Top

歯医者がおすすめする自宅での染みないホワイトニングの方法


自宅で行うホワイトニングは歯科医院と比べ染みにくい?

homewhitening

自宅で行う歯のホワイトニングは、ホームホワイトニングと呼ばれています。このホームホワイトニングは、過酸化尿素と呼ばれる薬液が主な成分となっており、通常のオフィスホワイトニング(歯科医院で行う)に比べると

弱い薬剤になります。そのためオフィスホワイトニングに比べると自宅で行うホームホワイトニングは、しみにくいと言われています。

それでもしみてしまうこともある?

歯がしみる

それでもしみてしまう場合があります。それは、ホワイトニングの薬剤によりしみている場合と歯そのものに問題がある場合との2種類になります。

 ホワイトエッセンス渋谷のホームホワイトニング薬剤は、35%・22%・16%・10%と4種類あります。濃度が濃くなるとしみやすくなります。
 
 あなたの使用している薬剤の濃度はどれくらいですか?もし22%や35%を使用している場合は、しみやすい濃度ですので、16%や10%の低い濃度に変更することをオススメします。
  

歯そのものに問題がある場合は、もともと歯の厚みが薄い方もいらっしゃいますし、歯ブラシにより歯肉を削ってしまい象牙質が露出している場合も考えられます。歯に問題がある場合は、すぐに歯科医院でみてもらい原因を特定してから歯のホームホワイトニングを行ったほうが良さそうです。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングの特徴

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニングは、ホワイトニングだけ行なうイメージが強かったホワイトエッセンスに、歯科治療と矯正治療も融合させました。

その中でも、ホワイトニングはもっとも自信のある治療となります。

また、ホワイトニングの施術の流れも順を追ってご説明しています。

ホワイトエッセンス渋谷歯科のホワイトニング

ホワイトエッセンス渋谷無料相談バナー

関連記事