Top

入れ歯博士が贈る『入れ歯へのこだわり』


手作りの入れ歯

われわれの作る入れ歯は、普通の歯科医院が作る入れ歯とひと味もふた味も違います。
なぜなら、歯科医師自らが1つ1つの行程を丁寧に作りあげるからです。

こだわりの入れ歯通常は、歯科医師が入れ歯の治療を行い、歯科技工士さんが入れ歯の作製を行います。
この方法ですと歯科医師と歯科技工士の連携がとれていないと、良い入れ歯を作ることは不可能ですし、もっと言えば歯科医師の指示に対して、歯科技工士が的確に応えて入れ歯の作製を行わなければいけません。

われわれは、連携の必要がなく歯科医師が入れ歯の作製をしますので、こだわりをもった入れ歯を患者様に直接、提供することができます。

また、患者様のお口の中は、誰1人として同じ方はいらっしゃいませんので、歯科医師の目で見て、お口の中に合った入れ歯を作製することができます。

ここが他の歯科医院と大きく違う点になります。
 

歴史ある入れ歯の伝統を受け継ぐ

我々の歯科医院は、三代目になり、祖父の頃より「歯科タナカ」というネーミングが続いています。
二代目の田中久敏は、入れ歯の勉強したくアメリカに留学し、アメリカの入れ歯(義歯)の父と言われるバウチャーのもとで10年以上、入れ歯の勉強を行ってから日本に帰国しました。その後、歯科大学において、25年間入れ歯を学生に教えてきたという実績がございます。

入れ歯博士その経験を活かして大学教授を定年退職後に青山通り歯科タナカという歯科医院を2005年に開業します。
三代目の田中健久は、渋谷歯科タナカを2007年に開業します。

現在、歯科タナカグループは都内に6医院開設しておりますが、いずれの医院も入れ歯に関しては、こだわりをもって診療を行っています。

現在まで、入れ歯診療に対する試みは、歴史として長く受け継がれ継承されており、今後も歯科タナカグループの根幹をなす治療となります。
入れ歯治療は、昔ながらの技術を継承しつつ新しい技術を取り入れており、日々進化しております。

今後も、新しい人工歯や材料を診療の中に取り入れて、患者様1人1人に合った入れ歯を提供できるように努力したいと思います。
 

入れ歯博士が贈る『入れ歯へのこだわり』の関連記事

入れ歯博士が解説!よくわかる入れ歯治療まとめ
入れ歯博士が教える!「噛める入れ歯」
入れ歯博士が教える「老後を楽しむに最も重要なこと」

ホワイトエッセンス渋谷歯科の入れ歯治療の特徴

入れ歯は、専門的な知識や経験が必要になります。
ホワイトエッセンス渋谷では、入れ歯の噛めない理由などを診査・診断し、噛める状態へ導く治療、経験豊富なドクター自ら手作りの入れ歯を作成しています。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事