Top

口の中に見えない病があった! 歯ぎしりの原因と対策を徹底比較


こんにちは。 ホワイトエッセンス渋谷の歯医者 柳沼です。

最近患者さんから「歯ぎしりをしている」という声がよく聞こえるようになってきました。

寝ている時に歯ぎしりをして起きてしまう人もいるようです。 また日中に仕事に集中している時に歯を食いしばってしまっていることもあるそうです。

でも、実はそれって歯はもちろん、体にとってよくないことだって知っていましたか?
今回は歯ぎしりや食いしばりとはどういうものなのか、またどのように対応していくべきなのかを比較して説明します。

1.歯ぎしりのタイプは3つある

 

歯ぎしりのタイプは3つ一般的には歯ぎしり(またはブラキシズム)とまとめて言っていますが、実はこれには3タイプあります。

  1. グライディング
  2. クレンチング
  3. タッピング

この3つに分かれます。
またそれぞれを単独で行っている場合や、これらを複合して行っている場合などパターンはいくつかあります。

 

1−1.歯ぎしりその1 グライディング

 

グライディングこれがよく歯ぎしりと言われるタイプのものになります。
ギリギリギリと歯をこすってしまうものです。寝ている時に起こることが多く、歯ぎしりの強い方の音はすさまじく、隣で寝ている人が目を覚ましてしまうくらいです。歯の表面のエナメル質がどんどん削れて平らになってきたり、力がかかることで顎の関節や顔周りの筋肉に負担がかかって痛みが出て来ることがあります。

 

1−2.歯ぎしりその2 クレンチング

 

クレンチング食いしばりのことをクレンチングと言います。上下の歯を噛みしめて力をかけている状態です。

無意識に噛んでいることで歯や顎に負担がかかり、痛みやだるさを誘発することがあります。

 

1-3.歯ぎしりその3 タッピング

 

タッピング歯を細かく噛みあわせることでカチカチ、カチカチと音を鳴らすようなタイプです。寒い時に顎が震えて歯を噛み合わせるような感じです。

歯を離す瞬間が常にあるので、クレンチングやグライディングに比較すると歯や顎へのストレスは少ないかもしれませんが、放置しておいてよいものではありません。

 

2.歯ぎしりをする理由

 

歯ぎしりをする理由歯ぎしりをしてしまうのには原因があります。
はっきりとした原因は実はわかっていないものの、ストレスや噛み合わせなどから引き起こされていると言われています。

 

2−1.ストレスが原因で歯ぎしりをする

 

ストレスが原因で歯ぎしり中枢性(脳・神経系)の問題とされ、ストレスの発散が歯ぎしりで行われているとも言われています。ただし、脳内がどのように歯ぎしりと関係しているかのメカニズムはまだ不明のことが多く、症状に応じて治療をしているのが現状と言えます。

 

2−2.噛み合わせが原因で歯ぎしりをする

 

噛み合わせが原因で歯ぎしり噛み合わせは常に変化します。
乳歯が生えてくることから始まり、永久歯に生え変わって噛み合わせが完成します。しかし、永久歯が生え揃った後でも噛み合わせは変わります。年齢を重ねるにつれて歯は削れたり擦り減ったりします。また虫歯や歯周病などによって1本でも歯を失ってしまった場合は、隣の歯の支えを失った歯は傾きが変わってきてしまいますので、それによって噛み合わせが大きく変化します。こういった噛み合わせの変化が歯ぎしりを誘発します。

 

3.歯ぎしりをするとよくない理由

 

歯ぎしりをするとよくない理由歯ぎしりは通常はかからない歯へのストレスをかかけてしまいます。それによって歯にトラブルが起きやすくもなるのです。

歯が擦り減ってくると見た目も大きく変わってきてしまいます。

 

3−1.歯は常に噛んでいるものではない

 

歯は常に噛んでいるものではない上下の歯が常に噛んでいるのは実は問題であることをしっていましたか?これを質問すると噛んでいるのが正しいと思っていたという方が少なからずいます。

