Top

歯科医師推奨!親知らず抜歯後の食事


親知らずを抜歯した時、腫れる・痛みなどの症状があります。
こんな時は、どんな食事をすれば良いのでしょうか?
皆さん、迷われると思いますので、親知らず抜歯後におすすめの食事を紹介しますので、参考になさってください。
 

1、おすすめの食べ物

 

1−1、シチュー

シチュー熱すぎるシチューは、要注意が必要です。特に麻酔が、切れる前は、火傷をしないように気をつけてください。
スプーンで、口に運べて、水分が多いですので、楽に飲み込むことができます。
ビーシチューは、お肉も柔らかく、栄養も申し分ないですね。
親知らずの抜歯後に、オススメの食べ物になります。

 

1−2、親子丼

親子丼親子丼は、栄養分も高く、非常に親知らず抜歯後におすすめの食べ物になります。
親子丼は、卵でとじており、適当に水分も含まれていますので、飲み込みやすいです。
鶏肉は、タンパク質を含み、栄養満点ですね。

 

1−3、雑炊・お茶漬け

雑炊雑炊やお茶漬けは、熱い物に関しては、火傷に注意してください。
また、麻酔が冷める前の食事は、特に気をつけましょう。
お茶漬けや雑炊は、さらさらと飲み込みやすく、親知らずの抜歯をして、口を開けづらい時には、食べやすい食べ物ですね。
栄養分に関しては、落ちる部分がありますので、雑炊やお茶漬けの具を栄養分の高い物を入れるなどして、工夫すると良いと思います。
例えば、シャケなどタンパク質を入れてみるのは正解です。


 

1−4、キウイ

キウイキウイを半分にカットして、スプーンで口まで運ぶことができますし、水分も豊富なので、飲み込みやすいです。
キウイは、栄養充足率が、果物の中でもトップクラスです。ビタミンC、食物繊維、タンパク質、鉄分が含まれており、小さな1個の実に、栄養素がぎっしり詰まっているそうです。
親知らず抜歯後の栄養補給には、他の果物よりも、小さくて、ぎゅっと栄養分が含まれたキウイがおすすめです。

 

1−5、ひと口ハンバーグ

ひと口ハンバーグ親知らずを抜歯した時は、口が開きづらいです。そんなときは、ひと口ハンバーグやハンバーグを小さく切り分けて、食べることをおすすめします。
ハンバーグの場合、栄養があり、ひき肉を用いているので、やわらかくすることも、可能ですね。
親知らずの抜歯をした後は、栄養価が高く、食べやすい食べ物が良いですね。

 

1−6、ヨーグルト

ヨーグルトヨーグルトは、スプーンで口にもっていきやすく、飲み込みやすいという利点がありますね。
糖質、タンパク質、脂質、カルシウム、乳酸菌、ビタミン類などを摂取することができ、栄養分も高いです。
親知らずの抜歯後の朝食などには、もってこいの食事になりますね。

 

2、おすすめしない食べ物

 

2−1、おせんべい

おせんべいおせんべいは、まず硬いという点で、親知らずを抜歯した傷口を刺激しやすいというのが、1番の欠点になります。
縫合した糸が、ほどけたり、再出血したり、傷口を傷つけたりするとドライソケットの原因にもなりますので、ご注意ください。

 

2−2、カレー

カレーカレーは、ルーですので、飲み込みやすいですし、そんなにかまなくても良いですので、一見問題ない食事だと思われますが、スパイスが問題ですよね。
スパイスは、抜歯した傷を刺激してしまいますので、やはり、控えた方が良いです。刺激を与えて、炎症が強くなると腫れたり、痛みに繋がったりしますので、注意が必要です。

 

2−3、キムチ

キムチキムチも刺激系ですね。カレーと同じで、傷口を刺激してしまいます。
刺激が加わると、腫れや痛みがひどくなったりしますので、抜糸をするまでは、食事するのを控えるようにしましょう。

 

