歯のクリーニング効果

歯科医院で行う歯のクリーニングですが、行くのも面倒だし、そもそも歯科医院でクリーニング行わなくても、毎日自分で、歯ブラシしているよ。そうなんです!みなさん、毎日、歯ブラシを行っているんです。では、なぜ?虫歯・歯周病になるんでしょうか?

バイオフィルム?

Biofilm of antibiotic resistant bacteria, closeup view. Staphylococci, spherical bacteria, MRSA, methicillin-resistant Staphylococcus aureus

答えは、バイオフィルムという細菌の塊になります。このバイオフィルムが、虫歯や歯周病を引き起こします。一見聞きなれないバイオフィルムというワードですが、実は、みなさんの身近にもバイオフィルムは、あります。さて、それは、どこでしょうか?

 

排水溝のヌメリです。

image2
排水溝です!ちょっと掃除しないで放っておくとすぐに汚れがついて、ヌメヌメしてきますよね。そのヌメヌメがバイオフィルムです。お口の中も温かいもの・冷たいもの・酸性のもの・アルカリ性のもの・柔らかいもの・硬いものと様々な食べ物がお口の中に入ってきます。そう!排水溝と似たような汚れが、歯に付着するんです。この汚れがバイオフィルムです。歯と歯の間は、このバイオフィルムで、いっぱいになってしまいます。このヌメリを除去するために、歯医者での歯のクリーニングが必要なんですね。やっと皆さん、理解してもらえたかと思います。

効果

さて、歯のクリーニングの効果ですが、ヌメヌメしたバイオフィルムを除去するために、歯の表面や間を細かい研磨剤を用いて磨いていきます。最終研磨を行うとツルツルな歯になります。この効果は、約3ヶ月ですので、歯医者の定期検診は、3ヶ月おきに行くと良いと言われているんですね。



関連記事