矯正装置を装着期間中の歯のみがき方

 

 

食べ物を食べた後は、よく歯をみがいてください。

image1矯正装置には、食べ物がよくからまります。歯ブラシはいつも持ち歩くようにして下さい。

食事のあと(昼食後、外食時も)は、歯みがきをして下さい。

 

 

鏡で見ながら行ってください。

歯みがきの前に、歯のどの部分が汚れているかチェックしてください。

歯ブラシの先が、歯面にきちんと当たっていることを確認しながら歯をみがいてください。

 

装置のついている部位は、下記に注意してください。

電動歯ブラシは、使わないでください。

装置のついている歯は、1本の歯を3つに分けてみがきます。

 

細かい振動を1箇所につき20回程度与えてください。

すべての歯を、1本ずつ丁寧にみがいて下さい。

上の奥歯をみがくときには、口を大きく開けないで、半分閉じた状態でみがきます。

 

矯正治療中におすすめの歯ブラシ

ヘッドは小さめ、固すぎないもの

毛先が広がってきたら、新しいものと取り替える(目安は1ヶ月毎に新しく)

 

補助的な清掃道具



関連記事