Top

歯の治療後に痛みが出る理由


歯が痛くて歯医者に行き、その痛みが治まるかと思いきや、治療しても痛みが持続したことを経験されたことはありませんか?
痛みを取って欲しいから歯医者に行ったのに痛みがまた出てしまうのはなぜなのでしょうか。
今回はそのような疑問にお答えしていきます。

 

1.虫歯治療後には歯が痛むことがある

虫歯治療後には歯が痛むことがある虫歯治療をした後に歯が凍みたり痛む事があります。
なぜ虫歯を取ったのに痛むの?と思うかもしれませんが、虫歯の大きさや虫歯の感染状態によっては治療後に痛みが残ってしまう事もあるのです。

 

1−1.虫歯治療後に歯がしみるのは徐々に落ち着いてくる

虫歯治療後に歯がしみるのは徐々に落ち着いてくる虫歯を削って詰め物を入れるまでの間、もしくは詰め物を入れてから冷たい物や空気などで歯がしみることがあります。
この原因は虫歯が大きかったりする場合などに生じます。
虫歯が大きいと、残った健康な歯が薄く、歯の内部に存在する神経に刺激が伝わりやすくなるためです。
基本的には1〜2週間ほど経てば落ち着いてくる反応ですが、個人差はあります。
また銀歯を入れた場合では金属のために温度度の変化を感じやすくよりしみやすいことがあります。
症状が変わらず痛みが持続してしまう場合は神経の治療に移ることがあります。

 

1−2.虫歯治療後に噛んで痛むのは噛み合わせが原因のときがある

虫歯治療後に噛んで痛むのは噛み合わせが原因のときがある虫歯を削って詰め物が入るまでの間は仮のフタをしておきます。
また詰め物が入った後は噛み合わせの調整をします。
これらの段階で、仮フタや詰め物が噛み合わせが高い状態であると、噛んだ全部の力が治療した歯にかかってしまうことになります。
通常であれば全体で噛み合わせを感じる所を、一ヶ所で負担がかかってしまった場合にはそれが外傷となって痛みが生じてしまうことがあります。

 

1−3.虫歯治療後に痛みが続くときは神経に感染が生じていることがある

虫歯治療後に痛みが続くときは神経に感染が生じていることがある虫歯が深くても神経に達していないような場合はなるべく神経を残す治療をします。
これを覆髄といい、削った歯の表面に神経を保護する材料を置いておきます。

この処置をした後はしばし歯の状態を経過をみていきます。
特に症状がなく落ち着いている場合はそのまま詰め物や被せ物を作っていきますが、痛みが治まらなかったり更に増してしまっているときなどは神経の感染が強い状態と判断されますので、神経の治療へと移行していくことがあります。

 

2.根の治療をすると痛みが出ることがある

根の治療をすると痛みが出ることがある根の治療というのは神経の治療とも解釈されます。
この治療が行われるケースというのは、神経に細菌感染が起こって痛みが強く引かない場合や、神経除去後に何らかの理由で再度細菌感染が起こって再治療を行う場合になります。
しかしこれらの治療では処置後に痛みが生じたり、長く持続してしまうことがあります。

 

2−1.根の治療後は刺激により痛みが出ることがある

根の治療後は刺激により痛みが出ることがある根の治療を行った後に痛みが生じることがあります。
これは治療することによって感染物質が根の先端から外に押し出されたり、消毒の薬剤などが刺激となって生じるものになります。
また、炎症が強い場合は麻酔が切れた後にもしばらく痛みが残ることがあります。
いずれも治療直後に痛みが出やすいものですが、時間とともに落ち着いてきてくれます。

 

2−2.根の治療中に痛みが出ることがある

根の治療中に痛みが出ることがある根の治療中にも痛みが生じることがあります。
これは神経が残存している場合などがそうです。
また痛みや腫れなど炎症が強く生じている場合には麻酔の高価が悪くなり、そのために処置の間、器具で清掃中や消毒した際などに痛みを感じてしまいます。
効きが悪いことがありますが、麻酔を追加してもらえばほとんどが痛みなく治療を行うことができます。

 

2−3.根の治療後は痛みが長く続くことがある

根の治療後は痛みが長く続くことがある根の治療が終了した後も痛みが残ることがあります。
噛んだ時に痛いなどというのもこれにあたります。
根の先に刺激が強く残っていたり、また歯そのものにヒビなど問題を抱えていた場合などでは痛みが消えないことがあります。
状況によっては再度治療を行うか、症状を残しやすい根の先を外科的に切断するか、もしくは改善が見込めないときは抜歯となってしまうこともあります。