2−4、吸って飲むゼリー系

ゼリー飲料こちら、手っ取り早く、栄養も取れて、飲み込みやすいので、食品としては、申し分ないのですが、吸うという行為が良くないのです。
吸うことにより、口の中が陰圧になると、抜歯した穴にたまった血液が、とれてしまう形となり、その後に、ドライソケットになりやすくなってしまいます。詳しくは、親知らず抜歯後続く痛みは、ドライソケット?をご覧ください。

 

2−5、そば・うどん

そばそば・うどんは、柔らかく飲み込みやすいので、オススメかと思いきや食べる時に吸う動作を繰り返します。吸う動作は、抜歯した穴にたまった血液を吸い出してしまう場合もありますので、そこに注意が必要です。
もし、食べるならば、吸わないで、口に運ぶという食べ方を行ってみてください。

 

2−6、フランスパン

フランスパンフランスパンも硬いですね。
硬くて大きい食べ物は、親知らずを抜歯して、口が開きづらい時には、フランスパンは、入らないですし、水分も含まれていないので、飲み込みにくいですので、これは、親知らずの抜歯後に食べるのは、無理がありますね。
また、硬いですので、傷口を痛めてしまう可能性も高いです。

 

3、食後に気になる症状

 

3−1、食べ物がつまる。

食べ物がつまる食べ物が縫合した糸にからみついたり、抜歯した穴に入ったりすることがあります。一生懸命ゆすいでしまうと、かさぶたが流れてしまい、治りが悪くなったり、ドライソケットになります。
食べ物が詰まった際は、無理にとるのではなく、自然にとれるのを待ちましょう。

 

3−2、食べ物で傷ついた。

傷ついた食べ物で、抜歯した傷を痛めてしまった場合、再出血や感染の原因になります。
再出血した場合は、清潔なガーゼやティッシュをまるめて、ぎゅっとかむようにして、圧迫止血を行います。
出血があるからといって、ゆすいでしまうとドライソケットになりますので注意してください。
傷口を刺激して感染した場合は、抗生物質の追加服用や軟膏タイプの抗生物質の塗布などを行います。

 

3−3、食べ物で糸がとれた

糸が取れた縫合した糸に食べ物が、ひっかかり糸がとれてしまうこともあります。
糸がとれると、傷口が開きますので、注意が必要です。傷口が開いた場合は、再度、縫合すれば良いですので、歯科医院を受診しましょう。
再出血になった場合、決して、ゆすいではだめです。
清潔なガーゼかティッシュをくるんで、グッとかんで圧迫止血を行ってください。

 

3−4、温かい物・冷たい物で痛い。

冷たくてしみる温かい物・冷たい物でしみたりする時は、手前の歯が、虫歯になっていたり、一時的に歯肉が下がることにより、知覚過敏になることが、原因の場合があります。親知らずを抜く際の原因が、虫歯や歯周病の場合は、手前の歯が虫歯や知覚過敏が考えられます。
その他では、ドライソケットが、考えられます。ドライソケットの場合は、痛みが激痛の場合が、多いので、わかりやすいと思います。また、抜歯後3日目より、痛みがひどくなってきます。詳しくは、親知らず抜歯後続く痛みは、ドライソケット?をご覧ください。

 

親知らず抜歯後の食事のまとめ

    • あまり、かまなくて良い
    • 飲み込みやすい
    • 栄養分が高い
    • 柔らかい食べ物
    • 抜歯した部分に、傷がつきにくい
    • 吸って食べない

という上記の食べ物が、親知らずを抜歯したあとのオススメになります。口が開きづらく、痛みがあると思いますので、サッと食べれて、口をあまり開けなくても、食べれる物がいいですよね。
食事以外の親知らず抜歯後の注意事項に関しては、「親知らず抜歯後、注意事項10」を参考にしてください。

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らずの抜歯治療の特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科の親知らず抜歯治療は、CTでの3D診断と、超音波振動で侵襲が少なく、痛みが少ない、腫れにくい、親知らずの抜歯を行っています。

また、親知らずの抜歯治療の流れも順を追ってご説明しています。


ホワイトエッセンス渋谷歯科の
親知らず抜歯治療


関連記事