知覚過敏症状

 

冷たい水がしみる!知覚過敏の代表的な症状とは

知覚過敏という言葉は、最近では歯磨き粉のテレビコマーシャルでも使用され、皆さんの理解が深まっているようです.

やはり、歯の痛みや違和感とは、顔をゆがめてしまうほど不快なものです.

では、知覚過敏の症状とは具体的にどのような症状があるのか確認してみましょう.

自覚症状が少ないだけで、実は自分も知覚過敏かもしれません。症状が強くなってつらい思いをしないように、少しだけ自分の生活習慣を振り返ってみてください.

 

知覚過敏は痛い?

虫歯を経験したことがある人であれば、歯の痛みがどれほど嫌なものであるかは説明する必要がないかもしれません.

虫歯の場合、顔をゆがめてしまうほど痛かったり、お話をするもの嫌になったり、大好きな美味しいものを前にしても食欲がなくなってしまったり、神経まで虫歯が達しているとズキズキとした鋭い痛みや重い痛みが長時間続きます.

では、知覚過敏の痛みとはどのようなものでしょうか.

 

知覚過敏の主な症状

知覚過敏かもしれないと、自覚症状をもって歯科医院を訪れる患者様がよく訴える症状として、“冷たいものがしみる”という症状があります.

このフレーズは、確かに知覚過敏用の歯磨き粉のCMでもお馴染みになっています.

歯磨き時に冷たい水で口を濯ぐのがつらい、お風呂上りにキンキンに冷やしたビールを飲むのがご褒美だったのに、一口目が痛いという方もいらっしゃいました.

冷たいものが“一時的”にしみるが、しっかり毎食後の歯磨きなどを実施しているので虫歯ではないはずというお口の健康に自信を持った方は、初診の段階で知覚過敏かもしれないとお話をされる方が多いです.

 

この痛み、不快感も知覚過敏?

知覚過敏とは、この字のごとく知覚が過敏であることです.

そのため冷感や痛み以外にも歯の感覚が過敏であること全般を知覚過敏ということができます.

患者様の中には、“冷たいものはあまり気にならないから、知覚過敏ではないかもしれない”と“歯がサワサワする感じ”、“なんとなくかゆいような一瞬の痛みです”といった症状を訴える方もいらっしゃいます.

知覚過敏の患者様に共通しているのは、冷たい水に限らずその感覚を感じる何らかのきっかけがあるということです.

 

冷たいもの以外の知覚過敏

毎晩の歯磨きの際に歯ブラシが当たったり、歯磨き粉がたくさん付くと痛いといった症状を訴える方もいらっしゃいます.

また、流行りのランニングの際に、風が当たると前歯が痛くてというスポーツマンの方もいらっしゃいました.

同じように、冬になると風がしみて前歯が痛いのでマスクをしていますという患者様もいらっしゃいました.

大切なのは、冷たいものでしみないから知覚過敏ではないから大丈夫、気のせいだろうという自己判断ではなく、この違和感はなんだろう、歯科医院で相談してみようというお口の健康維持の姿勢です.

 

まとめ)いろいろな種類の知覚過敏症状

知覚過敏という症状は、テレビコマーシャルの影響もあり一般的な理解が高まりつつある症状の1つです. 一方で、冷たいものがしみる=知覚過敏という偏った認識があることは、注意が必要です。知覚過敏の症状は、生活習慣によるものや、ホワイトニングの薬剤によるものなどその原因は各患者様によって異なります.

自分の歯の違和感が、どういったことがきっかけで起こるのか、例えば冷たいものを飲んだとき、風が当たったとき、甘いものを食べたときなど、痛みや違和感の表現のほかに、どういったシチュエーションで起こるものかにも気を配るようにできるとよいと思います.

一瞬の痛みや違和感でも気軽に相談できる、かかりつけ医を持つことが大切です.



関連記事