高品質な歯のセラミック治療

歯科治療で患者様が求めるキーワードに「審美」という概念が生まれてきています。
メディアでも取り上げられるようになってきており、美に関心をもつ姿勢が多く見られるようになってきました

日進月歩しかし日本の歯科医療は国民皆保険が整ってからというもの実は大きく変わっていません。
使用出来る器具や材料も細かく制限されており、歯科界で日々進歩している知識や技術とは離れてしまっている治療を患者様に提供していることが現実なのです。

審美を求めて医療を提案実施しようにも、保険が適応されないなどそこには様々な壁があり、患者様にとって良い歯科治療が実現しないこともあります。

セラミック治療もその1つです。

セラミック治療では歯の見た目や美しさ、さらには口元の仕上がりといった点で患者様の満足いく治療を提供出来ます。


銀歯と白い歯しかし通常行われる虫歯治療で保険適応の場合、銀歯など使用される材料には限界が出てきます。
審美的な問題もありますが、長期的な目で見ても劣化や虫歯の再発などのリスクが高く、再治療が多く行われてしまうケースが多いのが実情です。

そのため、美しく健康的な口元を獲得し、それを維持していくためにはセラミックを用いた治療が非常に有効になります。

セラミックってなに?

 

渋谷太郎
今回はセラミックについて説明しましょう。今日子さん、歯科のセラミック治療はご存知ですか。

今日子
いえ、聞いたことはあるのですがあまり良く知りません。

渋谷太郎
ではセラミックについて説明しますね。
セラミックとは湯呑みやお茶碗と同じ材質である陶器から出来ているものです。

しっかりとした強度と見た目のよさを兼ね揃えた材料になります。

歯にぴったりとくっつき、精度も良いですから虫歯が再発するリスクも少ないです。


セラミックのコップ

今日子
とてもいい材料のようですね。
今までは歯医者さんに行ってもあまり説明がなく、治療が終わったら銀歯が入っていることがほとんどでした。

渋谷太郎
歯科の世界も日進月歩です。
しかしその情報が患者様にまで到達することなく終えられていることが多いのです。

きちんと治療の内容を確認し、幾つかの情報や選択肢を提供した上で一人ひとりに合った医療の提供が望まれます。

セラミックがどういったものであるのかを知ることがまずは必要になります。
そうすることで自然な口元を獲得して笑顔に自信が持てるようになるでしょう。

セラミックの歴史

日本の保険制度における歯科治療は前歯にはこれ、奥歯にはこれ、というように使用できる材料が決まっています。

そのため患者様が治療を選択出来ないものばかりでした。

例えば前歯に被せる差し歯では、表面にプラスチックを焼き付けた金属製の冠と決まっています。
表面は白いですから最初は歯に似せて見せることが出来ます。

しかし材質がプラスチックのため、経年的に劣化が起こります。

カレーライス口の中は様々な食べ物や飲み物が毎日含まれますので、お茶やコーヒー、タバコといったもので変色の原因となるのです。
カレーなどをお茶碗とプラスチック容器に入れて比較したらプラスチックには色が残りますよね。

さらに強度が弱く、金属とプラスチックの境界面で欠けてしまうことがあります。

奥歯では銀合金の詰め物と被せ物になります。
強度はありますが、自然な歯の色からはかけ離れた色調となります。

セラミックの発明そこで時代の変遷と共に白く美しい歯を手に入れようとセラミックが開発されてきました。
厳密に言うと陶器でも軟磁器という分類で、透明性があり吸水性がない材料となります。

初めて歯科で使用されたのが1700年代の入れ歯であったとも言われています。
その後被せ物でも使用されるようになりましたが、当初は強度の面から問題が多く残りました。

20世紀半ばとなって金属の冠にセラミックを焼き付ける技法であったり、セラミックそのものを強化するために種々の材料を混同して強度を増していき、今ではセラミック単独での治療もより多く行われるようになってきました。

セラミック治療の特徴

今日子
先生。セラミックがよさそうなイメージはなんとなくあるのですが、優れている理由をもっと教えて頂けますか。銀歯ではだめなのでしょうか。
渋谷太郎
銀歯が悪いわけではないのです。きちんとメインテナンスをしていけば長く使用することは可能ですからね。ただし、治療時に歯に与える侵襲や治療後の影響を無視するわけにはいきません。
今日子
治療による影響ですか?
渋谷太郎
銀歯の場合は、歯とのなじみでセラミックに劣ります。
外れないようにするために詰め物や被せ物には必要な形態があります。
そのため歯を無駄に大きく削ることとなります。

