Top

歯のホワイトニングの仕組み


ホワイトニングをするとどうして歯が白くなるの?

なぜ歯が白くなるのか

歯を白くしたいと思って何気なく施術をしていても、そういった疑問を抱いたことはないでしょうか。

まずよく間違われてしまうのは、ホワイトニング≠クリーニング(着色除去)ではないということです。ホワイトニングは歯の組織そのものの色調改善を行うものですが、クリーニングというのは歯の表面を機械的に磨いて、お茶やコーヒー、たばこといった着色物質を除去するという処置になります。ここが両者の大きな違いです。

 

ホワイトニングで歯が白くなる仕組みって?

歯が白くなる仕組み

歯は表層からエナメル質、象牙質、歯髄と3つの組成で出来ています。ホワイトニングはその中でエナメル質の色調を改善させるのです。
エナメル質そのものは実はほとんどが無色透明です。その主成分は無機質のハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウムの結晶)というものから出来ています。しかし、エナメル質内には一部有機成分が含まれています。歯の色はその有機成分が大きく関わっており、ホワイトニングはそのエナメル質内の微細な有機成分を分解して無色の物質とすることで色調を目立たなくするのです。
また有機成分が分解されると、エナメル質表面の構造にも変化が起きるため、歯に対する光の当たり方も変化し、象牙質などの内面の組織が透けて見えないようにする効果もあります。

 

ホワイトニングはどんな薬剤を使用するの?

ホワイトニングで使う薬剤

使用する薬剤の点からその仕組みをさらにみていきます。

ホワイトニングの薬剤はオフィスホワイトニング(歯科医院で歯科医が行うホワイトニング)とホームホワイトニング(自宅で患者様ご自身が行うホワイトニング)で変わってきます。オフィスホワイトニングでは過酸化水素(H2O2)、ホームホワイトニングでは過酸化尿素(CH4N2O・H2O2)を使用しています。過酸化尿素は尿素(NH2-CO-NH2)と過酸化水素に分解されます。ここで共通するのは過酸化水素が両方に関わるということです。この過酸化水素は熱や光に反応してフリーラジカルというものを発生させます。そしてフリーラジカルが着色の原因となる有機質を分解します。
過酸化水素についてですが、これは日常生活でもよく使用されています。漂白剤や消毒剤などがそうです。お医者さんでは傷口の消毒に、歯医者さんでは歯を抜いた後の消毒にも使用されています。低濃度にされた過酸化水素は、粘膜や血液に触れることで殺菌作用を示してくれるのです。
よくホワイトニングをすると歯がしみる知覚過敏の症状が出ることがあると言いますが、これはエナメル質を越えて象牙質内に薬剤が浸透したことが原因とも言われています。しかし現在のホワイトニング剤には、フッ素や硝酸カリウムなど知覚過敏を抑制する成分も含まれています。

 

ホワイトニングの仕組みを知って素敵な笑顔になるために

ホワイトニングで素敵な笑顔になる

ホワイトニングを行う際に注意して欲しいことは、虫歯や歯周病を完治させておき、お口の中の清掃状態をきれいに保ってから始めるということです。なぜなら、薬剤は歯の表面から浸透させるため、きれいな状態にしておかないと十分な効果が発揮されないためです。特にご自宅で行うホームホワイトニングは注意が必要です。
ホワイトニングに興味がある方は是非当院の歯科医師、スタッフに遠慮なくご相談ください。

ホワイトエッセンス渋谷 電話番号:0120-461-825

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事