歯がしみる!知覚過敏の原因と対処法

歯が染みる
何かを飲んだり、冷たいものを食べたりするとき、歯がしみることってありませんか?それ、ひょっとすると、知覚過敏かもしれません。
歯がいたいと、せっかくのおいしいものが台無しになってしまいますよね。おいしいものは食べられない、気分は沈む、いいことなんてありません。


でも、そもそもこの知覚過敏って何なんでしょうか?虫歯とは違うもの?どうすれば知覚過敏を治しておいしくご飯が食べられるようになる?いろんな、知覚過敏にまつわる疑問にお答えしましょう。

 

知覚過敏が起こってしまう原因

まず、知覚過敏が生じる原因ですが、それはズバリ、「象牙質」の露出です。

歯の構造

歯には、表面にエナメル質、その内側に象牙質という部分があります。
その表面にあるエナメル質が削られ、内側にある「象牙質」という部分が露出することで、刺激が伝わってしまいます

その象牙質には象牙細管という細い管があり、そこを通じて歯髄に刺激が伝わってしまい、歯に痛みやシミが引き起こされるのです。

では「象牙質」が露出する原因は何でしょうか?
主な原因が3つあります。それは

  1. 無理なブラッシング
  2. 歯周病
  3. 歯ぎしり・かみ合わせ

それぞれの原因について簡単にご説明しましょう。
 

①無理なブラッシング

 

無理なブラッシング

エナメル質を破壊する一番の原因が、この無理なブラッシングです。固い歯ブラシで、力を入れすぎてブラッシングしたり、また必要以上にブラッシングの回数を増やしたりするとき、エナメル質が壊れてしまい、その内側の象牙質が現れて、知覚過敏になってしまいます。

もちろん、1,2日ですぐにエナメル質が壊れてしまうことはありません。
ですが、無理なブラッシングを何日も何日も繰り返していくと、やがてエナメル質を壊してしまい、知覚過敏になってしまうでしょう。

それにくわえて、歯磨き粉も適度に使う必要があります。
歯磨き粉には研磨剤が含まれていますので、過剰に使うとエナメル質が壊れやすくなるのです。
 

②歯周病

 

歯周病

歯周病も知覚過敏の原因として、多く報告されています。エナメル質の薄い所は歯の根元部分です。歯周病によって、歯周組織が炎症を起こし破壊されてしまいます。そうすると、歯茎が後退しエナメル質の全くない部分が露出してしまいます。そうすると刺激を直接感じる象牙質が露出し、結果、知覚過敏が引き起こされてしまいます。
 

③歯ぎしり

 

歯ぎしり

歯ぎしりやかみ合わせの悪さ、が知覚過敏の原因にもなります。
寝ている間に知らず知らず、歯ぎしりをしたり、奥歯をかみしめたりすると、固いエナメル質同士がこすり合わされ、エナメル質が削られてしまいます。そうすると、下にある象牙質が露出してしまい、知覚過敏が引き起こされる、というわけです。

近年、この歯ぎしりが、知覚過敏の主な原因ではないかといわれています。また、歯のかみ合わせが悪いと、歯の一部分だけに力がかかってしまい、そこのエナメル質が削り落ちてしまうのです。その部分の象牙質が露出し、知覚過敏の原因になります。

これら以外にも、老化による歯茎の後退、ホワイトニング、エナメル質を溶かす酸が入った食品による酸蝕歯、などが挙げられます。
 

知覚過敏の対処法

 
こうした知覚過敏が症状として現れた場合、どうすればよいのでしょうか?

いうまでもなく、一番良いのは歯医者さんに行き、治療してもらうことです。
でも、なかなかそんな時間が取れない、という方もたくさんおられるでしょう。

それで今回は、自宅で、そして自分でできる知覚過敏の対処法についてご紹介します。

効果が表れるまでには個人差がありますので、一概には言えませんが、一般的な対処方法をご紹介します。

まず、自分でできる対処法として、知覚過敏用の歯磨き粉を使うことです。

知覚過敏用歯磨き粉
最近では知覚過敏専用の歯磨き粉も良く見かけるようになりました。
こうした知覚過敏用の歯磨き粉の多くには、硝酸カリウムという成分が含まれています。

この硝酸カリウムが露出した象牙質を優しくカバーし、刺激が象牙細管まで伝わらないようにしてくれるのです。

象牙質を守ってくれる、という意味で簡易的なエナメル質の働きをしてくれるので、知覚過敏の症状が緩和される、というメカニズムとなっています。

しかし、この知覚過敏用歯磨き粉で症状が良くならない場合には、歯医者に一刻も早くかかることをお勧めいたします。

 
次にお勧めしたいのが、唾液をいっぱい出すこと、です。

よだれを出す
唾液の中にはカルシウム・リンなど丈夫な歯に必要なミネラルがたくさん含まれています。
ですから、唾液をたくさん出すことでなくなってしまったミネラルを補い、知覚過敏を治すことができます。

でも、唾液をたくさん出すって、どうすればいいの?と思われるでしょう。
そこでお勧めなのが、キシリトール入りのガムです。


できればキシリトール70%程度のものをチョイスしてください。
キシリトールを噛んでいると唾液が出ます。

ポイントは、その唾液をすぐに呑み込まないこと、です。5分くらい口の中で噛みながら、唾液を歯にしみこませる、そんなイメージで噛むと効果が高くなります。

また、普段の食事でもよく噛むようにすればたくさん唾液が分泌されます。ですから、ゆっくりたくさん噛みながら食べるようにしましょう。

 
夜寝るときのマウスピース装着も効果があります。

マウスピース
そもそも、知覚過敏の原因の一つは、歯ぎしりによってエナメル質が削れてしまうこと、でした。

ですから、マウスピースを着用して寝ることで、歯ぎしりがなくなり、それが知覚過敏を予防し、症状を和らげてくれます。

加えて、知覚過敏の痛みがひどい場合に、応急処置として「消炎鎮痛剤」の内服ができます。

ですが、これらは一時的な処置にすぎませんので、どうしても歯医者に行く時間がない、とか、明日明後日まで我慢しなくちゃいけない、といった緊急時の処置、と思ってください。

時間を作ってすぐに、歯医者に行き治療することをお勧めいたします。

知覚過敏は、本当につらいものです。最初はちょっと我慢すれば大丈夫、くらいにしか思っていなくても、それが続くと、我慢できないほどの痛みになってしまいます。
そうなると、歯医者に行って時間がとられてしまいますので、とっても大変です。

普段から、正しいブラッシングを心がけること、歯ブラシと歯磨き粉にもしっかりと気を配って選ぶこと、また定期的に歯医者での検診を受けること、など予防することをまず心がけるようになさってください。



関連記事