歯の中には1つ1つ神経が存在していますので、健康な歯を削れば削る程、神経にもダメージが及びます。
また銀歯と歯を繋ぐ接着剤も口の中の過酷な環境下では耐用力に劣ります。

接着剤で言うと銀歯がボンドセラミックはアロンアルファといったようなイメージでしょうか。

保険診療の銀歯は正式には金銀パラジウム合金という名称で、そこには数多くの金属材料が混ざっています。
これらが原因でアレルギーを引き起こすことも報告されており、体の健康をも害する要因となっています。

また銀歯を光らせているのは日本人だけということも知っていましたか?
セラミック治療はこれらの欠点を補える治療法になります。

Good Point!

楽しい
  1. 口元を明るく美しいままで!
  2. 金属色がないため、笑った時に自然な色調を再現出来ることで笑顔に自信が得られます。
    変色も起こらないのできれいな状態をキープできます。

  3. 虫歯のリスクが減少する!
  4. 精度に優れ、歯と馴染みよく装着されます。汚れもつきにくいので虫歯になりにくくなります。

  5. アレルギーの心配がない!
  6. 体との親和性がよく、安心して口の中に装着出来る材料です。

  7. 歯並びの改善
  8. 軽度の歯並びが不正の場合、セラミックの被せ物で一部修正することも可能です。



Bad Point…

着色が始まる
  1. 強い力で割れてしまうことがある
  2. 歯軋りや食いしばりなど噛み合せが強い方は噛み合せの調整が大切になります。

  3. 自費治療となる
  4. 保険制度での治療が認められていないので、費用が高額になります。


セラミックの種類

渋谷太郎
奥歯の部分的な虫歯治療はインレー(詰め物)で治します。
前から4番目の歯から後方はインレーでの治療の場合は銀歯になってしまいます。
セラミックですと部位は関係ありませんよ。
当日は虫歯を削って型取りを行い、約1週間後に出来上がってくるものを装着する治療法です。
今日子
出来上がるまでの間はどうしておくのですか。
渋谷太郎
装着までの間は仮のフタをしておき、削った内面を保護するようにしておきます。歯の内面を削ってむき出しにしておくと凍みたり痛みが伴うことがありますので、仮フタで保護しておけば大丈夫ですから心配しないでくださいね。
今日子
それは安心しました。ちなみに色はどうなりますか。
渋谷太郎
色は作製にあたり、歯を削った後にお口の中の写真を撮ります。そこで作製する技工士さんに指示が出せますので、装着した時には周囲とほとんど見分けがつかないような自然な仕上がりへと完成することができます。
インレー(詰め物)保証2年

奥歯に虫歯ができた際や、表面の歯だけを削る場合にはインレーという詰め物を使用します。

しかし保険診療の治療であると、金属素材の詰め物を使用しますので外見的に美しいものではなく、また長期間使用していると変色や黒ずみなどのトラブルも起こってしまいます。
そのため審美性や口元の健康を考えて、セラミックインレーに切り替えるという治療法をご提案させて頂く場合もあります。

セラミックインレーは歯の欠損部分にセラミック素材の詰め物を入れて、天然の歯と同様の美しさ、白さ、形、噛み合せを手に入れることのできる治療法です。
また金属アレルギーの患者様にもご使用頂けますので、安心して長期的に使用することができます。

  1. セラミックインレー 5万円(税別)

  2. セラミックインレー現在最もきれいに作られる詰め物になります。歯とのなじみもよく、強度にも優れるため長期的に良い状態を維持することが出来ます。



    メリット

    • ・陶材(セラミック)のみで構成される材料です
    • ・審美性と強度を兼ね備えた優れた材料です
    • ・変色せず着色することがありません
    • ・銀歯に比べ精度がよく、適合性に優れるため虫歯になりにくい詰め物です
    • ・金属を使用しておらず、体に安心安全な材料です

    デメリット

    • ・強い力で割れてしまうことがあります
    • ・保険適応外です

  3. ハイブリッドセラミックインレー 4万円(税別)

