Top

ホワイトニング後に白さをキープするたった3つの方法


せっかく歯のホワイトニングで白くなった歯をどう維持するかは、非常に皆さんにとって重要なトピックになりますね。

歯のホワイトニングは、通常2年くらいで元の色に戻って来ます。どれくらいの期間をかけてどれくらいの白さまで歯のホワイトニングを行ったかにもよります。

白い歯を保つ秘訣

 

歯のホワイトニングの後に白い歯を保つためには?

時間をかけてホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせてゆっくり行った場合は、後戻りの期間が長くなります。それに対して、オフィスホワイトニングだけで強い薬剤を用いて一気に歯のホワイトニングを行った場合は、早く後戻りしてしまいます。歯のホワイトニングの方法により、後戻りするのが早いか遅いかが決まります。

歯の質にもよりますが、ホワイトニングの効果が損なわれたのではなく、歯に再び着色が始まったとお考え下さい。また、せっかくホワイトニングをしたのに短期間で色が戻ってしまったという場合もありますので、下記を参考にしてください。

  1. 飲食物により歯の着色

  2. 飲食物による歯の着色

    歯の後戻りのほとんどは、こちらになります。日本人の誰しもがお茶を飲みますし、コーヒーやワインなど着色しやすい飲食物は、世の中にたくさんあります。これらを口の中に入れずに我慢できるかと言えばなかなか難しいと思われますので、できるだけ控えるようにとしか言いようがありません。

    しかし、例えば着色系の飲食物を口の中に入れた時に、できるだけすぐにミネラルウォーターなどで良くゆすぐことで、着色を半減することは可能かと思います。他にもカレーやスパゲティなど着色しやすい食べ物をできるだけ避ける。衣類をこぼした際に着色しやすい食べ物は、歯にも着色しやすいと考えて良いと思います。

    普段から食後には、歯ブラシを行うという生活を行っていれば着色はしにくく、虫歯予防に繋がることは間違いありませんので、歯ブラシをこまめに行い、着色を防ぐようにしましょう。

     

  3. 加齢による着色

  4. 加齢による着色
    お肌の新陳代謝と一緒で、年齢と共に色が濃くなっていきます。これに関しては、人間誰しもが同じ道をたどりますので、防ぐことのできない現象となります。
    新陳代謝に関しては、年齢と共に代謝が落ちてきますので、若い時のようにはいかないこととなります。

     

  5. 歯のミネラル成分の戻り

  6. 後戻りが気になる
    歯のホワイトニングをした直後は、歯が乾燥状態になります。この時点では、歯が乾燥して余計に白くみえます。しかし、歯にミネラル成分が戻ることにより、ホワイトニングした直後よりも色が濃く見えます。短期間で色がもとに戻ったと感じる場合のほとんがこれに当たります。

着色除去とむし歯・歯周病予防が秘訣!

定期検診でむし歯・歯周病を予防すること

歯のホワイトニングの後に白い歯を保つには、定期的なホームホワイトニングと歯科医院での着色除去で、歯の色だけではなく虫歯や歯周病予防を続けることが重要となります。白く輝く歯を維持していくには、歯科医院での適切なアドバイスをもとに定期検診に通うことが1番となります。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事