抜歯をした際に骨に問題が出るなど、一般歯科治療の知識以外にも必要な事柄増えますので、口腔外科を標榜している歯科医院か大学病院を受診しましょう。

 

1−4、神経に近い親知らず

神経に近い親知らず親知らずが下歯槽神経に近い場合、通常の歯科医院では親知らずの抜歯を避けて、大学病院口腔外科に紹介状を書いて治療を依頼をすることがあります。
親知らずが、神経に近接している場合は、親知らずの抜歯で神経麻痺を起こす可能性がありますので、口腔外科を得意とする歯科医院や大学病院に紹介する流れです。

 

2、親知らずをかかりつけ歯科ではなく、口腔外科で抜歯する基準

 

2−1、真っすぐ生えている親知らず

真っ直ぐ生えた親知らず真っすぐ生えている親知らずは、通常の歯科医院で抜歯することが多いです。
しかし、真っすぐ生えている親知らずでも、歯肉が被っていたり、骨が覆っていたりする場合は口腔外科に依頼する場合があります。

 

2−2、横に生えている親知らず

真横に生えた親知らず真横に生えている親知らずでも、神経に被っていない場合は、通常の歯科医院でも抜歯することが可能です。
この場合、歯肉の切開や剥離や骨の開削などの口腔外科のある程度、技術を必要とします。
口腔外科の経験の少ないドクターは、大学病院などに紹介します。

 

2−3、上顎洞に近い親知らず

神経に近い親知らず上あごの親知らずを抜去する際に、気をつけなければならないのは、上顎洞に近接している親知らずです。
この親知らずを抜去する際に、ミスをすると上顎洞に親知らずが迷入してしまい。口腔外科で除去する必要があります。

 

2−4、神経に近い親知らず

神経に近い親知らず1−4でもお伝えしましたが、神経に近い親知らずは、抜去した後に神経麻痺を起こす可能性がありますので、口腔外科に紹介状を書いて、見てもらうケースが多いです。 

 

2−5、骨に埋まっている親知らず

完全に埋まっている親知らず骨の中に埋まっており、骨の開削が必要な場合、口腔外科に紹介状を書きます。
完全に骨に埋まっている場合は、歯肉を切開・剥離を行なってから、骨を削って親知らずを抜歯しなくてはならず、特殊な技術が必要となります。

 

3、大学病院の口腔外科を紹介する場合

 

3−1、紹介状

紹介状大学病院は、紹介状がない場合、初診扱いでの診療です。
まず総合診断部というところで、診断をしてもらってから、口腔外科を受診する流れでsyので、非常に時間がかかります。
また、かかりつけ歯科医院より、紹介状を書いてもらうことにより、現在の状態などが口腔外科医にわかりやすく伝わりますので、時間短縮が可能です。

 

3−2、レントゲンをコピーする

デジタルレントゲン現在は、ほとんどの歯科医院で、デジタル化が進んでいますので、コピーをもらうよりも、データをもらうというケースが多いかと思います。
これはデジタルでレントゲンを撮影しますので、コピーよりも画質も良く、大学病院でも分析しやすいと聞いています。

 

3−3、ホームページを確認する。

ホームページを確認行く前に必ず、ホームページで確認を行ないましょう。
例えば、初診受付の時間は午前のみとか、土曜日は初診を受け付けていないなど、大学病医院により規定が様々ですので、必ずホームページまたは電話で確認しましょう。

 

4、おすすめ大学病院

 

昭和大学歯学部付属病院

昭和大学歯学部付属病院

■電話番号
03-3787-1151
■住所
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1
■初診
月曜~金曜 : 8:30~15:00
土曜 : 8:30~10:30
■再診
月曜~金曜 : 8:30~16:00
土曜 : 8:30~11:30
■休診日
日曜日、祝日
創立記念日(11月15日)
年末年始

昭和大学歯学部病院より引用


 

日本歯科大学付属病院

日本歯科大学病院

■電話
03-3261-5511
■住所:
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-3-16
■診療時間
月曜~金曜 : 9:00~17:00
■初診
月曜~金曜 : 9:00~11:00 13:00~15:30
■休診日
土曜日、日曜日、祝日
創立記念日(6月1日)
年末年始

日本歯科大学付属病院より引用

 

日本大学歯学部付属病院

日本大学歯学部付属病院

■電話
03-3219-8080

■住所:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-13
■診療時間
月曜~金曜 : 9:00~17:00
■初診
月曜~金曜 : 9:00~15:30
土曜:9:00〜11:00
■再診
月曜~金曜 : 9:00~16:30
土曜:9:00〜12:30
■休診日
土曜日、日曜日、祝日
創立記念日(10月4日)
年末年始

日本大学歯学部付属病院より引用

 

東京医科歯科大学付属病院

東京医科歯科大学付属病院

■電話
03-5803-5427

■住所:
〒113-0034 東京都文京区湯島1-5-45
■診療時間
月曜~金曜 : 8:30~17:00
■休診日
土曜日、日曜日、祝日
年末年始

東京医科歯科大学歯学部附属病院より引用

 

口腔外科を標榜している歯科医院ホワイトエッセンス渋谷のまとめ

口腔外科を標榜している歯科医院では、一般歯科では、できない内容の治療を行なっています。また、粘膜疾患や舌やがんなどの病気は、大学病院の口腔外科を受診する必要がありますので、大学病院という選択肢を自分の中で知っておくだけでも安心感が違いますよね。
大学病院を受診する前に「親知らずを抜く前に知っておきたい7つの事」も参照してください。

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

また、親知らずの抜歯治療の流れも順を追ってご説明しています。


ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず抜歯治療

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事