おもてなしの矯正治療

渋谷矯正歯科クリニックのおもてなしの矯正治療

「矯正」と聞くと、ワイヤーを用いた装置を想像されることでしょう。きれいに治したい気持ちはあるが、どうしても装置の見た目が気になって躊躇してしまう、そんな方も多いでしょう。
以前に比べ、矯正装置の改良が進み、様々な方法の中から選ぶことができるようになってきました。なるべく目立たない装置を使用したり、表からは見えない装置を使用する方法もあるのです。

成人矯正歯科について

  • ・唇側矯正(昔から行われている一般的な矯正方法です。歯の表側に装置やワイヤーを付けますが、目立ちにくい装置やワイヤーを使用するよう努めています。)
  • ・舌側矯正(歯の裏側に装置やワイヤーを付けます。見た目では矯正していることが分かりません。)
  • ・マウスピース矯正(透明の矯正装置を装着します。ご自分で取り外しができます。)
  • どの方法で矯正を行うのかは、矯正専門医と相談して決めてください。
    歯や咬み合わせの状態により、より有効なもの、不向きなものがあります。ご自身の希望もきちんと伝えながら、納得のできる方法で矯正しましょう。

    まずは相談をして、精密検査を受けることで、どのような方法が適しているのか、費用や期間についても、より具体的な説明を受けることができます。クリニックを何回か訪ねていくことで、先生との相性といったことも分かってくると思います。
    矯正治療は短期間ではありません。一般的には1年半~2年半かかります。
    長期間治療に通うことになるわけですから、より信頼できる先生を選ばれるといいでしょう。
    咬み合わせを全体的に整える矯正の他に、部分的な咬み合わせを整える部分矯正もあります。これは歯並びの状態や、ご自身の希望、費用など諸々を相談されて決めるといいですね。
    場合によっては、抜歯が必要になることもあります。歯が正しい位置に動くスペースがない場合は抜歯が必要になってくるわけですが、矯正医とよく相談して、なぜその処置が必要なのか納得して進めていくといいでしょう。
    ここまでは大人の矯正についてでした。

    続いて子供の矯正についてです。

    一般的に、乳歯が永久歯に生え変わっていく6歳~10歳くらいに行うのが効果的であるとされています。咬み合わせの種類や不正の程度、生え変わりの進み方によって、開始時期や使用する装置が異なります。お子さんそれぞれに最適な治療開始時期がありますので、まずは一度ご相談を受けられることをおすすめします。

    ご相談を受けられた結果、すぐに治療開始とならなくとも、いつごろどんな治療を受けるとよいのか、分かっていることで安心につながるのではないでしょうか。

    お子さんに使用する装置ですので、扱いやすく、危なくない、痛みの出にくい装置を使用します。また、定期的にお口の中をチェックすることができますので、矯正治療のみならず、フッ素塗布やシーラントなど虫歯予防の処置や生え変わりがスムーズに進むよう管理を受けることができます。

    どの時期の矯正治療も費用と時間がかかるものです。信頼のできる矯正医を見つけ、不安をきちんと打ち明けることで、納得のできる治療を受け、コンプレックスのない笑顔で毎日を送れますように!!