Top

歯のホワイトニングを自宅で行う手法


誰しもが白い歯に憧れると思います。
テレビでみる芸能人は、白い歯が輝いて見えます。
歯科医院でやデンタルエステで行うホワイトニングは、値段が高いから自宅で手軽に歯を白くできないかとお考えだと思います。
正しい知識をもって、自宅でホワイトニングを行いましょう。
自宅で歯を白くするホワイトニングには、歯の汚れや着色を落とす歯磨き粉を用いる方法とホワイトニングジェルを使用して歯の色自体を白くするホームホワイトニングの2種類があります。
この2種類の方法に関して、お伝えしたいと思います。



 

1.自宅で行う歯のホワイトニングおすすめランキング

自宅で行うホワイトニングを、“ホームホワイトニング”と呼びます。
ホームホワイトニングは、アメリカで爆発的なムーブメントとなり、アメリカでは、ドラッグストアーでも気軽に買える製品になっています。
日本では、歯科医院で歯科医師の指示のもとに、自宅でお使いになる医療機器となっています。
値段もお手頃なので、皆さんに受け入れやすいホワイトニングだと思います。


 

1.オパールエッセンス

名称未設定

 

  

  • メーカー名 Ultradent
  • 成分:過酸化尿素
  • 濃度:10%、15%・20%・35%
  • 時間:30〜120分
  • 容量:2.4ml
  • DRフィッシャーにより、開発されたホームホワイトニング剤です。
    世界中で、最も使用されているホワイトニング剤です。
    ホワイトニングにおける、歴史をになってきたメーカーの1つです。


     

    2 .ナイトホワイトACP

    名称未設定2

       

  • メーカー名:Discus
  • 成分:過酸化尿素
  • 濃度:16%、22%
  • 時間:2〜4時間
  • 容量:2.4ml
  • ACPとは:(Amorphous Calcium Phosphate不定形リン酸カルシウム) のことで、ハイドロキシアパタイトで歯をコーティングすることにより、エナメル質を再生させる働きがある。
    また、歯の表面が滑沢化すると共に、フッ素を取り込む効果があり、知覚過敏を防止する役割があります。



     

    3. デイホワイトACP

    名称未設定3

        

  • メーカー名:Discus
  • 成分:過酸化水素
  • 濃度:6%、9.5%
  • 時間:30分
  • 容量:2.4ml
  • ACPとは:(Amorphous Calcium Phosphate不定形リン酸カルシウム) のことで、ハイドロキシアパタイトで歯をコーティングすることにより、エナメル質を再生させる働きがある。
    また、歯の表面が滑沢化すると共に、フッ素を取り込む効果があり、知覚過敏を防止します。


     

    4. ゴースマイル

    名称未設定4

        

  • メーカー名:GoSmile
  • 成分:過酸化水素
  • 濃度:6%
  • 時間:15〜20分
  • 容量:0.03oz
  • DR.ジョナサンレヴィンにより、開発されたホワイトニングシステムです。
    ハリウッドの女優さんの間で人気のホームホワイトニングになります。
    パッケージもおしゃれで、ユーザーの使いやすさも考慮していますね。


     

    5. ティオン

    名称未設定5

        

  • メーカー名:GC
  • 成分:過酸化尿素
  • 濃度:10%
  • 時間:2〜4時間
  • 容量:2.5ml
  •     
    日本製のホームホワイトニングになります。
    やはり、日本のメーカーが開発していますので、日本人の歯に合ったホワイトニングです。
    濃度もそこまで濃いものではなく、歯が比較的薄いことを考慮していると思います。



     

    2ホワイトニングを自宅で行うやり方

    2ー1.型とり

    名称未
設定6
    歯科医院にて、自分専用のホワイトニングトレーを作成します。
    トレーは、以前に作製した後に、被せ物や詰め物を行った場合は、再作製が必要になります。
    合っていないトレーは、ホワイトニングジェルが、溢れてきますので、ご注意ください。



     

    2ー2.トレーお渡しと、色チェック

    名称未設定7

    トレーのはめ方や、洗い方、ジェルの塗布の方法を、ご説明します。
    ここでよく皆さんのご質問は、ジェルを飲み込んでも問題ないですか?という質問ですが、多少で、あれば問題ないですので、ご安心ください。
    色チェックで、現在の歯の色を確認します。これを行っていないと、再度、来院された時に、比較ができません。



     

    2ー3.歯ブラシ

    名称未設定8

    歯ブラシ ホワイトニングを自宅で行う際に、天敵となるのが、食べかすや汚れになります。
    しっかりと歯ブラシを行い、汚れを落とすことが重要になります。歯ブラシをする際ですが、ブラッシングの圧に気をつけてください。
    ブラッシングの圧が強すぎると、歯に傷がついてしまうので、気をつけてください。
    また、市販の歯磨き粉を使用する際は、研磨剤の入っていないものを選択してください。
    研磨剤入りの歯磨き粉を用いた場合、歯に傷が多くつきますので、しやすくなる原因となります。
    歯ブラシの毛の硬さは、



