Top

保険でも咬める入れ歯を作りたい全ての患者さんへ


こんにちは、東京渋谷の歯医者ホワイトエッセンス渋谷歯科医師の田中健久です。

今回は、保険の入れ歯に関して、皆さんに説明したいと思います。

保険だから入れ歯は、咬めないのか?

保険じゃあなかなか咬める入れ歯は作れないと思っていませんか?

 

保険の入れ歯を作る際に、患者さんは、以下のような不安や疑問を持っているかと思います。

などなど保険の入れ歯に不安を感じている患者さんが非常に多いのが現実です。

また、ドクターもこれは保険だからしょうがないと考える場合も多いです。

保険外の自費の入れ歯は、確かにいいですよね。特に部分入れ歯の場合、バネを見えない形態に工夫できたりとメリットが多いです。

では、保険の入れ歯ですと機能が劣ったり、咬めなかったりするのでしょうか?

今回は、私見が多く入りますが、保険の入れ歯に関して、お伝えしていきたいと思います。

保険の入れ歯で、咬めるのか?

保険の入れ歯だから咬めないと思っている患者さんも歯科医師も多くいらっしゃいますが、私の見解は、保険の入れ歯だから、咬めないということは全くありません。

保険の入れ歯でも咬む、咬ませることはできます。

現にホワイトエッセンス渋谷にいらした患者さんのほとんどは、まず保険の入れ歯で咬めることを確認してから自費か保険かを選んでいただくのですが、ほとんどの皆さんは、咬めることを実感してから、材質の良い自費の入れ歯を作る流れとなっています。

そう!保険と保険外(自費)の入れ歯の違いは、咬める・咬めないではなく、材料の問題で、長持ちする・しないの違いになります。

なので、咬めますが、咬める状態をずっと維持するのは、難しいです。

なぜなら、保険の入れ歯は、材料の選択が限られているために、保険外(自費)の入れ歯の方が長く持つ材料を使用できます。

保険の入れ歯は、長く咬める状態を維持するのは、材質的に無理があり、擦り減っていきますので、ある程度の期間が経ちましたら、作り替えが必要になります。

保険の入れ歯で、壊れないか?

保険の入れ歯は、、保険外(自費)の入れ歯に比べると壊れやすいです。

特に部分入れ歯の場合は、プラスティックの部分が割れることが多いです。

これは、どうしてもプラスティックで細くなる部分から割れてしまいます。

こればかりは、保険の入れ歯の欠点になりますね。

材質が金属ではなく、プラスティックになりますので、強度的には、金属に比べると非常に弱いことが皆さんもお分かり頂けると思います。

保険の総入れ歯は、シンクなどの硬いところに落とすと歯が欠けたり、真っ二つに割れてしまいますので、注意が必要です。

一度割れてしまった入れ歯は、修理をしてもまたその部分から割れやすいという現象が起こります。

一度割れた部分は、くっつくことがありませんので、ヒビも入りやすいです。

問題は、保険の入れ歯の6ヶ月ルールになります。

保険で入れ歯を作成すると、その後6ヶ月経たないと入れ歯を新しく作成することができません。

このため、壊れた入れ歯を修理を繰り返して使用しなければならないという悲しい現実があります。

保険の入れ歯で、外れないか?

総入れ歯の場合、上アゴの入れ歯は、保険だろうが保険外(自費)だろうが、外れやすさは関係ありません。

きちんとした型採りと咬み合わせを与えることができれば、上アゴの総入れ歯は、外れやすくなることは、ないと思ってください。

今度は、下あごですが、これは何れにしても、舌があるので動きやすく、外れやすいんです。

下あごは、やはり1番難しくピタッとした型を取っても、咬み合わせが合わなければ、すぐにずれてしまいます。

これは、保険でも保険外(自費)でも同じである。

部分入れ歯の場合は、これが装置により変わってきます。

インプラントなどを埋め込み、その上に磁石を設定した入れ歯は、非常に安定感があり、外れません。

また、コーヌスと言われる天然の歯を用いて行う方法も非常に外れにくい入れ歯を作成することができますが、保険外(自費)となります。

部分入れ歯は、様々な装置を組み合わせることができるメリットがあります。

保険の入れ歯で、食べれるか?

