Top

ホワイトニングした歯はどれくらいもちますか?


ホワイトニングをするとどれくらい効果が持続する?というのは興味がる方が多いのではないでしょうか。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングホームホワイトニングがあり、どちらの方法でも一定の期間が過ぎれば効果は薄くなっていくことは共通しています。
これからやってみようかなと思っている方は、持続期間も頭に入れて検討されるとよいですね。

 

笑顔のナース

 

持続期間は長くて1、2年

ホームホワイトニングは徐々に歯を白くしていく方法から、持続期間は1年以上が期待できるでしょう。
せっかくやるなら長持ちさせたいという方に、効果が長持ちする理由をお伝えしたいと思います。
 

beautiful woman pointing to teeth

 
花子
ホームホワイトニングは自分で継続して行うことで手間もかかりますが、長持ちすることは魅力的ですね。

渋谷太郎
そうですね。
オフィスホワイトニングでは1回で歯が白くなりますが、持続期間は長くても半年ほどと短めです。
一方ホームホワイトニングの薬剤は一般的に扱えるように、濃度が薄く調整されています。
そのためすぐに真っ白にはなりませんが一定期間しっかりとホワイトニングを行うことで、じっくりと歯に浸透させていくことができるのです。

花子
いったん効果が出れば1年以上効果の継続が見込めるのは嬉しいですね。

渋谷太郎
そうですね。
しかし食生活や喫煙など、口内環境によっても持続期間は変わってきます。
白さを長持ちさせたいという人は、歯に着色汚れが出やすい食べ物や飲み物は避けるほうがさらに効果的ですね。

 

白さの敵!着色汚れを少なくするには

ホワイトニングの効果は半年、1年以上などと言われますがそれはあくまでも平均的な数値です。
日ごろから着色汚れを引き起こさないような工夫をすることも、効果を持続させるためにはとても大切です。
 

花子
ホワイトニングをした人が日常的に気をつけておきたいことを教えてもらえますか。

渋谷太郎
コーヒー、紅茶、ワイン、タバコなど着色汚れの原因となるような食べ物や嗜好品は、避けるほうが無難です。
どうしても口にしたい時は、コーヒーなどを飲んだ後に水で口をすすぐ等して、色素の沈着を防ぐように心がけてみてはいかがでしょうか。

 
Fotolia_67572053_XS

 
花子
普段から気をつけるだけでも変わってくるのですね。

渋谷太郎
カレーなど色の濃い食べ物や、合成着色料が含まれている食品はうっかりすると口にしてしまうこともありますので、早めに歯磨きをしてフォローをすることも大切ですよ。

 
Fotolia_83008005_XS

 

まとめ

いかがでしたか。
真っ白な歯をできるだけ長い期間保つには、日ごろからの心がけを見直してみることも大切なようです。
自分でホワイトニングを行う場合でも、時には歯科医に相談しながらすすめることで、白さを持続させるヒントを得たり、虫歯などのトラブルの早期発見にもつながるでしょう。
口内環境に気を配りながら、ホワイトニングで白くすてきな口元を目指してみてはいかがでしょうか。
 

白い歯

 

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事