     

    2ー4.フロス

    フロス歯と歯の間の汚れも、落としておく必要があります。
    これは、歯と歯の間に汚れがたまっていますと、ホワイトニングジェルが、歯と歯の間に到達しませんので、ホワイトニング後に歯と歯の間が暗くなってしまいます。
    フロスを行い、歯と歯の汚れをとってからホワイトニングトレーを口の中にセットしましょう。



     

    2ー5.マウスピース塗布

    マウスピース塗布マウスピースを口腔内に装着します。
    最大2時間の装着をします。2時間以上装着しても効果はありませんので、ご注意ください。
    装着した際に、ジェルが溢れでいる場合は、清潔なティッシュなどで拭ってください。
    そのままの状態の場合は、歯ぐきが白くなってしまう場合がありあmすが、2〜3日で元の状態に回復してきますので、安心してください歯肉が良くない場合、歯科医院を早めに受診してください。



     

    2ー6.マウスピース装着

    マウスピースを口腔内に装着します。
    最大2時間の装着をします。
    2時間以上装着しても効果はありませんので、ご注意ください。
    装着した際に、ジェルが溢れでいる場合は、清潔なティッシュなどで拭ってください。
    そのままの状態の場合は、歯ぐきが白くなってしまう場合がありますが、2〜3日で元の状態に回復してきますので、安心してください歯肉が良くない場合、歯科医院を早めに受診してください。



     

    2ー7.マウスピース装着中

    マウスピース装着中歯の方にしみるなどの痛みを感じたら、トレイをはずして、歯についているジェルを優しく落として、ゆすいでください。
    その後は、日にちを2〜3日開けて、再度、チャレンジしてください。


     

    2ー8.トレーのクリーニング

    名称未設定13

    ホワイトニングを終了したら、トレーを洗います。
    タフトブラシを用いて、流水下で、トレーに残っているジェルを洗い流します。
    洗い流す水は、お湯ではなく、水にしてください。
    トレーが変形することがあります。
    歯磨き粉でトレーを洗いますと、トレーに傷がついて、汚れが付着しやすくなりますので、注意してください。


     

    2ー9.トレーの保管

    トレーの保管トレーを洗い流した後は、保管ボックスに入れましょう。
    乾燥させるためにティッシュに包んで、その後に捨ててしまったというトラブルを良く聞きます。
    ご注意ください。



     

    3.自宅で行うホワイトニングジェルの選択方法



     

    3ー1.ホワイトニングジェル濃度

    ホワイトニングジェル濃度ホワイトニングジェルには、10%、15%・20%・35%の4種類のジェルがあります。
    これは、過酸化尿素濃度の種類になります。簡単に数値が上がれば濃度が濃くなります。
    濃度が濃くなれば、効果は高いですが、しみやすくなります。
    そのために、一概に濃度が高い方が、良いわけではなく、その人に合った濃度があります。

    ホワイトニングジェルを選択する際は、上記の内容を踏まえて選択する必要があります。
    初めは、10%から初めて、徐々に濃度が高いものに変更して行くのがベストです。
    また、濃度の高い物で、一気に白くした場合は、後戻りも早いのが欠点になります。
    日焼けと一緒で、一気に日焼けすと火傷ですぐに皮がむけてしまうことと同じだとお考えください。



     

    4.ホワイトニングを自宅行う時間

     

    4ー1.ホワイトニングをいつ行うか?

    ホワイトニングをいつ行うかホワイトニングは、いつ行うかですが、オススメは、食後に歯ブラシを行い、テレビを見ながら、もしくは、お風呂に入りながらです。
    習慣にするのが、ポイントになります。いつも、この時間に行うというように決めておくのが良いでしょう。
    通勤の時間を利用するのも1つのアイディアです。
    電車や車の運転する時間を上手く使って、ホワイトニングする方も多くいます。
    もともと、そんなに目立たないですので、通勤の際でも、問題ないです。
    ホワイトニングを自宅で、行って効果を出すには、2週間やり続けないと効果がでませんので、毎日の習慣にすることが重要です。
    これが、できるとその後も続けられますので、時間を決めて行うようにしましょう。



     

    4ー2.ホワイトニングを何時間行うか?

