Top

リラックスして受けられる!インプラント手術には静脈内鎮静法


歯の治療中のキーン!って音が苦手、不安や緊張で治療を受けられないという人達はたくさん存在します。
そのうえインプラント手術なんていうと絶対無理!と思うかもしれませんね。

花子
インプラントって顎の骨に器具を埋め込む手術のことですよね。考えるだけでも痛そうですよね…。

渋谷太郎
そんなに怖がらなくても大丈夫!
不安感の強い人でも、静脈内鎮静法ならリラックスして治療を受けることができるんだよ。

花子
治療中でもリラックスできるって、そんなやり方があるんですか?

リラックスした女性

渋谷太郎
気がついたら治療が終わってた、と感じる人もいるぐらい。
インプラント手術を安心して受けることのできる”静脈内鎮静法”について説明するよ。

 

インプラント治療とは?

歯を失ってしまったら、今までは入れ歯にするという選択肢しかありませんでした。
入れ歯だと、固いものが噛みづらかったり、長く使っているとガタついてきたりすることがあります。
そこで、歯を失った人のための新しい治療法がインプラント治療というもの。

インプラント治療とは、人工の歯根を顎の骨に埋め込んだら、その上に人工の歯を取りつける治療法のことです。
入れ歯よりも自分の歯のような自然な噛み心地を体感できます。

 

熟練した麻酔科医がついててくれるから安心できる

鎮痛薬を少しずつ点滴する方法です。
鎮痛剤が効いてくると徐々に眠くなってきて、うたたねのような状態になり、リラックスして手術を受けることができます
全身麻酔と違って、完全に意識がなくなりません。

花子
点滴と言っても麻酔には変わりないですよね?
麻酔と聞くとなんだか躊躇してしまいます。
安全性に問題はないんですか?

渋谷太郎
治療中は、経験豊富な麻酔科医が常に心電図、血圧、呼吸を監視しているから安心だよ。

花子
そうなんですね。
今までインプラント手術は怖いから受けたくない、と言っている人に教えてあげたいですね!

静脈内鎮静法のメリットとデメリット

    メリット

  • ・治療中はリラックスしているから治療時間が短く感じられる
  • ・お体の調子が気がかりな方でも負担が少なく安心して受けられる
  • ・お口の奥に器具が入ると、吐き気がする方にも有効
  • ・局所麻酔だけよりも、骨を削る際の振動などの心理的不安が解消される
    デメリット

  • ・麻酔科医に支払う時間単価が上乗せされることで費用の面で負担が大きくなる
  • ・手術後は自動車の運転ができないので送り迎えが必要になることも
  • ・アレルギーのある方は適応にならない場合もある

メリットデメリット

 

インプラント手術には静脈内鎮静法のまとめ

念願の歯を手に入れたらもう歯医者はお役御免!
ではなく、術後は定期健診を忘れずに受けるようにしましょう。
面倒に感じるかもしれませんが、インプラント以外の自分の歯を、これからできるだけ失わないようにするには、必要なことです。
他の歯や歯茎をいたわることで、インプラントを長持ちさせることができますよ。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事