Top

あれっ?臭うかも。口臭の原因と予防

口臭って、誰もが気になるものですよね。
口臭がする人は無神経だ、とか異性にもてない、なんてイメージがあります。

自分の口臭がどれほど匂っているのか、もし口臭があるとしたらどうしたらいいのかをご説明いたします。

口臭が起こる原因

まず、口臭が起こる原因は一体なんでしょうか?

それはズバリ『歯と歯肉の健康状態が悪いこと』です。

口が臭う意外に思われるかもしれませんが、口臭は誰にでもあります。
自然なものなので、ほとんどの場合は気にする必要はありません。

口臭は普通、口の中に発生する硫化水素という気体が原因といわれています。

この、口臭の原因となる気体を発生させるのが、舌の表面に生える「舌苔」です。
この舌苔は下の表面にある白っぽい苔状のもののことを言います。

舌の表面に生える舌苔この舌苔はしたにたまった食べかす・細菌のかすのようです。この舌苔が適量である場合は、味覚の働きを程よく低下させ、食欲を減らし食事を減少させるそうです。

その結果、内臓を、特に胃腸を保護してくれます。
ですが、口臭に関していえば、食べかすが主成分となっている舌苔が、硫化水素を発生させる温床となってしまいます。
また、舌苔以外にも口臭原因となるといわれているのが、次の7項目です。

  • ・口内がパサついている
  • ・ストレスを長く感じている
  • ・舌の表面が白く、舌のケアをしていない
  • ・歯、入れ歯などを触るとザラザラしている
  • ・歯茎が腫れたり、流血が見られる
  • ・ぐらついている歯がある
  • ・穴の開いた歯、詰め物が取れた歯がある

以上の7項目のいずれかに当てはまるとき、口臭がするといわれています。

ですが、口臭を気にしている方の半数は、いわゆる「気にしすぎ」であるというデータもあります。

他人にはわからず、そんなに気にもしていないのに、自分ではとても臭く感じる、こんな経験がありませんか?

そんな方は、「自臭症」の可能性があります。
「自臭症」とは、ある人と話しているとき、その人が鼻に手を当てただけで、自分が臭い、と感じてしまう、勘違いしてしまうことをいいます。

口臭の比較きちんとケアをしていれば、たいていの口臭を抑えることができます。
自分が思うほど、他の人は口臭を感じていないこともありますので、あまり過剰に反応する必要はないでしょう。

空腹時や起きたばっかりの時間帯は、特に口臭を強く感じることがあります。

また、大切な人に会う時、大事なイベントがある直前なども、口臭を感じることがありませんか?

それは唾液の分泌量が減っているからです。また、女性の場合は特に月経の時、妊娠の時にはホルモンの関係で口臭が強く感じることがあるようです。

 

2つある口臭の種類(生理的口臭・病的口臭)

口臭には主に、二つの種類があります。それは、生理的口臭と病的口臭です。それぞれについてご説明いたします。

    1. 生理的口臭

寝起きの女性生理的口臭は、簡単に言えば自然に生じる口臭です。ニンニクやたばこ、アルコールなど口にするものの匂いが大きく関係している場合があります。また、起床直後、空腹時、緊張時に生じる口臭のことも生理的口臭に入ります。唾液の量が減少し、最近が増えてしまうのがその主な原因です。

また、先ほども少し述べましたが、女性の生理・妊娠などに伴うホルモンバランスの変化が関係している口臭も含まれます。加えて、それぞれの年代に伴う口臭、民族的な口臭などもこの生理的口臭に含まれます。こうし太生理的口臭は生活習慣の改善で解消されることがほとんどです。

