Top

インプラント治療をするとCTやMRIが撮れないのは嘘ホント!?


【患者さまのお悩み】インプラントでCTやMRIが撮れない!?

最近患者様にインプラントの治療を提案する際に聞かれることがあります。

渋男さん
先生、インプラント治療をするとMRIが撮れないですよね?

このようなご心配をされている方がいらっしゃいます。
答えから言うと

歯科医師
いいえ、問題ありません。

このような回答になります。

 

MRIの場合

MRIインプラントの金属であるチタンがMRIによる画像診断に影響を及ぼすといったことを心配されてのお話なのですが、現状は問題ないのが事実になります。

ただし、インプラントの上部に磁石がついている場合は画像に影響をおよぼす可能性があります。
インプラント治療にも様々な方法が施されることがあります。

そのなかでインプラントを入れ歯と固定するオーバーデンチャーと言われる治療法があるのですが、そこで磁石を用いることがあります。
この磁石がMRIでは画像に乱れを起こすことがあるのです。
これはMRI装置が磁力を使用して検査を行うことが原因です。

この磁石の近くの画像が乱れることはありますが、検査部位から離れている場合は問題ありませんのでご安心ください。
状況によっては歯科医師および放射線技師に相談して頂ければと想います。

 

CTの場合

最新のCTCTについても同様です。
撮影に関しては問題ありません
ただし、金属によって画像が乱れる(アーチファクト)と言われる現象が生じてしまうので、鮮明な画像を捉えることが難しくなってしまうことがあります。

 

インプラント治療をするとCTやMRIが撮れないのは嘘ホント!?のまとめ

いずれにせよMRI、CTともにインプラントがあることで撮影が出来ないということではありませんので、ご安心ください。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事