Top

抜かなくて良い親知らずがあるって本当?


親知らずは、悪さをする歯もあればそうではない歯もあります。
全てを抜歯する必要がないって知っていましたか?
ほうっておくと、悪さをして、抜歯しなきゃいけない歯とほうっておいても問題ない親知らずに関して、説明しますね。

 

抜かなきゃならない親知らず

1−1、真横にや斜めに生えている親知らず

真横斜め親知らず
真横や斜めに生えており、手前の歯を押している場合、抜かなきゃなりません
真横や斜めに親知らずが生えている場合、今後真っすぐ生えることは、まずありません。この場合、虫歯や歯周病や口臭や歯並びが悪くなる要因となります。
できるだけ早く、抜歯を行いそれぞれの症状が、進行するのを防ぐ必要があります
放置した結果、親知らずも手前の歯も抜歯しなければならないというケースもあります。
真横に生えている場合は、食べ物が手前の歯との間につまりますので、口臭の原因となります。

 

1−2、中途半端に歯肉が被っている親知らず

中途半端歯肉
中途半端に歯肉が親知らずに被っている場合、抜歯を考えましょう
歯肉と歯の間に、食べかすが入り、ヒドい口臭や虫歯や歯周病の原因になります。
歯肉が汚れにより、炎症を起こすと上アゴの親知らずと歯肉を咬んで挟んでしまい、そちら側でかむことが、困難になります。
上記のような症状になる前に、早めに抜歯を行いましょう。

 

1−3、妊娠・出産を、今後考えている女性

妊娠出産
妊娠をすると、ホルモンのバランスが、崩れます
これは、女性ならば誰しもが経験したことがあるのではないかと思います。

  • ホルモンのバランスが崩れると歯周病でもないのに、歯肉が腫れたり、出血します。
  • そんな時に親知らずが、中途半端に生えている場合は、炎症を起こします。
  • 妊娠中は、つわりで歯ブラシを奥に入れられません。
  • 妊娠中は、お腹の中に赤ちゃんがいるので、むやみに薬が飲めません。
  • 妊娠中は、親知らずの抜歯が行いづらいです。
    麻酔を行うことは、可能ですが、抜歯後に薬が飲めません。

上記の内容で、今まで、何度も妊娠中に困っている妊婦さんを見てきました。
歯科医院に何度も通ってもらい、洗浄やブラッシングを繰り返すことになります。
出産後は、授乳がありますので、それはそれで、抜歯をするタイミングは、難しいです。是非、若いうちに親知らずを抜歯することをおすすめします。

 

1−4、虫歯が神経に達している親知らず

虫歯神経
親知らずが、真っすぐ生えていても、虫歯が進行して、神経に達している場合は、抜歯が必要になります。
これは、親知らずは、根が曲がっている場合も多く、しかも1番奥ですので、しっかりと神経の治療を行うのが、難しい場合があります。
このような事を考えると早めに抜歯をオススメします。
虫歯が神経に達する場合は、痛みが強いです。
我慢できないくらいの痛みになりますので、まずは、神経の痛みをとる治療を優先させて、その後に親知らずの抜歯となります。

 

1−5、顎関節症で顎が開かない場合

顎間接症
顎関節症で、長時間お口を開いていることが、できない患者さんは、親知らずが虫歯や歯周病や口臭の原因となっていた場合に、第1選択肢として、抜歯があげられます。
なんとか治療をして、親知らずでも保存してあげたいと思いますが、お口を開けることが、困難の場合は、抜歯をするしかありません。

 

2、抜かなくても良い親知らず

2−1、真っすぐ生えてる親知らず

まっすぐ
真っすぐ生えていて、対合する親知らずとしっかり咬んでいる場合は、抜く必要はありません。
真っすぐ生えていると虫歯にも歯周病にもなりにくいですので、お口の中でちゃんと機能します。
対合する親知らずときちんと咬んでいるも重要なポイントです。
対合する歯と咬んでいない場合は、上アゴですと下に親知らずが伸びてきます。
そのために、抜歯が必要になります。

 

2−2、手前の歯が、虫歯が深くて抜歯

手前親知らず
手前の歯を抜歯しなければならないケースの場合、移植という手もありますが、親知らずが真っすぐ生えている場合などは、ブリッジにすることもできます
真っすぐ生えていることが条件となります。ブリッジにした後は、ブッリジ下は、 汚れがたまりやすいので、できるだけきれいに保つことが、重要になります。

 

2−3、顎関節症でない方

顎間接症ではない方
顎関節症などで、顎を大きく開いていることができない場合、治療ができませんが、顎関節症ではなく、口を大きく開いて治療をすることができる場合は、むやみに抜かずに、治療することができます。

 

3、抜かない親知らずの活用方法

3−1、手前の歯が大きな虫歯

大きな虫歯
手前の歯が大きな虫歯で、親知らずは、虫歯ではないケースは、親知らずを移植するという方法が選択できます。
親知らずの移植は、以前は、あまり行われていませんでしたが、インプラントの前に、親知らずを移植するというケースが、今、増えています。
親知らずの移植は、非常に注目されており、もし、親知らずが骨と付着してしまっても、10年くらいは、使えますので、それからインプラントでも、遅くはないという考え方になってきました。
私も親知らずの移植は、積極的に行っていますが、成功率も90%と非常に高い結果を出しています。また、手前の歯へ、移植する歯は、他の部位の親知らずでも、問題ありません。
歯の移植に際に、大活躍するのが、CTになります。CTがあると移植の前に親知らずの長さ、太さ、幅など全ての情報が集まります。
また、移植する穴の大きさも測ることができますので、準備ができますので、手術も計画通りに終わらせることができます。

 

3−2、親知らずを矯正する。

親知らず矯正
抜くのではなく、手前の歯がない時など、その部位まで引っ張り出してくることができます。
そうすることで、インプラントや移植をする必要がありませんので、リスクも少ないですし、非常に自然な形で、親しらずで咬むことができます。

 

3−3、入れ歯装置として使用する

入れ歯
親知らずも残しておけば、入れ歯のバネをかけたり、装置として利用することができます。
しかし、それまで、虫歯や歯周病にならないようにブラッシングやクリーニングが重要になります。
入れ歯の装置として、利用した場合も、ブラッシングやクリーニングで維持して行くためのメンテナンスが重要になります。

 

まとめ

親知らずは、虫歯や歯周病でなく、かみ合うことができる状態であれば、素晴らしい状態を維持できますね。
しかし、ひとたびそのバランスが崩れたり、虫歯になると我々にとって、牙をむいてきますので、気をつけないといけませんね。
親知らずを抜く必要性に関しては、こちら「歯医者が提言!親知らずが招く8つのトラブル!」も参考にしてみてください。
 

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

また、親知らずの抜歯治療の流れも順を追ってご説明しています。


ホワイトエッセンス渋谷歯科の
親知らず抜歯治療

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事