    ホワイトニングを何時間行うホワイトニングのメーカーにより、時間は、様々ですが、基本的に30分〜120分が目安になると思います。
    短い時間であったとしても、1日に1回を継続することが、重要になります。
    お風呂に入っている時と決めたら、入る前に歯ブラシを行い、ホームホワイトニングトレーをお口の中にセットしてから、お風呂に入るようにすると忘れないで、30分以上行うことができますね。
    ホームホワイトニングは、とにかく時間と場所を決めて、習慣化するのが、ポイントになります。



     

    5.ホワイトニングを自宅で行う注意事項



     

    5ー1.使用禁忌の方

    禁忌

      • 虫歯の方
      • 知覚過敏がある方
      • 咬耗のある方
      • ヒビ(クラック)のある方
      • 就寝中の使用
      • 無カタラーゼ症の方
      • 妊娠中、授乳中の方
      • 重度歯周病の方
      • エチレン酢酸ビニルにアレルギーのある方
      • グリセリンにアレルギーのある方



     

    5ー2.使用上の注意点

    使用上の注意点ホームホワイトニングの種類にもよりますが、ナイトホワイト以外は、就寝中の装着は、遠慮してくださいとなっています。
    装着中の飲食や喫煙は、遠慮ください。
    使用する量は、歯科医師の指示する量を守り、トレーより溢れたジェルは、拭き取ってください。
    装着期間中は、禁煙をしてください。また、着色が強いカレーやワインなどは、避けるようにしてください。
    使用する際は、ブラッシングを行い、口腔内を清潔に保ってください。
    歯によって、石灰化している部分は、早く白くなることがあります。
    ホワイトニング後の食事に関しては、知っておきたい!歯のホワイトニング後の食生活を参照してください。



     

    5ー3.保存方法と使用期限

    冷蔵庫で保管ジェルは、冷蔵 (2 〜 8° C) 保存を推奨します。直射 日光、熱等は避けてください。
    また、ジェルを凍結させないようにしてください。
    使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。通常の使用期限は、24ヶ月です。


     

    6.ホワイトニングを自宅で行う効果



     

    6ー1.ホワイトニング効果グラフ

    ホワイトニング効果のグラフホワイトニングを自宅で行った場合の効果ですが、2週間毎日、行うことが効果を実感できる早道です。
    毎日行うことにより、歯へ薬液が浸透して、効果が現れます。すぐに効果が現れるわけではありません。
    ホームホワイトニングは、特に1〜3回での効果は、見分けにくいですので、皆さん、やっても白くならなかった思われる方が多いようです。
    左のホワイトニングの効果に関してのグラフを参照してください。
    ピンクのラインがホームホワイトニングを指します。
    ホームホワイトニングは、時間をかけて段々に白さが増してくるのが、おわかり頂けると思います。
    すぐに白くなるわけではありません。半年ぐらいコンスタントに使い続けると、他のオフィスホワイトニングなどと同じ色合いに変化します。
    しかし、ほとんどの方が、6ヶ月待っていられないと思いますので、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用で、1〜2ヶ月で白くなるデュアルホワイトニングを選択します。
    薬剤の濃度が、低い過酸化尿素を用いて、ゆっくりと行ったホームホワイトニングは、後戻りが少なく、非常に後々、メンテナンスが楽になります。 



     

    7.自宅で行うホワイトニングに LEDをプラス



     

    7ー1.青色発色ダイオード

    LED照射LEDは、ノーベル賞でも有名になりましたね。
    ホワイトニングは、温めたり、光を当てることにより、効果が促進すると言われています。

    そのために、LEDを用いてホワイトニングを行う製品が、アメリカでは発売されています。CREST社から発売されている「3Dホワイトストリップス」がそれにあたります。
    ホワイトニング+LEDでより効果的に、自宅で行うホワイトニングになります。LEDですので、ハロゲンのように温める効果はありません。

    では、このLEDを他のホームホワイトニングで、用いた場合はどうでしょうか?
    これは、実験をしたわけでないですので、わかりませんが、基本的に効果がないと思います。
    CREST社の「3Dホワイトストリップス」には、青色発光ダイオードに反応する何かが含まれており、ホワイトニング効果が増すと考えられます。
    そのために、他のホワイトニング薬剤に使用しても、反応するわけではないと考えれますので、効果はないと思います。
    しかし、LEDの波長に反応するようなホワイトニング薬剤には、効果があると考えられます。



     

    8.自宅で行った歯のホワイトニング口コミコメントブログ

    現在準備中


     

    9.歯のホワイトニングを自宅で行う手法のまとめ

    ホワイトニング自宅で行うホームホワイトンングは、日本で認可が下りていないものから、様々ですが、正しい使い方を覚えて、行うことが重要となります。時間や場所を決めて行うという、基本的なことから、ホワイトニングトレーの扱い方法まで説明しました。
    ホームホワイトニングの1番の特徴は、薬液の濃度が低いので、じっくりと時間をかけて白くなっていきますので、すぐに白くは、ならないことを理解しておきましょう。
    しかし、1度、ホームホワイトニングで白くした歯に関しては、後戻りはしにくいです。



     

    ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

    ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

    また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

    ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

    ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

    関連記事