    1. 病的口臭

健康な大腸と病気の大腸もう一つの原因となっているのが、病的口臭です。
この病的口臭は生理的口臭とは違い、病気を原因として発生する口臭のことを指します。

例えば虫歯や歯周病などの口腔の一般的な病気が下人となることもあれば、歯の治療で直した詰め物の劣化、舌の汚れなど口腔内のケアを怠った結果起こる口臭もあります。

また、口腔とは関係のない鼻腔や胃腸の病気、加えて糖尿病などの内臓系の病気が原因となる場合があります。

病的口臭は、口臭の原因がはっきりしていますので、その元をきちんと治療すれば口臭もなくなる、といえます。もう少し詳しく、口臭の原因となる病気についてご説明します。

    • ・歯周病

食べかす歯周病は歯茎からの出血が伴う、進行性の病気です。
普段のブラッシングなど、ちょっとした刺激でも歯茎から血が出てしまいます。

歯茎からの出血に膿が混じってくると、さらに口臭が強くなってしまいます。

    • ・虫歯

ミュータンス菌が虫歯の原因食べかすや、虫歯菌が虫歯の穴に入り込んでしまうと、口臭がきつくなってしまいます。
虫歯が進行すればするほど、においはきつくなり、神経まで腐ってしまうと、独特の匂いが漂ってしまいます。

    • ・歯垢と歯石

食べかす歯垢とは歯の表面に付着する細菌の塊です。

食べかすを栄養として、細菌が繁殖していき、それが歯石を作っていきます。歯石がたくさんつくと、歯周病を進行させますし、口臭も強くなってしまいます。

    • ・口腔がん

口の中のガン、例えば舌癌、頬粘膜ガンなどによって、口臭が発生していまします。

    • ・鼻やのどの病気

鼻や喉の病気鼻の病気、例えば副鼻腔炎や喉頭炎などの炎症があると、膿が出てしまいます。
鼻と口はつながっていますので、鼻の病気が口臭の原因ともなってしまうのです。

口臭のおすすめ治療方法

こうした口臭を治療する方法についてご紹介いたします。まず、病的口臭についてですが、これは口臭の原因がはっきりしていますので、それを治療することで口臭は治ります。しっかりと歯の治療をすること、歯周病をこまめにケアすること、耳鼻咽喉科にも行ってみて鼻の病気を治すこと、などで対策を立てることができます。生理的口臭は病気ではないので、病院に行って治す、というよりも生活習慣の改善や普段の自分の口腔ケアによって、対策することができます。

水を飲むだれでも簡単にできる対策は、「水を飲むこと」です。
水を飲めば、口の中の乾燥を防ぐことができます。乾燥は口臭の原因ですので、こまめに水を飲むことで原因をしっかりとブロックすることができます。

お茶、コーヒー、ジュースはお勧めできません。
お茶やコーヒーはカフェインが入っており、カフェインは唾液を抑える働きがありますので口臭には逆効果です。

また、ジュースには砂糖が入っています。
砂糖は口の中で酸化し口臭の原因となってしまいます。

ですから、水、がベストの飲み物です。

また、糸ようじをこまめに使用する、というのも地味ではありますが、口臭を防ぐのにとても効果的です。口臭の原因の一つは歯の隙間に入っている食べかすです。その食べかすを、糸ようじで取るだけで、随分口臭が抑えられます。糸ようじについた食べかすを匂ってみてください。びっくりするくらい、臭い、ということに気が付くでしょう。これが口の中に入っていたのか、と考えると、少し恐ろしくなります。

キシリトールガム速攻性でいえば、タブレットやキシリトールガムをかむことでしょう。特にキシリトールガムを噛めば、歯の石灰化を促してくれます。口の中のねばねばを取ってくれ、口臭を素早くとってくれます。また、キシリトールガムを噛んでいると唾液の分泌が促されます。その唾液が口臭を抑えてくれる、という働きがあります。

舌の表面に生える舌苔舌苔のケアも大事な治療方法の一つです。これには、舌ブラシを使うことが効果的です。市販でも舌ブラシは販売しており、舌の表面を傷つけることなく舌苔だけを取ってくれる柔らかい素材でできていますので、安心して使うことができます。

特におすすめなのが、口腔内をさっとふける、ウエットシートです。
口腔内専用のウエットシートが販売されています。

口内の汚れた部分にウエットシートを当てて拭き取れば、口臭の原因を根元から断ち切ることができます。
メリットは、水がなくても手軽に歯磨きと同じような効果が得られる、というところでしょう。

介護用品としても利用されていますので、安全性は抜群です。

以上、口臭の原因と有効な治療方法についてお伝えしました。

生理的口臭については、生活習慣の改善を目標に取り組んでください。
病的口臭については口臭の原因となっている病気の治療がまず先決でしょう。口臭を無くし、良い人間関係を築くようになさってください。