Top

自宅でもできる!!歯科医師がおすすめする歯磨き粉で歯科医院に通わずに歯を白くする


自宅で行う歯磨きで歯を白くする方法

歯医者に行かずに歯を白くする方法

患者様の中には、歯を白くするホワイトニング効果のある歯磨き粉と歯の着色(ステイン)を取り除く歯磨き粉を勘違いされている方が非常に多いです。後者の歯の着色(ステイン)を取り除く歯磨き粉は、研磨剤が配合されており、

歯の表面についた汚れを例えるならクレンザーで磨いて汚れを落とすことになります。問題は、歯の汚れだけを落とせれば良いのですが、歯の汚れ以外に歯も削ってしまうことに問題があります。もし、研磨剤入りの歯磨き粉を使用するならば、汚れの着いている部分だけを磨く方法をとった方が良いでしょう。

丁寧にフロスします
 

方法としては、綿棒に研磨剤入りの歯磨き粉をつけて汚れの着いている部分だけをこすります。つまり、汚れのついていない部分は磨かずに、汚れの着いている部分だけを集中的に磨きます。歯と歯の間の着色は、なかなか綿棒で落とすのは難しいです。そのため、フロスを用います。歯磨き粉を歯と歯の間にまぶしてから、フロスを上下に動かします。この際に歯に沿って動かすのがポイントになります。歯と歯の間は、手前と向こうの歯面がありますので両サイドの歯面を上下に動かすのがコツとなります。上下運動する際は、歯肉を傷つけてしまう場合があります。これは、下の歯肉にフロスが食い込んでしまっていますので、歯肉の中まで入れる必要がないと言う事も理解しましょう。

歯ブラシでブラッシング
 汚れの着いている部分だけを磨いていますので、その部分だけ研磨剤の傷が着きます。この傷ついた部分を修復してあげるためには、フッ素入りの歯磨き粉が必要になります。こちらフッ素配合になりますので、傷ついた歯面をコーティングして、再石灰化を促してくれます。歯の再石灰化を促す歯磨き粉で1週間磨きましょう。その後に歯の色が白くなるホワイトニング効果のある歯磨き粉を用いて、歯ブラシを行います。
   

歯科医師おすすめの歯磨き粉 厳選された3種

  1. コルゲートオプティックホワイト

  2. コルゲート-オプティックホワイト

    研磨剤が含まれている歯磨き粉となります。ホワイトニング効果もありますので、研磨剤で落とすだけでなく、歯を白くする働きもある歯磨き粉になります。

  3. アパガードリナメル

  4. アパガードリナメル

    • 歯の成分であるハイドロキシアパタイトがナノ粒子で配合されています。歯の再石灰化をうながします。歯垢に吸着するので、歯垢を落としやすくします。
    • 研磨剤無配合
  5. スーパースマイルプロホワイトニングシステム

  6. スーパースマイルプロホワイトニングシステム

    スーパースマイルは、研磨剤がほとんど配合されていません。カルプロックスという酵素の働きで、粘着性の高い汚れを分解します。アクセラレーターは、スーパースマイルと一緒に使用すると効果が発揮されるものとなります。過酸化尿素が配合されており、ホワイトニング作用をパワーアップさせる働きがあります。

いかがでしたか?歯医者に行かずとも歯を白くする方法をご紹介しました〜


関連記事