根の治療後は刺激により痛みが出ることがある1番でもお伝えしましたが、保険の入れ歯でも咬めますし食べれます。

きちんとした咬み合わせの位置・高さを与えることにより、保険の入れ歯でも咬めるし、食べれます。

しかし、患者さんの中には、何症例と言われる患者さんがいらっしゃいます。

咬み合わせの位置が安定しない・ずれてしまう。

顎関節の位置が定まらずに変位してしまう。

このような患者さんは、保険でも保険外(自費)でも入れ歯が動いて・痛くて食べられないという現象が起こります。

保険の入れ歯で、喋れるのか?

入れ歯の発音を司るのは、右の図の赤の部分になります。

この部分は話す際に舌が触れる部分ですので、暑すぎても薄すぎてもいけません。

発音する際には、赤の部分に舌が触れて音を作りますので、なくてはならない部分いなります。

こちら保険の入れ歯は、強度の問題で厚くすることができますが、薄くすることが難しいです。

薄くしすぎると入れ歯が割れてしまい、修理しなければなりません。

保険の入れ歯で、痛くないのか?

こちらの質問をよく聞きます。保険だと痛くて咬めないのではないか?

保険だと痛みが出るのではないか?と心配される患者さんがいます。

これも前述した通り、保険だから保険外(自費)だから、痛い痛くないということはありません。

適切な位置で適切な咬み合わせを作ってあげれば、痛くなく咬むことができます。

保険の入れ歯は、咬める状態を長く維持するのが難しいだけです。

保険の入れ歯で、精度良いのか?

精度の話が出てきていますので、ここは部分入れ歯の話として、説明を行います。

部分入れ歯を作成する際に精度が必要な部分は、入れ歯と歯や被せ物との間になります。

ぴったりとしている入れ歯は、入れただけでも動きません。

この精度を増すには、金属の方が有利になりますので、保険の入れ歯よりも保険外(自費)の入れ歯の方が精度が良いです。

保険の入れ歯で、見た目は良いのか?

保険お入れ歯は、見た目は、保険外の入れ歯と比べると良くないです。

保険外(自費)の入れ歯は、材料の選択が自由ですので、様々な形態をとることができます。

その中でもノンクラスプ義歯(入れ歯)は、バネの銀の部分がありませんので、見た目が良く、入れているかわからない見た目となります。

保険の入れ歯で、素材は違うの?

保険の入れ歯は、材料の選択に制限がありますが、保険外(自費)の入れ歯は、材料の選択に制限がありません。

つまり、ドクターが患者さんに合っている素材を選択して、使用することができます。

材料に関しては、主に金属の種類であったり、磁石やボールアタッチメントなどの維持装置などと素材も色々となります。

保険の入れ歯ですと、ワイヤーか鋳造したバネかを選択したり、使用する金属が金銀パラジュウム合金とやや精度にかける素材となります。

やはり、部分入れ歯を制作する場合は、保険外(自費)診療が選択できると一気に治療の選択肢が増えますね。

保険・自費の入れ歯の比較

 保険の総入れ歯自費の総入れ歯
人工歯の色
少ない多い
人工歯の硬さ
柔らかい硬い
人工歯の形
少ない多い
人工歯の種類
同じ同じ
床の材質
プラスティック
金属
床の種類少ない多い
治療期間短い長い
精度
普通良い
強度普通強い
見た目普通良い
違和感
大きい少ない
費用
安い高い
耐久度
低い高い