  4. セラミックインレーハイブリット(混合)というだけあり、混ざった材料の特徴を良くも悪くも兼ね備えた詰め物です。



    メリット

    • ・レジン(プラスチック)と陶材を混ぜた材料です。
    • ・歯へのなじみがよく、精度に優れたインレーです
    • ・適度に粘りと擦り減りがあり、噛み合う対の歯に優しい材料です

    デメリット

    • ・強度はセラミックインレーよりもやや劣ります
    • ・プラスチック配合で経時的に着色など変色することがあります
クラウン(被せ物)保証5年(※ただしジルコニアクラウンは2年)

虫歯の範囲が大きかったり、根の治療を行った場合などにはクラウンといわれる被せ物で治していきます。
クラウンによって歯の形、差し歯、歯並びなどの気になる点をトータルでサポート出来ます。

クラウンには様々な種類・材料から選ぶことができるため、より天然の歯に見える美しく白い仕上がりを期待することができます。
またクラウンを用いての部分的な歯並びの改善も行えるので、被せ物としての役割だけではなく、一矯正的治療としても効果があります。

セラミッククラウンの場合、審美性の追求だけではなく、長期的に見ても健康的な状態を保つことができますので、保険適応の範囲で虫歯治療を行った痕の部分を、再度セラミッククラウンで治療し治す患者様も多くいらっしゃいます。

  1. オールセラミッククラウンプレミアム 15万円(税別)

  2. オールセラミッククラウン色や精度において現在最もきれいに再現出来る被せ物になります。ジルコニアと言われる強度のあるフレームの上にセラミックを何層にも築盛して作製されます。



    メリット

    • ・素敵な笑顔を獲得出来る
    • ・天然歯と同じような色調を再現出来る(細かな色使いが可能)
    • ・変色しない
    • ・汚れがつきにくい
    • ・金属を使用していないので歯肉に変色がない

    デメリット

    • ・噛み合せが深く、ジルコニアのフレームが薄いと割れることがある
    • ・長過ぎるブリッジだと応力がかかる部分に不向きなことがある
    • ・まれにセラミック部が欠けたり破折することがある
    • ・歯を全体的に削る必要がある

  3. チタンボンドクラウン 12万円(税別)

  4. チタンボンドチタン製の金属フレームの上にセラミックを築盛して作製する被せ物です。金属の裏打ちがあるので強度が強く割れたりする恐れはありません。



    メリット

    • ・セラミックを築盛して色調をきれいに再現出来る
    • ・長いブリッジでもチタンのフレームのため強度をもって対応出来る
    • ・変色しない
    • ・汚れがつきにくい
    • ・強度がある

    デメリット

    • ・裏打ちに金属があるので透明感には劣る
    • ・金属が歯茎に黒ずみを見せることがある
    • ・セラミック部が欠けてしまうことがある

  5. オールセラミッククラウンスタンダード 10万円(税別)

  6. オールセラミッククラウンスタンダードe-maxと言われるガラスを主成分にしたセラミックになります。
    透明性がありきれいな色調であるものの、それ単独で構成されるために細かな色の再現には劣ることがあります。

    メリット

    • ・素敵な笑顔を獲得出来る
    • ・透明感ある色調を再現出来る(細かな色使いには弱い)
    • ・変色しない
    • ・汚れがつきにくい
    • ・強度がある

    デメリット

    • ・透明感が強いので、中の歯の色が透ける
    • ・プレミアムに比較して細かな色調再現性に限界がある
    • ・ブリッジだと割れてしまうことがある

  7. ジルコニアクラウン 5万円(税別)
  8. 人工ダイヤモンドであるジルコニアという強度に優れた材料単体からなる被せ物です。3色(ホワイト/ライト/ミディアム)から選ぶ形になります。

    メリット

    • ・白い被せ物である
    • ・金属アレルギーのリスクがない
    • ・強度がある

    デメリット

    • ・単色の3つからしか選べない
    • ・透明感には劣る
    • ・硬いので噛み合せの調整が大変である

  9. ラミネートベニア 10万円(税別)
  10. 歯の表面を一層削って付け爪のようにシェル状のセラミックを貼付ける治療法です。歯を削る量が少なくすみますので負担は少なく、隙っ歯が気になる方や変色、ホワイトニング以上に白くしたい方には有効です。

