Top

歯科医師が教える!歯科医院で出来る歯を白くする方法


主にPMTCとホワイトニングの2つに分かれます。この違いについて説明したいと思います。

  

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング

PMTCとはもともとスウェーデンの歯科医が提唱した予防歯科医療の施術のことです。

 
ブラシや研磨剤、フロスなど様々な清掃器具を用いて日常のブラッシングだけでは取りきれない歯石や着色物質、また虫歯や歯周病の原因の一つとされているバイオフィルム(歯に付着する細菌の膜)を取り除きます。
 
本来はこのバイオフィルムを取り除いて虫歯や歯周病を予防するのが主ですが、タバコのヤニやコーヒーなどによる着色も一緒に取り除く事が出来るので、元々の歯の色以上には白くはなりませんがそれらが原因でくすんでいる歯であれば本来のきれいな歯に戻す事が可能です。
 
人によってはこの着色を除去するだけでみちがえるようにきれいになる事もあります。定期的に行うと虫歯、歯周病の予防だけでなく着色もしにくくなってきます。ぜひ一度体験してみてください。

  

ホワイトニング

こちらは歯の本来の色以上に歯を白くする方法になります。よく質問されるのが、ホワイトニングをすると虫歯になりやすくなるのですか?とありますが、ホワイトニングのせいで虫歯になりやすくなるといった事はありません。 
ではどのようにして白くなるのか。歯の表面はエナメル質という固い組織で覆われているのですが、薬液によってこのエナメル質の中にある有機物(着色している部分)を除去する事によって歯が漂白されます。これによって歯を白くする事が出来ます。 
また、ホワイトニングには主に2種類の方法がありますので簡単に紹介いたします。 

  1. オフィスホワイトニング

  2. オフィスホワイトニング

    こちらは歯科医院で施術者によって行われるホワイトニングになります。 
    ○長所:自分でやる手間がかからない。短期間で歯を白くする事が出来る。 

    ●短所:後戻りがホームホワイトニングに比べ早い。



     

  3. ホームホワイトニング

  4. ホームホワイトニング

    こちらは患者様の歯型をとり、カスタムのマウスピースを作ってそれに薬液をつけて装着していただくホワイトニングになります。 
    ○長所:自分で明るさを調節できる。後戻りがオフィスに比べ遅い 

    ●短所:マウスピースをはめないといけないので手間がかかる。白くなるのに時間がかかる

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは相反する特徴があります。こちらの2つを組み合わせていただくとより効率よく歯を白くする事が可能となります。  
歯が白くなる
歯が白くなると、まず印象が変わります。清潔で白い歯は相手に好印象をもたらします。また笑う事がより好きになり笑顔にも自信が持てるようになります。何よりアンチエイジング効果がお気軽にできます!などなど、メリットがたくさんあるのです。
患者様のご要望に合わせて適切なホワイトニング方法を提案いたしますので、お気軽に当院の歯科医師、スタッフまでご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事