基本的に歯は噛み合っていないのが正常です。

日常生活でぼーっとしている時や、話をしているときなどは少しの隙間が空いているのが正常なのです。

1日の中で歯が噛んでいる瞬間というのは「食事を食べているときだけ」なのです。

それも噛んでいる回数を時間に表すと10〜20分の時間しかないのです。

1日24時間のなかでたったそれだけの時間しか歯が噛み合う時間はないのです。

 

3−2.歯が痛くなる

 

歯が痛くなる本来は歯が噛み合う時間が短いのにも関わらず、歯ぎしりやくいしばりによって常時歯に噛む力がかかっていると歯が痛くなることがあります。歯の感覚を感じる組織である歯根膜や神経にダメージが蓄積され、それが爆発して痛みとして現れてくるのです。

夜間の歯ぎしりを行っている方は、痛くて目が覚めたり、起床時に顎が痛いという症状が起きることもあります。

 

3−3.歯がしみてくる

 

歯がしみてくる過剰な力が歯に加わると歯の表面の組織であるエナメル質が欠けたり、歯の内部に亀裂が入ってしまうこともあります。そうなることで歯の内面の組織である象牙質が露出して、知覚過敏と同じ症状で歯がしみてしまうことがあります。

 

3−4.骨が破壊される

 

骨が破壊される歯を支えている骨は常にその再生と破壊が繰り返されて新しい骨に置き換わっていきます(リモデリング)。過剰な力が骨にかかると、実は骨を破壊する働きの細胞が増えていくために、再生が追いつかず骨の破壊が先に進行してしまうのです。

この原理により、歯ぎしり食いしばりが局所に集中すると、その力を受けた歯を支える骨は溶けてしまいます。

その結果、歯周病のように歯がぐらぐらと揺れたり、歯が浮いたような感じの症状が出てきます。

 

3−5.歯が割れる

 

歯が割れる神経のない歯で起こりやすい症状です。
神経がない歯は枯れ木のようなものです。歯の中に金属の土台が入っていたりするような歯であれば、特に食いしばりなどの強い力によって歯に亀裂が入って割れてしまうことがあります。大きく割れた歯は保存することが出来ず抜歯となります。

 

3−6.頭痛や肩こり

 

頭痛や肩こり口周りにはたくさんの筋肉が密集しています。口を開ける筋肉と閉じようとする筋肉も別です。

これらは肩周りや頭の横にある筋肉とも繋がっていて、歯ぎしりなどで過度にその筋肉が使用されると周辺の筋肉も緊張して痛みや違和感を生じさせることがあります。

 

3−7.治療した詰め物、被せ物がとれる

 

治療した詰め物、被せ物がとれる過剰な力が歯にかかることで治療した銀歯などが外れることがあります。接着剤で歯に付けられた詰め物も、過度な力によって接着力が破壊されて浮き上がってくることがあります。

外れるだけなら良いですが、浮き上がっていることを気づかずに、中で虫歯になってしまっていることもあるかもしれません。

 

4.口の中から見る歯ぎしりのサイン

 

口の中から見る歯ぎしりのサイン自分で歯ぎしりをしているのを確認する方法はあるのでしょうか。残念ながら無意識で行っていることが多く、気づけないことがほとんどなのですが、自覚症状がない方でも、これから示す口の中の変化が見られれば、もしかしたら歯ぎしりを行っているサインかもしれません。

 

4−1.歯の擦り減り

 

歯の擦り減り歯は体の中で骨よりも硬い組織です。しかしその組織も年齢を重ねるとだんだんと擦り減ってきます。

強い力がかかるとその速度は速くなり、年齢に関係なく歯がどんどん短くなって噛み合わせが低くなってきます。

写真を見ると歯にクレーター状に穴が開いているように見えると思います。

中は黄色く、象牙質という内部の組織が透けて見えてきている状態です。

 

4−2.骨の膨らみ

 

骨の膨らみ歯茎がゴツゴツと膨らんでいる方を見かけます。
これは骨隆起と言って骨が膨らんだものになります。歯を支える骨に刺激が多く伝わることで、その防御反応として骨が過剰に発達したものと言われています。下の前歯の裏側や上あごの真ん中によく見かけられます。将来的に入れ歯になってしまった場合、この骨隆起が邪魔となって痛みの原因となることがあり、必要に応じて除去することもあります。

