経験豊富なオールオン4治療

オールオン4とは

オールオン4インプラント治療において近年注目を集めるオールオン4。

この治療技術はポルトガルのパウロ・マローによって生み出され、マローが経営するインプラント専門医院にて研究を重ねた結果、その画期的技術が世界中に広がりを見せています。
オールオン4治療は4本のインプラントを上顎と下顎に埋め込むことで、口内全体にある歯を支えるものです。

これまでインプラントと言えば、顎から真っ直ぐに埋め込みを行うことが主流であったため、その本数が自然と増加してしまい治療を望む患者様にも負担が掛かるものとされてきました。

また総入れ歯や歯のダメージが広範囲に及んでいる場合には8〜10本ものインプラントを埋め込む必要性もあるため、患者様の費用面での負担はとても大きいものへとなってしまいます。

しかしこちらのオールオン4はわずかに4本のインプラントのみを使用するという画期的な治療法であり、これを利用することで費用面や治療期間での負担を最大限に減少することが可能となったのです。

またこれまでインプラント治療を躊躇ってきた患者様も気軽に行うことが可能となります。

通常行われるインプラント治療は顎骨の量が足りない場合、その治療は難しくなり、骨移植も含めた内容を検討されます。
ですがオールオン4治療では、これらの弱点を全て克服し、外科的手術での精神的な負担、体力的な負担も極力抑えて、入院期間なども短縮できるのです。

オールオン4の治療の流れ

静脈内鎮静下での治療

  1. まずは歯科医院にてお口の状態を詳しく診察します。
  2. お写真で現在の状態、歯茎や骨、噛み合せを診査、入れ歯を装着されている患者様の場合は問題があるかどうかもしっかりと診査していきます。
  3. オペのご説明、今後の治療について医師と相談しお日にちを決めていきます。
  4. またオペ当日は出来る限りラフな服装でお越しください。
  5. さらに手術に必要とされる時間は患者様のお口の状態にもよりますが、約2時間前後を目安としております。
  6. 術後は2時間ほどお身体をお休み頂いて、その間に仮歯をお口に固定します。

仮歯は約6〜8ヶ月の治療期間中はご使用頂いたままの状態となりますので、必ず術後は定期的な検診を行ってください。

オールオン4に適している症状とは

適した症状オールオン4の技術は、特にある症状の方に絶大な効果を発揮すると言われています。
それは総入れ歯の患者様です。
総入れ歯の場合、治療する範囲が広いために多数のインプラントを使用しなくてはなりません。その結果、治療費や手術の回数など患者様にとっては大きな壁が立ちはだかっていました。
ですがオールオン4の治療法ならば、わずか4本のインプラントで全ての人口歯を支えることが可能となるため、治療過程での負担がとても軽減されます。
そして顎骨の量が少なくインプラント治療を断念した患者様の場合にも、オールオン4は特別な効果を発揮します。
というのも、インプラントは顎骨に埋め込むことでそれを固定させていますが、骨量が少ない場合にはその安定感が保障できないために治療が勧められません。
しかしオールオン4は顎骨の多いポイントに埋め込むことで、この欠点を補い骨量の少ない患者様にも治療をご案内することが可能となるのです。

オールオン4の費用とは

噛む老夫婦オールオン4にかかる費用はそれぞれの医療機関によっても異なってしまうのですが、おおよその相場として上顎、下顎のそれぞれを治療した場合には200〜300万円前後というのが目安となっています。

また上下の顎を同時に治療すれば多少割引になることもあるようですが、その場合には400万円弱というのが相場のようです。

上記の金額だけをご覧になれば高額と感じるでしょうが、実は通常のインプラント治療は1本の人口歯につき40〜50万円とオールオン4よりも費用は割高になってしまいます。

またオールオン4は外科的手術を含めての金額ですから、やはり費用面でも優れた治療法と言えるでしょう。

価格としては安いですが、それでもインプラントですから通常の治療と比べて劣る心配もありません。
さらに審美的にも耐久性にも優れた仕上がりになること、そして噛み合せは80%が回復することが見込まれています。

ただし一番奥の歯である第二大臼歯に関しては一列に並ぶことは難しいとされています。

ですが、術後から固定式の人口歯によって噛むことが可能となるケースもあり、噛み合せの不安定さなどからも解消されることを考えればやはりオールオン4の治療は安く、優れた内容と言えるでしょう。

All-on-4 (6)の料金

All-on-4All-on-6
オペ料金
診査・診断料、サージカルガイド、インプラント体、仮歯、薬剤料
※骨増生・残存歯への処置は別料金
¥1,500,000¥2,000,000
静脈内鎮静法¥70,000¥70,000
仮歯の作り直し¥100,000¥100,000
最終上部構造物アクリリック(保証なし)¥500,000¥1,000,000
ハイブリッド(5年保証)¥1,500,000¥2,000,000
セラミック(5年保証)¥2,000,000¥2,500,000
メンテナンス¥8,000¥8,000

※治療費は医療費控除の対象となります。詳しくは税務署のHPをご覧ください。

最終上部構造物の特徴

審美性清掃性強度耐久性その他
アクリリック★★★★歯ぎしりのある方では歯の磨耗が早い
ハイブリッド★★★★★★★★★★★★破損した場合の修理が比較的容易にできる
セラミック★★★★★★★★★★★★★★★★★プラークがつきにくい
欠けることがある

※メンテナンス時に調整をしますが、状態に応じて修理が必要になることがあります。
その際は度合いに応じて修理費用が発生します。
※アクリリックには保証期間がありません。ハイブリッド・セラミックは5年保証になります。

All-on-4 (6)の修理

保証の対象外の上部構造物にトラブルが生じた場合、修理費がかかります。

修理(簡易)修理(難易度1)修理(難易度2)
詳細上部構造物を口腔内から撤去せずに可能な修理上部構造物を口腔内から撤去して行う修理上部構造物をお預かりして行う修理
価格¥10,000+材料代
(人工歯代など)
¥20,000+材料代
(補強ワイヤーなど)
¥50,000+材料・技工代
特記例:人工歯の脱離や破折例:歯ぐき部分の破折 当日は仮歯の状態で
ご帰宅いただきます。

 

All-on-4 (6)の保証

インプラント体

インプラント体は埋入日より保証を開始しますが、保証割合(当院負担)は以下の通りです。
なお、患者様負担料金は以下の式より算出します。

セット日より当院負担割合
2年以内100%
2〜4年以内80%
4〜6年以内60%
6〜8年以内40%
8〜10年以内20%
10年以上0%

上部構造物

アクリリックは保証の対象外となります。

ハイブリッドとセラミックは上部構造物セット日より5年以内に生じた不具合について無償にて保証いたします。

以下の場合は保証致しかねます。

  • 当院が規定する3〜6ヶ月の定期検診を受診していない場合
  • 患者様の過失や事故、外傷など当院の責任でない場合
  • 診療開始時に全く予期し得ない口腔状態の変化が生じた場合
  • 無理な使用や当院の指示に従っていただけない状態で使用した場合
  • ナイトガードの再製作・修理
  • 上部構造物が変色した場合
  • 保証書を紛失した場合


関連記事