Top

もともと出っ歯ではなかったのに、矯正中に前歯が出てくることはありますか?


矯正治療を受けてきれいに並べるつもりだったのに、こんなはずじゃなかった!
まだ治療途中だけれど、このままで大丈夫なの?
今まで経験したことのない治療ですから、勇気を出してスタートさせてみたものの、途中経過が気になって、心配でたまらない!
といった気持ちになるのは当然だと思います。
なかでも、矯正治療を受けて「歯が前に出てきたような気がする、出っ歯になってきた気がする」のなぜ?にお答えします。

まず最初に、矯正治療が原因で出っ歯になることはあるのでしょうか?

答えはYESです。
これには、色々な理由があります。
当然、お口の中の状態から「出っ歯になる=歯が前に傾斜する」ことが許されない場合は、出っ歯にならないような治療方針を立てます。
許されないとは、そのように治療を行うと、将来的な予後が安定しない場合、歯ぐきの下がりや痩せを招いてしまう場合、口の閉じづらさを招いてしまう場合、横顔や口もとのシルエットに不調和を招いてしまう場合などです。
しかし、患者様に歯を抜くことをどうしても承諾していただけず、ご本人の希望で治療方針を変更せざるを得なかった場合や歯の本数や大きさ、骨格的な位置関係から最大限の治療努力を行っても、それ以上の治療結果が得られない場合、矯正治療を受けて出っ歯になることがあります。
また、治療途中に一時的に出っ歯になることもあります。
詳しく見ていきましょう。

○治療を終えて、出っ歯になったように感じる!

 

Case1:無理に歯を抜かずに治療を行った場合

先ほど簡単に触れさせていただきましたが、患者様に歯を抜くことをどうしても承諾していただけず、ご本人の希望で治療方針を変更せざるを得なかった場合です。
このような場合、歯を抜かないで治療を行うが故のデメリットを細かく説明させていただいてから治療を開始します。もちろん、可能な範囲で、前歯が前に強く傾くことを回避する努力をします。具体的には、歯と歯の接している面をヤスリがけすることでスペースを得たり、歯が並んでいるアーチの横幅を広げたりします。
しかし、ヤスリがけは大きく歯の形を変えない程度、歯の表面をコーティングしているエナメル質の範囲内、しみない程度といった限られた量しか行うことができません。
また、アーチを広げることに関しても、歯を支えている骨がある範囲でのみ行うことができます。注意深く行っても、歯ぐきの下がりや痩せを招いてしまうことがあります。
以上の理由から、前歯が並ぶすき間を求めて、前へ前へ傾斜を強くしてしまうのです。

Case2:歯の本数や大きさから可能な治療に制限がある場合

昔、歯を抜いて治療をしたが、後戻り防止の装置をさぼってしまったら凸凹でてきた!歯の本数が生まれつき少ない、歯の大きさが生まれつき非常に大きい、などの場合。
矯正治療で歯をすでに抜いていたり、生まれつき少ない方は、さらに歯を抜くことができない条件の中で治療をしなければなりません。
また、歯が非常に大きく、歯を抜いてすき間を作っても尚、歯を整列させるすき間が不十分なことがあります。
こういった場合は、やはり前歯が並ぶすき間を求めて、前へ傾斜を強くしてしまうことがあります。

対策としては、子供の時分から、少しずつ下ごしらえをしておくことが挙げられます。
子供の時分の中でもとくに最初の来院としておすすめなのが、7歳頃です!
なぜかと言いますと、上下の前歯4本と6歳臼歯がはえ揃っている時期だからです。

永久歯は一度はえたら大きさを変えることはありません。
前歯4前歯が揃うと、これから生え変わっていく永久歯大きさ、つまり将来的に予想される凸凹の量、もある程度予想することができます。
また、6歳臼歯の咬み合わせをみることで、上下の顎の骨格的な位置関係を見ることもできます。
顎の骨が小さく、歯が非常に大きいため、将来的に予想される凸凹がとても大きい場合、子供の矯正治療を行うことで、顎の大きさを少しずつ広げることで、大人の矯正治療の下ごしらえをすることがとても有効になってくるのです。

Case3:骨格的な位置関係に不調和がある場合

上下の顎の前後的な位置関係が大きくずれている場合、ずれた顎の上に歯をならべて咬み合わせを作ることをしていかなくてはなりません。
骨の上にしか歯は並びませんから、理想的な歯の傾きよりも強く・少なくなることがあります。
たとえば、上の顎が大きく、下の顎が小さい方の場合、土台の不正をカモフラージュし、上下の前歯の咬み合わせを保つためには、上の歯は内側に強く、下の歯は外側に強く傾けて並べなくてはなりません。

○治療途中に、出っ歯になったように感じる!

 

Case1:下顎のすき間が先に閉じて、見た目上上の歯が前に位置しているように見えている場合

上下の歯を抜いて治療を進めている場合、下顎のすき間の方が早く閉じ、それに追いつくように上のすき間が閉じて完了する進度をとります。理想的な咬み合わせは、上の歯が下の歯を覆う形になっているので、どうしても下の歯ならびが先に完成されている必要があるのです。
そのため、治療途中に下の歯ならびは完成し、上顎にすき間が残っている状態の経過をたどり、見た目上上の歯が前に位置して見えることがあります。これは治療経過上そう見えているだけなので、心配せずとも治療終了時には解消します。

Case2:一時的に上の歯が元よりもやや前への傾きが強くなっている場合

前歯に凸凹がある場合、並べていく過程で元よりも前への傾きがやや強くなったように感じることがあります。これも一時的なものが多く、治療が進むにつれ、適切な傾きへと改善されていきます。

もともと出っ歯ではなかったのに、矯正中に前歯が出てくることはありますか?のまとめ

最後に、挙げさせていただいたケースは代表的なもので、他にも様々なケースがあります。
矯正治療をスタートする前に、最終的な仕上がりのイメージを共有し、同じゴールを目指せるようにしましょう。
前歯の並びは審美面に大きく影響します。
矯正治療は機能的も審美的にも調和のとれたお口の中を目指す治療です。
審美面での、言葉が乱暴かもしれませんが、美的センスが合う、信頼できる先生を見つけ、治療途中の心配や不安もその都度話し合い、解消して進めましょう。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事