 

4−3.舌に残る歯型の跡

 

舌に残る歯型の跡舌が凹凸に波打つようにヒダをうっている方がいます。
これはよく見ると歯の形にフィットします。つまり舌に歯型がついているということです。歯ぎしりなどで舌が歯に押しつけられて跡がついてしまうようです。

 

5.日中の歯の接触は異常の現れ

 

日中の歯の接触は異常の現れ何もしていない時に私達の上下の歯は接触していません。これは唇を閉じていても同じです。

口を閉じることによって、閉口筋と言われる口を閉じる筋肉が活動します。

口を閉じる時間が長時間続くと筋肉は疲労して、顎にも負担がかかり痛みを感じてきてしまいます。

 

5−1.不必要な歯の接触をTCHという

 

Tooth Contacting Habit上下の歯の不要な歯の接触の癖をTCH(Tooth Contacting Habit)と言います。日中仕事に集中している間などに歯が接触していることはないでしょうか。

これは顎関節症など全身に及ぶトラブルを招く原因になってしまいます。

 

6.歯ぎしりやくいしばりの治療法

 

歯ぎしりやくいしばりの治療法歯ぎしりや食いしばりにはっきりとした原因はつかめていないものの、そのままではもちろん症状は変わらず、むしろ悪化してしまいます。そのため歯を保護する治療や噛み合わせの治療、行動暗示療法などを行ってその改善を図っていきます。

 

6−1.マウスピースを作製する

 

マウスピースを作製する歯ぎしりや食いしばりにはマウスピース(ナイトガード)を作ります。マウスピースをつけることで歯と歯の間にクッションを設け、直接歯にかかる力を逃がしてあげます。

基本的には就寝中に装着するものであり、過剰な力の方は穴が開いてしまうことさえあります。

マウスピースも噛み合わせの調整は必要で、間違った噛み合わせのままで装着してはあまり効果がありません。

市販のものですと噛み合わせに調整がきかないために、きちんと歯医者に行って、自分の歯型に合ったマウスピースを装着するようにしましょう。

歯ぎしりで製作するマウスピースは保険診療が適用され、約5,000円程で製作できます。

 

6−2.噛み合わせの調整をする

 

噛み合わせの調整をする口の中は非常に繊細です。
髪の毛1本でも口に入れば気づき、舌では味を感じることができます。歯1本1本にも神経が通っており、歯根膜では噛んだ力を感じる能力があります。ちょっとした噛み合わせのズレが痛みや歯ぎしり、食いしばりの原因など大きな変化を引き起こすことがあります。一方でちょっとの噛み合わせの調整がそれらを回復することにも繋がるのです。

 

6−3.注射をする

 

ボトックス注射をするとはボツリヌストキシンという毒素のことで、咬筋という顔のエラが張る筋肉の部分に注射をします。これによって筋肉の活動を緩めることができ、歯ぎしりの対策に有効だと示されています。

効果は約半年程継続しますが、顎関節症や噛み合わせが治るわけではありませんので、原因が異なる場合には効果が発揮されません。

保険対象外の治療になります。

 

6−4.行動暗示療法

 

行動暗示療法日中の歯の接触であるTCHに有効な治療法がこれです。意識的に口を開こうとすると、無意識に口を閉じようとする筋肉とぶつかりあってしまい、反って痛みが増してしまうことがあります。

そこで、常に口を開けようとするのではなく、1日の中で何度か意識的に口を開ける時間を設けるようにしましょう。

具体的には1日に何度か目を通す場所にメモ書きを張っておきます。

そのときに歯が接触していないかを確認し、もし噛んでいたらその時だけ口を開くようにしましょう。

これを反復して続けていくと解消されていくことが多くあります。

 

口の中に見えない病があった! 歯ぎしりの原因と対策を徹底比較のまとめ

 

歯ぎしりや食いしばりは歯にとってとても有害なものになり得る癖です。虫歯や歯周病が大半の治療を占めていたものの、最近ではこの噛む力によるトラブルが増えてきました。

自覚症状が得られにくいものではありますが、口の中を一度観察して自分にその恐れがないか、また歯医者に通って問題がないかどうか確認してみることをお勧めします。

 


ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事