Top

ホワイトエッセンス渋谷歯科のインプラント治療の流れ


ホワイトエッセンス渋谷歯科のインプラント治療9つの流れ

ホワイトエッセンス渋谷歯科のインプラント治療は大きく9つの流れに分類されます。
その9つを順を追ってご紹介いたします。
インプラント治療の流れ※クリックで拡大表示できます。


 

無料相談

無料相談・CT撮影まずはお気軽にご相談ください。
どのようなお悩みがあり、どうしたらインプラント治療でQOLを高めることが出来るのか一緒に考えて行きましょう。

CT撮影も無料で承りますので、現状の把握と治療にかかる期間や費用の説明も行わせて頂きます。

 

資料収集、虫歯・歯周病治療

歯周病治療インプラント手術を行う前には口の中が衛生的にきれいな状態でなければなりません。
これは術後の感染のリスクを低減することにもつながり、またインプラントだけでなく、口の中全体での総合的な治療の計画・推進を行う上で非常に大切な部分になってきます。

 

CT撮影

CT撮影顎の骨は立体的であるため、正確な位置にインプラント手術を行うためにはCTで三次元的な画像を得る必要があります。
当院ではインプラント治療を行う患者様には全員CT撮影を行ってから計画を立案していきます。

 

シムプラント

シムプラントCT画像は【シムプラント】という画像診断ソフトにてインプラントの長さや太さの設計をしていきます。
神経や血管など体に重要な組織を避けるように設計していきます。
ここから導き出される計画は安全性の高いものとなり、手術を行ううえで非常に重要な部分となります。

 

インプラント手術

インプラント手術手術は主に午前中に行います。
CTや模型上で計画した通りにインプラントの埋入を行います。
術中は麻酔でコントロールされることで痛みを感じることはありません。
術後は縫合し、インプラントが感染するリスクを低減させます。
手術まではきちんと説明をし納得されてから行います。インプラント専門医がおりますので安心してください。

 

消毒、抜糸

消毒・抜糸手術のあとは翌日に消毒に来て頂きます。傷口の状態などをチェックしていきます。
また10日〜2週間後に縫合された糸を除去します。
それまでの間は特に清潔に保っておくことが大事ですので、残っている歯は歯磨きをしっかり行い、また傷口は刺激しないように処方された含嗽剤を使用するようにしてください。

 

結合期間

結合期間インプラントは手術後一定の期間骨の中で眠らせ、骨と結合するための時間をおきます。

    • 上顎で3〜4ヶ月
    • 下顎で2〜3ヶ月
    • 骨造成した場合は6ヶ月

これにより強固に骨と結合し、その後咬む力に対し安定した力を発揮してくれます。

 

二次オペ

2次オペ結合期間を待ったらインプラントの頭に長いネジを装着し、歯茎の上に露出させます。歯茎の状態によっては強い歯茎を作るために上顎から歯茎を移植することもあります。
歯茎が治癒するのを待って上部構造(被せ物)を作る態勢に入ります。

 

仮歯の印象、セット

仮歯の印象、セット歯茎が治ったらまずは仮歯を作るための型採りを行います。
インプラントは寸分の狂いが大きなエラーとなりますので、型採りは精密さが要求されます。

仮歯をセット後は見た目や機能を確認し、より元の歯があったような状態に形態を修正することを行っていきます。

 

上部構造セット

上部構造セット仮歯で歯茎の形態や機能性を調整した後、最終的に強度のある上部構造に置き換えます。
ここでも型採りは必要ですが、ここまできてようやく治療の流れを終えることが出来ます。
セット後は噛み合わせや清掃状態などのチェックを行い、定期的にメインテナンスを行っていきます。

 

メインテナンス

メンテナンスインプラント上部構造セット後は、ここからがスタートと言っても過言ではありません。
インプラントは天然歯とは違う構造で繊細です。
噛み合わせの調整や歯垢の除去など細かいメインテナンスが重要です。
これからインプラントで快適に豊かな生活を送っていくためにも、また他の歯を守っていくためにも定期的にケアをしていくことを心掛けましょう。

 

ホワイトエッセンス渋谷歯科のインプラント治療の流れのまとめ

事前の診査診断ご理解いただけましたでしょうか。
正確な診査・診断のための事前の下準備を徹底して行います。
まずは無料相談へお越しください。


ご予約はこちらからどうぞ

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事