Top

矯正歯科の選び方


矯正歯科医院を自宅の近所で探していても、ネットの普及などで情報があまりにもあふれすぎていて結論を下せないという人は多いと思います。そんなときに矯正歯科の選び方のポイントがあったら選びやすいのにと、感じたことはありませんか?

矯正歯科医院選ぶときに気をつけたいポイントをまとめました。

・実際に矯正医に会う

カウンセリングを受けに行きましょう。ここで実際に治療をする矯正医に会って、見極めるようにします。これから何年もの間付き合う先生です。自分に会う先生でなければなりません。安心なのはいつも通っている歯科医院の紹介を受ける、または矯正経験者に良かった矯正歯科医院紹介してもらうといいです。その場合でもカウンセリングを受けて、どんな感じなのかを自分の目で確かめましょう。

 

・丁寧な検査・説明を行ってくれるか?

適切な矯正治療には正確な診断がポイントです。そのためには正確な検査が大切です。矯正に必要な検査は、口腔内写真・顔貌写真・頭部X線規格写真(セファロ)・パノラマX線写真・歯型などです。経費削減のためにこのような検査を省いて矯正を行う医師もいます。きちんとした歯やあごの状態を把握するには、検査は不可欠です。

さらに、患者さんの悩み・希望をしっかり聞いてくれて、丁寧に説明をしてくれるかということも大事です。不安や疑問を取り除いてくれる医師こそ、信頼でききる医師ではないでしょうか?納得ができるまでカウンセリングに付き合ってくれる医師を選びましょう。

 

・治療計画

矯正治療ははじめにある程度の予定と費用がわかるものです。どのくらい費用・期間が治療にはかかるのかをしっかりと説明してくれる医師を選びましょう。どのような歯並びになるのか、どのような治療方法が適していてるかを説明してもらいましょう。話がすぐに変わるようなところはだめです。一貫して同じ話をしてくれる経験豊かな医師に出会いたいものです。

矯正は治療費が高額になることもあり、費用が心配でもあります。しかも保険適用外のため費用は医師が決めることができます。最初に治療費の全額の予定額を提示してもらえる歯科医院は信頼に値します。装置の種類(素材)などの説明もきちんとしてくれ、それに伴う金額も事前に提示するのが普通です。矯正は複数の治療法が存在するので、選択肢を提示し、そのメリット・デメリットを包み隠しなく説明をしてくれるというのもポイントです。ひとつの治療法しか勧めないところは、要注意です。

 

・矯正治療のデメリットもきちんと説明する

患者さんに都合の良いことしか言わない歯科医師は要注意です。 そもそもメリットのみの治療法はありません。矯正治療には抜歯が必要となったり、治療期間が長い、費用がかかる、痛みがある人もいるなどのデメリットがあります。正しく矯正がどんなものかを理解できるように、矯正のマイナスの情報も示してくれる医師は真摯に矯正に取り組んでいるといえます。

 

矯正を予定している先の医院の説明などに納得ができないときは、セカンドオピニオンも求めましょう。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事