人工歯の色

人工歯とは、入れ歯の歯の部分を指します。

入れ歯の歯には、種類があります。

レジン歯(プラスティック)・硬質レジン歯(強化プラスティック)・陶歯(セラミック)の3種類があります。

色に関しては、、それぞれの歯の材質で、たくさんの種類があり、歯科の各メーカーが、開発した人工歯をドクターが患者さんにあった色を選択します。

では、保険で義歯を作る際の人工歯の色の選択ですが、基本的に十分な色の選択ができると私は考えます。

そのため、保険だから色が少ないとは、思いませんが、保険外で使用する人工歯は、保険に比べて選択肢が多く多種多様の中から選べるメリットがあります。

人工歯の硬さ

前述しましたが、入れ歯の人工歯には、レジン歯(プラスティック)・硬質レジン歯(強化プラスティック)・陶歯(セラミック)の3種類があります。

この3種類を硬さで、考えると陶歯が1番硬いです。

しかし、硬ければ良いのかという問題もあります。

患者さんの中には、陶歯を使用すると咬んだ時に、カチカチ音がなると言われる方もいらっしぃます。

また、レジン歯を長年使われていた患者さんは、陶歯に変更すると咬めないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

人工歯の選択に関しては、患者さんにより、異なりますので、保険であれ、保険外の自費の入れ歯であれ、人工歯の硬さという意味では、あまり選択に大きな差は、出てこないと思います。

人工歯の形

人工歯を選ぶ際には、その歯の形を選ぶことができます。

女性の場合は、女性らしく角のない人工歯を選択します。

男性の場合は、男性らしく角のある力強い人工歯を選択します。

また、お顔の形を参考にして、人工歯を選択したりもします。

お顔が丸型の患者さんには、丸い人工歯を選択しますし、お顔が三角型の患者さんには、テーパーがある人工歯を選択します。

人工歯の形の選択において、保険と保険外の自費の入れ歯の差は、ありませんが、種類が保険外の自費の入れ歯の方が、多いので、選択の幅は増えます。

人工歯の種類

人工歯の種類は、前述した通り、レジン歯・硬質レジン歯・陶歯が一般的ですが、保険外の自費の入れ歯の場合は、ブレードティースやジルコニアティースや特殊な人工歯を選択することができます。

ですが、基本的に初めに書いた3つの人工歯を選択しますので、保険だろうが、保険外だろうが入れ歯の人工歯の選択においては、

床の材質

総入れ歯の場合は、写真で見てわかるように、金属で床の部分を作成しますので、強度的にも強く薄く仕上げることが可能です。

しかし、レジン(プラスティック)の厚みに関しても許容範囲で、問題ない・気にならないと言われる患者さんも多いです。

となると強度の問題になりますね。確かに自費で金属で仕上げたほうが、強度が高く作製できますので、入れ歯の割れにくさで考えれば自費の金属の入れ歯のほうが良いですね。

金属は、レジン(プラスティック)に比べて、薄く仕上げることができます。

保険・自費の総入れ歯の写真②

写真で見るとですが、入れ歯の金属部分が大きいですので、たわみが少ないです。

たわみが少ないということは、物を食べた時にたわまないので、噛み合わせがずれにくいということになります。

しかし、レジン(プラスティック)の入れ歯を長く使っていた患者さんは、たわみに慣れているので、金属で逆にたわまないと、逆に違和感を感じるそうです。

保険・自費の総入れ歯の写真③

この写真の自費の入れ歯は、舌の側に金属で補強したタイプになります。

金属の表面は、ツルッとした形態に仕上げることもできます。

上あごの入れ歯と同じように下あごの入れ歯も金属を使っているのでたわみは少ないです。

下あごの入れ歯は、たわみが少ない方が良いですね。

まとめ

保険でも咬める入れ歯は、作れますし、保険外(自費)だからと言って、咬めるわけでもありません。

しかし、咬める入れ歯の状態を長く維持しようと思えば、保険よりも保険外(自費)の方が、材料的に良いので、長持ちします。

また、ドクターによっては、材質だけではなく、入れ歯を作る工程でどれだけ時間をかけて細かく治療をするかで保険と保険外(自費)を分けているドクターもいますので、お気をつけください。


関連記事