Top

歯科医院における自費診療と保険診療の違い


歯医者だけに限らず、内科や耳鼻科や皮膚科などに行くと、まず最初に「保険証のご提示をおねがいします」といわれますよね。
しかし、保険の効かない自費診療もあるということはご存知でしょうか?

保険診療と自費診療と聞くと、自費診療は高い!というようなイメージがあるかと思いますが、今回は歯科治療における、保険診療と自費診療の違いについてお話しします。

 

1、保険診療とは?

 

保険診療の銀歯保険が使える治療のことを保険治療といい、治療における費用負担は治療費の3割と定められています。
保険費用は全国一律なので、どこの歯科医院で治療を受けても費用は同じ金額となります。
保険治療では治療方法・手順・材料・素材に細かいルールが国で定められています。
そのため必要以上の治療は行う事ができません。
「生活に困らない必要最低限の治療=保険診療」というイメージに近くなります。

そのためどうしても長期的にみていくと患者様にとってベストとはいえないというのが現状です。

 

1−1. 保険の効かない治療とは?

 

  • 病気のない人の検査や予防の為のクリーニング
  • 歯科矯正
  • 金、セラミック治療
  • 金属で製作された入れ歯
  • インプラント
  • 歯の着色除去やホワイトニング等の審美の為の治療

通常の虫歯治療や歯周病の治療は保険診療に含まれますが、虫歯や歯周病などのトラブルを防ぐ予防の分野になってくると基本的に保険が効きません。
また、審美歯科で扱う美容目的の治療でも保険は効かないので自費診療となります。

 

1−2.「保険診療=安価」とは限らない

 

保険診療=安価とは限らない保険=安価なイメージはあるかと思いますが、保険診療で何度も通うよりも自費診療での治療の方が結果的に安く済むこともあります。
例えば歯のお掃除がそうです。

基本的には、予防の為の歯のクリーニングや病名がつかない着色には保険が適応外です。
保険でクリーニングをしようとすると、まず歯周病の検査やレントゲン撮影などもしないといけなくなります。
そのため別途費用がかかってくるのと、保険制度上、1度で全部の歯をクリーニングすることができません。
回数を重ねれば、いくら保険診療といえども費用がかさばり、結果トータルでみると保険診療のほうが高かったなんてこともあります。

 

2.自費診療について

 

自費診療と言われても、高い!!!というイメージが先行してしまい、実際どんなものなのかわからないことが多いですよね。

自費診療について細かくご紹介します.
 

2−1.自費診療の特徴

 

自費診療自費診療と聞くと、芸能人やお金持ちの方がやるのでは?というイメージをもたれるかもしれません。
実際は必ずしもそうとは言えません。
歯科だけでなく、医療では保険の適用範囲内でできることが限られているため、最善の治療法を考えると、自然と自費診療を選択する機会も多くなります。

 

2−2.治療内容を選択できる

 

銀歯と白い歯医療も日々どんどん発達していきます。
保険診療では治療に使用できる素材も限定されてきますが自費診療では、詰め物も被せ物も歯科医師が患者さんの状態に合わせて最適あるいは最新の素材を提案することが可能となります。
それによって身体への負担や虫歯再発、歯周病のリスクを最小限に抑える効果が期待できます。

 

2−3. 精度の高い治療が受けられる

 

精度が高い治療保険診療では、公的機関によってあらかじめ値段が決められていて、限られている時間と予算の中でできる範囲内でしか治療を行えないですが、自費診療ではこうした制限がありません。
十分に時間をかけて診療が行う事ができ、かつ最適な素材を使用することができます。

その結果、再治療の可能性を出来るだけ少なくした精度の高い治療をすることができます。

 

まとめ

 

信頼できる歯科医院選び虫歯の治療でもクリーニングでも、どんな種類があってそれぞれどんなメリットデメリットがあるのか納得がいくまできちんと説明を受けて信頼できる歯科医院選びをしていきましょう!

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事