Top

埋伏している親知らずを抜歯する流れ


親知らずが痛くなって歯医者さんに行ったら“抜きましょう!”なんていきなり言われて憂鬱になったことはないでしょうか。
でも自分の親知らずが横に生えていてすぐに抜けない状態である場合、“歯茎を切ります”、“骨を削ります”なんて言われたら余計に不安になりますよね。

しかし、いざ抜歯が必要になった場合、これは自分の身体のことですから、歯医者さんがどのようにやっているのか流れを知ることも重要です。

今回は横に生えている親知らずの抜歯の流れについて説明します。
 

横に生えている親知らずの抜歯の治療の流れ

  1. 歯茎を切開する
  2. 歯ぐきを切開する親知らずが歯茎に覆われている場合は抜くためのスペースの確保をしてあげなければなりません。そこでまず第一に行うのが歯茎を切ることになります。
    歯科医師は親知らずに限らず治療を行う際は視野の確保が非常に重要です。
    狭い視野で行うことは治療を難しくさせるのです。
    歯茎を切り、親知らずの位置関係や周りの取り囲んでいる骨の量などを確認することで次のステップに入りやすくします。

  3. 歯を分割する
  4. 歯を分割する手前の歯に引っかかっている場合は無理に抜こうとしても不可能です。抜くためにはまずは引っかかりを除去する必要性があります。
    歯を分割することになります。
    分割して歯冠(頭)と歯根(足)に分けて抜くことで横向きの歯を抜きやすくします

    この際、先程の歯茎を開くスペースが狭かったりした場合は、歯を分割するときに使用する高速回転のバーが歯茎を巻き込んでしまうことがあります。
    もし巻き込まれてしまった場合、多くの出血をしてしまうこともありますので、術野の明示をきちんと行うことが大事になります。

  5. 歯を抜く
  6. 歯を抜く歯を分割した後は歯冠と歯根をそれぞれ分けて抜歯します。
    歯冠を抜歯した後にそこに出来たスペースに歯根を引き上げてきます
    ただし、分割しても歯が骨の中に埋まっていた場合は、スペースがなく歯を引き上げることが出来ないので、周囲の骨を削ることもあります。

  7. 縫合する
  8. 縫合する抜歯した後は切開した歯茎を縫い合わせます。
    この縫合は重要で、もちろん開放したままでは出血を止めることが出来ません。
    きれいな縫合はその後の治癒をもきれいに行わせます。
    きちんと縫合し、止血が確認出来れば終了です。縫合した後は約10日〜2週間程の間で抜糸することとなります。
    縫合した糸には汚れが溜まりやすくなるので、清潔に保つことが大事になります。

    傷口は炎症を起こしていて触れると痛みや出血を伴いますので、含嗽して汚れを除去することがよい方法となります。

 

完全に埋まっている歯を抜いた後の症状

顔が腫れる歯茎を切開したり骨を削ったりした場合の抜歯は炎症反応が大きく生じます。
顔が腫れる、出血がする、強い痛みがでる、口が開きにくい、嚥下が行いにくい、あざが出来るなど治癒の過程で様々な症状が現れます。
術後48時間をピークに、1週間〜10日程かけて徐々に治っていきます
抜歯後は運動やお酒など控えるべき行動もあり、炎症状態によっては生活に支障が生じることもありますので、スケジュールを確認してから抜歯するとよいでしょう。

 

埋伏している親知らずを抜歯する流れの関連記事

知っておきたい親知らず
親知らずが痛くなった時にできる4つの応急処置

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事