 

2−4.根の先に膿が溜まって痛くなることがある

根の先に膿が溜まって痛くなることがある感染が大きく、結果根の先に膿が溜まることがあります。
溜まった膿は周りは骨、上には仮フタなどの屋根が入っているために自然と排出することが出来ません。
そのために根の先で膿がどんどん溜まり、同時に圧力が高まっていくために腫れて痛みが出ることがあります。

 

3.歯周病の治療の後に歯が痛むことがある

歯周病の治療の後に歯が痛むことがある歯周病の治療の後に歯が痛むことがあります。
凍みるようなこともあります。
これは歯石など歯の表面に汚染物質が多く付いていたときなどに起こります。
汚れを除去すると歯の表面はきれいになりますが、それまでの間に歯石が歯の表面を覆っていたので、歯は直接的な刺激を避けてきていました。
そこにいきなり刺激が伝わるようになるので、その結果冷たいものや歯磨き時などに凍みるなどといった痛みが出ることがあります。

 

3−1.歯石を取って歯が痛むことがある

歯石を取って歯が痛むことがある歯垢や歯石が歯や歯茎の周りに蓄積していると歯茎に腫れが生じてきます。
歯磨きしても簡単に出血なども起こってきます。
歯周病治療ではこれらの改善に歯磨きの方法や歯石取りなどを行っていきます。

しかし歯石をとって歯が痛むことがあります。
理由としては腫れていた歯茎が汚れが無くなることによって腫れが引いて来るためです。
腫れが引いてくるとやや黄色みがかった歯の根の部分が見えてくることがあります。
それは象牙質といい、表面には象牙細管といわれる細かい無数の穴が空いています。
この象牙細管を通じて歯の内部の神経に刺激を伝えて痛みを感じさせるのです。

 

3−2.歯周病治療の後に歯茎が痛むことがある

歯周病治療の後に歯茎が痛むことがある歯周病治療の後に歯茎が痛むことがあります。
深い歯石があった場合、除去する時に歯茎の深い所に器具を当てることがあります。
この際には歯茎にもいくらかダメージが起こりますので傷ついた歯茎に一時的な炎症が生じます。
そのために治療後に歯茎が疼くような感じで痛みが残ることがあります。

 

4.歯を抜いた後は痛みが生じることが多い

歯を抜いた後は痛みが生じることが多い虫歯や親知らずの炎症、さらには矯正のために歯を抜くこととなった場合、やはり術後には痛みが生じることがあります。
ただし炎症の程度や侵襲が少なければほとんど痛みが出ないこともあります。
痛みが生じた場合は痛み止めを服用するなどすれば抑えることは可能です。

親知らず抜歯後の痛みに関しては、親知らず抜歯後、注意事項10」を参照してください。

 

4−1.親知らずを抜いて喉が痛むことがある

親知らずを抜いて喉が痛むことがある親知らずを抜いた後は喉が痛むことがあります。
埋まっていた親知らずを抜いたときなどに起こりやすいです。
これは喉の方に近い歯茎を切ったり、骨を削ったりするために抜いた後の治癒のために大きく炎症が広がるためです。
これにより飲み込んだときなどに痛みが生じて食事が取りにくくなることがあります。
1週間近くかけて腫れや痛みが落ち着いてきます。

 

4−2.親知らずを抜いて手前の歯が凍みたり痛むことがある

親知らずを抜いて手前の歯が凍みたり痛むことがある親知らずを抜いた後に1つ手前の歯が冷たいものに凍みるように痛むことがあります。
虫歯でなかった歯でも起こりうることがあります。知覚過敏のような反応となります。

これが生じる理由は親知らずを抜いてその部分の歯茎が下がってしまうことで手前の歯の根が露出してしまうからです。
象牙質が見えるために象牙細管を通って神経の方に刺激を伝えてしまうのです。

時間が経てば落ちついてはくるのですが、数ヶ月とやや時間がかかる印象です。
対策として知覚過敏処置を行うことが推奨されます。
歯医者で知覚過敏材を塗ってもらったり、また日常の歯磨きで知覚過敏用の歯磨き粉を使用することで症状の緩和が図れます。

 

歯の治療後に痛みが出る理由のまとめ

歯の治療後に痛みが出る理由のまとめ虫歯を削ったら痛みが無くなると思われている方が多いのですが、でも実は歯の治療をしたあとはその刺激や状態によって痛みが生じることが多いのです。
歯や口周りには神経など痛みを感じる組織が密集していますので治療後の反応は様々となります。

関連記事