Top

どっちがいい?削られる歯医者さんと削られない歯医者さん


最近、歯医者の中でも1本でも多くの歯を残そうと歯を削らない歯医者と今まで通りの歯削る歯医者の2パターンにわかれます。

皆さんご存知ないかもしれませんが、歯を削れば削る程に歯の寿命は短くなります

削る歯医者

できるだけ歯を削らない方が歯にとって良いと言うことがわかってきました。
さあそれでは、歯を削らない歯医者と削る歯医者見分け方を教えたいと思います。

花子
患者さんが歯科医院に来たとき、歯医者の先生でどの先生が上手いのかわからないですよね?

歯の王子
確かに!マスクしているせいで、表情もわかりにくいからね。

花子
知り合いの歯医者の先生に聞くと削らない歯医者は、うまいって言うんだよね。どうしてですか?先生!

渋谷太郎
どうしてなのか説明するね!

歯を削る時は、どんな時でしょうか?

歯を削るのは、虫歯が進行した時に歯を削ります。

以前は、初期虫歯と言われる虫歯でも歯を削っていました。

これは、日本国民に歯を毎日3回磨くという文化もなく、初期虫歯であったとしても後々虫歯が進行するであろうということから、削って詰める、削って詰めるという治療が当たり前のように行われていました。

しかし、現代では歯ブラシを1日3回行うという文化が定着しはじめ、虫歯の本数も減ってきています。

そこで初期虫歯ですが、削らずにエナメル質を超えて象牙質に達するまでは、削らないという方法であったとしても問題なく、歯ブラシで現在の虫歯の状態を維持するという考え方もでてきました。

削らない歯を目指し、初期虫歯を進行させないための4つの予防策

1.フロスを忘れない!
初期虫歯を進行させないためには、朝昼晩の3回歯ブラシをするのは、もちろんですが、フロスを行い歯と歯の間の汚れを落として、就寝しましょう。1日の中で細菌が1番増殖するのは、夜寝ている間なのです!

渋谷太郎
寝る前に歯ブラシの他にフロスを行うことも忘れないようにしましょう。

 

2.フッ素配合の歯磨き粉を使う!
初期虫歯がある場合、歯の再石灰化をうながす必要がありますので、フッ素配合の歯磨き粉を選択する必要があります。
渋谷太郎
市販の歯磨き粉の中でフッ素配合の歯磨き粉を選択しましょう。

 

3.ゆすぎ過ぎに注意する!
歯磨き粉を用いて歯磨きを行った後によーくゆすいでしまうとフッ素がお口の中に残りませんので、あまりゆすがないのがオススメです。しかし、食べかすなどがお口の中に残ってしまうと気になりますよね。
渋谷太郎
オススメは、初め、歯ブラシをしてゆすいでもらい。仕上げ磨きの際にもう一度歯磨き粉を歯ブラシをつけて、仕上げ磨きを行い、あまりゆすがないのがポイントだと考えています。

 

4.定期検診に通う!
歯医者さんに定期的に行くことは、欠かせないでしょう。虫歯や歯周病の原因は、バイオフィルムという歯ブラシで落とすことのできない細菌の塊になります。

バイオフィルムは、定期検診に通っていても3ヶ月位で復活することがわかっております。
バイオフィルムとは…?(厚生労働省 e-ヘルスネット)

渋谷太郎
目安として、3ヶ月に1回美容院に髪を切りにいくように歯科医院でクリーニングを受けましょう。

また、小さな初期虫歯を見逃さないや初期虫歯の進行程度の確認には、3ヶ月がベストかと思います。

 

歯を大幅に削るときは?

大幅に削る場合

歯を1番大きく削る時は、虫歯が神経に達した時に神経の治療をするために歯を大きく削る必要があります。

神経の治療をする場合は、取り残しを少なくするためにも歯を削る必要があります。

虫歯が神経の近くまで達していると痛みがでる場合がありますので、歯科医師も痛みが出る可能性があるならばと歯を大きく削って神経をとるという治療に踏み切ります。

しかし、最近では、虫歯が神経に達していたとしても歯を大きく削る神経の治療を避けために神経を温存する治療を行う歯科医師がでてきました。

神経を温存することができれば、歯を大きく削ることもないですので、歯の寿命が格段に伸びます。
 

神経を残す最新治療

歯を守る

今までは、虫歯が神経に達した場合は、神経をとるために大きく削らないといけませんでした。

しかし、MTAセメントをもちいて、神経ギリギリまで削り覆って上げることにより、神経を残すという治療が最近なされるようになりました。

まだ、たくさんの研究や症例がでているわけではありませんが、今後、盛んに行われる日が近いかもしれません。

しかし、保険外の診療となります。

歯医者さんは、できるだけ削らない方法を相談できる環境が大事!

歯を削らない歯医者は、

渋谷太郎
初期虫歯を削らないで様子をみてくれる歯医者とできるだけ神経を残してくれるように努力をしてくれる歯医者さんです!

いずれにしても歯科医師と良く相談を行い、コミュニケーションをとって治療を進めることが重要です。歯をできるだけ削らない!これがポイントなのです。

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事