Top

親知らず抜くと顔が細く小顔になる


よく患者さんからの質問で、親知らずを抜くと顎が細くなりますか?という質問を受けます。
私も本当のところどうなんだろう?という事で、実際に調べてみました。

1.顎が細くなるか?歯科医師の見解

顎が細くなる歯を抜くとその部分の骨が廃用性萎縮といって吸収します。
通常は、ほっぺ側から骨が吸収しますので、抜く事によって顎が細くなる可能性は高いと考えられます。
歯を抜くと歯を抜いた部分はなくなりますので、その分だけ、顎が細くなる可能性は高いです。
親知らずを抜く事により、その部位に今まで付着していた筋肉が退化しますので、その分、細く見えるかもしれません。
顎が細くなるかは、親知らずの生えている位置にもよります。
レントゲン写真親知らずが外側(ほっぺ)に生えている場合は、抜歯を行うことで、外側の歯がなくなり骨が吸収しますので、細くなったとわかりやすいと思います。
ではこれを実際にレントゲン写真で骨が吸収しているのか?
どうかをみていきましょう。
親知らずレントゲン写真をみてみると、右側の丸の部分に親知らずがあります。
この親知らずを抜いて半年後に左側の写真を撮影しました。
結果、どうでしょうか?
歯のあった部分がなくなっていますので、その分骨吸収が起こっています。
骨の吸収が起こった部位は、顎が細く見えると思います。親知らずを抜歯して半年経っていますが、まだもう少し骨の吸収は進むのではないかと思っています。

 

2.親知らずは、いつ抜くの?

親知らずはいつ抜く親知らずを抜くタイミングですが、痛くなったり、虫歯がすすんでから抜こうとすると難易度が非常に高くなります。
痛みがあると麻酔が効きにくいです。虫歯が進んでいると歯が柔らかくなりますので、つかんだり引っ掛けたりする場所がありませんので、抜歯が難しくなります。
親知らずが生えてくるのは、18歳以降ですので、その後20歳前後で抜かれることをオススメします。
以降、抜歯をするタイミングを逃せば逃す程顎骨も硬くなりますし、症状が出やすくなりますのでご注意ください。
また、顎の成長段階の内に親知らずを抜歯しとけば、それだけ顎は、成長する必要がありませんので顎が細くてすむことになります。
親知らずを抜くと腫れる可能性がありますので、抜く際はその後の予定を考えてスケジュールを組むようにしてください。
腫れるのは、抜歯後48時間になりますので、会議や食事会やイベントがある時は、避けて計画的に抜きましょう。

 

3.親知らずを抜くと腫れるか?

親知らずは腫れる親知らずを抜く時には、被っている骨を削ったりするために、やはり腫れやすいです。
腫れるということは、炎症性の反応が起こっている証拠となります。
今までの自分の経験からいきますと骨を削った場合は、往々にして腫れると感じています。
患者さんには、レントゲンで判断して、骨を削る際は、腫れますよ!
とお伝えしています。

 

4.どれくらいの期間腫れるか?

どれくらいの期間腫れるか?人によって様々ですが、抜いたその日は腫れません。
約48時間後が腫れのピークとなります。
約1週間で腫れが引いていきます。
患者さんによっては、腫れの程度がひどくてびっくりされる方もいらっしゃいますが、基本的に1週間で腫れが引いていきますので安心してください。
腫れた後は、冷やさないのもポイントになります。
冷やしてしまうと血の流れがわるくなりますので、治りが悪くなるという結果となります。
傷を治すには、血液が必要ですので、血流が悪くなるとは、最悪な状態を指します。

 

5.親知らずは抜かなくても良いか?

抜く?抜かない?親知らずがしっかりと生えていて、下の親知らずと咬んでいる場合は、抜く必要がありません。
昔の人は、親知らずまでしっかり生えていましたので、顎がしっかりしてました。
現代人は、硬い食べ物から柔らかい食べ物を食べるようになり、顎が退化傾向にあります。歯ブラシで、しっかり汚れを落とす事ができる親知らずは、無理に抜歯する必要はありません。
しかし、ほとんどの患者さんは、親知らずが奥に生えているので、歯ブラシを上手くあてることができない場合が多いです。親知らずが生えてこずに、歯肉の中にとどまっている場合は、無理に抜歯しなくても良い時があります。
歯肉の中で、手前の歯を親知らずが押していない場合は、なんら影響がないですので、抜歯する必要がありません。

 

6.親知らずを抜くと顔が細くなる?のまとめ

小顔親知らずを抜くことは、人生におけるイベントの1つですね。
ポイントをいくつかお話しましたが、できるだけ、早い方が痛みなくトラブルもなく抜くことができます。
また、最近では、親知らずを他の歯に移植するという方法も注目されています。詳しくは、移植のページを参考にしてください。
ホワイトエッセンス渋谷では、真横に生えている親知らずから骨に埋まっている親知らずまで、CT撮影を行い、親切・丁寧に経験豊富なドクターが抜歯を行います。また、最近では、親知らずを他の歯に移植するという方法も注目されています。
詳しくは、移植のページを参考にしてください。

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず治療の流れ

親知らず抜歯の流れは、「抜く前に知っておきたい、親知らず抜歯の流れ」を参照してください。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事