    メリット

    • ・見た目を美しく出来る
    • ・歯を削る量が少ない(表側エナメル質のみ)
    • ・変色しない
    • ・軽度の歯並びは修正できる

    デメリット

    • ・噛み合せによってはセラミックが欠けたり取れたりすることがある
    • ・薄いので内側の歯の色が透けて見えることがある

    セラミックにも被せ物と詰め物で種類や材質が異なってきます。
    ご自身の歯に合うものを歯科医師とよく相談した上で決めていきましょう。

    セラミック治療の流れ

    いざ治療をしたいと思われてもその流れがわからないと不安になることがあると思います。以下に大まかな治療の流れを示しますので参考になさってください。


    セラミックインレー(歯の詰め物)の場合

    1日目

      麻酔

    1. 麻酔をして虫歯を削る


    2. 型とりをする

    3. 上下の型採りをする

    4. 噛み合わせの記録を取る

    5. 噛み合せの記録をとる


    6. 色合せの写真

    7. 色合わせの写真を撮る

    2日目

    1. 完成したインレーをセットする
    2. 噛み合せを調整する
    セラミッククラウン(歯の被せ物)の場合

    1日目

    1. 診査診断
    2. (口腔内診査、歯周病診査、レントゲン、口腔内写真、模型用印象採得など)


    2日目

      麻酔

    1. 麻酔をして歯を削る

    2. 仮歯を入れる

    3日目

      麻酔
    1. 麻酔をする


    2. 型とりをする

    3. 上下の型採りをする


    4. 噛み合わせの記録を取る

    5. 噛み合わせの記録をとる


    6. 色合せの写真

    7. 色を確認する写真を撮る

    8. 仮歯を入れる

    4日目

    1. 試適して見た目、外形を確認する
    2. 最終確認の写真を撮る
    3. 問題なければ完成

    以上が大きな流れはです。
    ただし範囲が広かったり、繊細に色の修正が必要であった場合などは処置内容や回数が異なります。

    尚、当院での治療は、院内に技工士が常駐しておりますので、形や色の確認の立ち会いに参加することが出来ます。
    そのためより一層患者様のご希望に沿える形で治療を提供出来ることになると思います。遠慮なくお申し付けください。

    セラミック治療の保証について

    治療保証毎日の食事や習慣などで口の中は絶えず過酷な環境の状態にあります。
    甘い物や辛いもの、酸っぱいものなどを毎日口の中に取り入れます。

    また食事や食いしばりや歯軋りなど上下の歯が噛み合うことで少しずつ歯は削れていきます。

    そのため定期的にメインテナンスをしてあげないと良い状態を維持することは出来ません
    これはセラミック治療に関わらず、全ての方に共通することです。

    早期発見、早期予防を行うことが生活の質を高め、笑顔に溢れた日々を過ごすことが出来ます。

    当院ではセラミック治療を行った患者様には保証を行っております。
    3ヶ月から6ヶ月に1度の定期検診を受診されることが条件となります。

    • ●クラウン 5年(※ジルコニアクラウンは2年)
    • ●インレー 2年

    セラミックが欠けたり割れたりした場合が対象となります。

    ただし、歯磨きが出来ておらず口の中が汚れだらけで虫歯や歯周病になった場合や、歯軋りや食いしばりに対する指示でマウスピースなどの対応策を取らなかったりした場合は対象外となることがあります。

    お口のお悩みを抱えていらっしゃる方へ

    悩んでいる女性会話中の口元、食事中の歯のぐらつき、歯並びや歯の形など、口元の様々な気になる部分というのは誰しもあるものでしょう。

    またそこに美しさを追求していくというのは決して珍しいことではありません。
    近年では、歯が美しく保たれていることはマナーの1つであると考えられており、ビジネスシーンでもその重要性、美意識が高まりつつあります。

    口元にお悩みを抱いていらっしゃるのならば、一人で抱え込まずにまずはお気軽にご相談ください。

    奥歯の詰め物・被せ物が変色している、歯並び・歯の形を治したい、ブラッシングでは歯の汚れが落とせないなど、患者様の様々なお悩みを1つ1つお伺いしていき、理想的な仕上がりへと導きます。