Top

新米パパ・ママ必見!妊婦さんが歯科検診を受けるべき理由


お父さん一年生にこそ知ってほしい!妊婦さんが歯科検診を受けるべき理由これから新しくパパ・ママになるあなた方は必見!

あなたの大切なパートナーとこれから生まれてくる新しい命のために、妊娠中を健康に過ごすためにも、お腹に赤ちゃんが宿ったらぜひ歯科検診を受けたいものです。

ホルモンバランスの変化によって、妊娠前と比べて大きく変化する女性の体。

それはお口のなかも例外ではありません。

つわりや体調不良によってお口のなかまで十分なケアが行き届かず、気がつけば虫歯や歯周病が悪化するなど、お口のトラブルに悩まされる人も少なくないんです。

今回は、なぜ妊婦さんに歯科検診が必要なのか、その理由をご紹介したいと思います。

 

妊娠中、歯のトラブルが起こりやすいのはなぜ?

 

歯のトラブル妊娠中は、ホルモンバランスが変化することで、つわりや体調不良が起こりやすくなります。

吐き気によって十分な歯磨きができずプラーク(歯垢)が歯の表面に残ることや、食生活の変化によってだ液量が減少することが、妊娠中の虫歯や歯周病になりやすい原因だといわれています。

また、嘔吐を繰り返すことで胃酸が逆流したり、女性ホルモンの量が低下したりすることでお口の中が酸性に傾き、結果的に虫歯が進行してしまうのです。

 

歯科検診はいつがベスト?歯科検診に最適な時期とは…

 

治療のタイミング妊娠がわかったからといって、すぐに歯科検診を受ければいいというものではありません。

つわりなど体調の変化が起きやすい妊娠初期は、長時間の検診で気分が悪くなることも考えられます。

お腹がおおきくなってくる妊娠後期も、診察台の上に仰向けになることでお腹が圧迫されて苦しくなったりするので、あまり適切な時期とはいえません。

歯科検診を受けるなら、安定期に入った妊娠中期がベストタイミングといえるでしょう。

妊娠中や産後の授乳期間中は使用できる薬が限られるため、急に痛みが出ても、強い薬を使ったり積極的な治療を行うことが難しくなります。

このような理由から、検診や治療にゆったりと時間が取れる妊娠中に、歯科検診を受けておくことが大切なのです。

 

妊娠中の歯の治療。赤ちゃんに悪影響はないの?

 

通院のタイミング妊娠中、虫歯が見つかった場合は早期の治療が必要不可欠です。

でも、歯の治療がお腹の赤ちゃんに影響しないかどうかが心配ですよね。

妊娠中の虫歯治療が、お腹の赤ちゃんに影響する事はほとんどありません。

心配事がある場合は、検診時に詳しく伝えるようにしましょう。

体調面に最大限配慮した治療を行ってもらえるので安心してください。

  • レントゲン撮影
  • レントゲンの撮影歯科医院で行うレントゲンの放射線被曝量はごくわずかです。

    歯の部分だけを撮影し、撮影時は放射線を防ぐためのエプロンを着用するため、お腹の赤ちゃんへの影響する事はないと考えていいでしょう。

  • 麻酔による治療
  • 麻酔の痛み治療の際に使用する麻酔は、無痛分娩などで行う麻酔と同じ局所麻酔。

    ごく少量を歯茎の部分のみに打つため、お腹の中の赤ちゃんへの影響を心配することはありません。

  • 薬による赤ちゃんへの影響
  • 投薬による影響妊娠中はできるだけ投薬を控えることが多いですが、激しい痛みや発熱などで薬が必要になった場合は、妊娠中でも使える薬を処方してもらえます。

    無理に我慢すると、かえってお腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも。

    医師に相談しながら適切に薬を服用することで、治療がよりスムーズに進むこともあるのです。

    くれぐれも、医師から処方されていない市販薬の服用は避けましょう。

  • 「妊娠性歯肉炎」による親知らずの抜歯
  • 「妊娠性歯肉炎」による親知らずの抜歯妊娠によってホルモンバランスが乱れることで、『妊娠性歯肉炎』という歯周病が起こりやすくなります。

    お口の中全体が腫れやすくなり、その影響から親知らずが痛み出すこともあります。

    また、アメリカの研究では、妊娠性歯肉炎によって子宮が伸縮され、早産のリスクが高まることが発表されています。

    週数が進むと治療や薬を服用することが難しくなることもあるため、早期に抜歯を行っておくことが好ましいといえるのです。
     

  • 長時間仰向けのままでいるのは大丈夫?
  • 横になる赤ちゃんは普段羊水によって守られているので、仰向けになることは特に問題ありません。

    しかし、お腹の重みでお母さんの体自体が辛くなってくることや、腰痛や足のむくみ、急に気分が悪くなるなど、長時間同じ体勢でいることで体調不良に見舞われることもあります。

    そんな時はすぐに歯科医師に申し出ましょう。

    楽な体勢をとったり休憩しながら治療を行うなど、体調を見ながら治療を進めてもらうことができます。


 

服装や持ち物は? 歯科検診にいくときのポイント

 

妊娠中の歯科検診、「何を準備すればいいの?」と戸惑うこともあるでしょう。

スムーズに検診を受けられるよう、持ち物や服装をチェックしておきましょう。

  • 母子手帳
  • 母子手帳母子手帳は、妊娠経過が記載されているため必ず持参して。歯科医師が、健康状態を確認しながら治療を行います。

  • 健康保険証
  • 医療機関を受診するため、健康保険証をお忘れなく。

  • 検診クーポン
  • ほとんどの自治体で、妊娠中に歯科検診を特別価格で受けられるクーポンが支給されています。

    母子手帳とともに持参して、お得な制度を利用しましょう。

  • 締め付けない服装、冷えない服装で
  • 妊婦の服装検診中は、長時間になることが考えられます。

    体を締め付けないゆったりとした服装で、リラックスして検診を受けましょう。

    また、病院の中は意外と冷えることも想定できます。

    夏場であっても、クーラーや扇風機の風などで予想外に冷えてしまうことも考えられるので、羽織ものや靴下など空調対策は万全にしましょう。

  • ペットボトルのお茶、ハンカチ・ティッシュなど
  • 歯医者さんを出た後、急に気分が悪くなったり貧血になったりすることも考えられます。

    急な体調不良に対応できるよう、ペットボトルのお茶を持ち歩いたり、ハンカチやティッシュなどを常備しておいたりすると、いざという時にも安心です。


 

お父さん一年生にこそ知ってほしい!妊婦さんが歯科検診を受けるべき理由のまとめ

 

妊婦さんが歯科検診を受けるべき理由
  1. 体調の変化で虫歯や歯周病になりやすい!
  2. 安定期に入ってからが歯科検診のベストタイミング!
  3. 治療による赤ちゃんへ影響は心配なし!
  4. 持ち物チェックはしっかりとする!

赤ちゃんのお世話で忙しい産後は、自分の体のメンテナンスにまでなかなか手が回らないことも。

今のうちにしっかりと歯科検診を受けて、健康なお口で妊娠中を快適に過ごしてくださいね。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事